日本酒

育児記録などに先週飲み過ぎて大反省したって書いたばかりだけど、私の母と姉が遊びに来たときに持って来てくれた日本酒を旦那が開けたいと言ったので、一杯だけ(ちっちゃいグラスだから100mlないくらい)アニーが寝た後に飲んじゃった。せっかくわざわざ日本から重いのに持って来てくれた貴重な物を、口にしないわけにはいかない。

今日開けたのは『特別純米酒 國稀』北海道のお酒です。
http://kunimare.co.jp/

う、う、う、う、うまい。。。しみる。。。。。

のどごしすっきりで飲みやすい。最初口をつける前はくんくんにおうだけでも嬉しくなっちゃったよ。

旦那はさらさら〜っと飲んじゃうかもしれないかもしれないけど、半分は残しておいてもらって、私はちびちびとアニーが寝た後で大事に大事に飲もうっと。

アニーよ。飲んべえな親でごめん。

母さんと姉ちゃん。ものすごくおいしくいただいてます。本当にありがとう。もう一本の男山はもう少し大事にとっておく予定です。

| | コメント (0)

熱燗。熱燗。熱燗♪

到着から304日
本日のお天気:くもりときどき晴れ

超久しぶり(約8ヶ月ぶり)に日本酒を飲んだ。昨日TESCO(大型スーパー)に行った時、あるこほる売場で見つけて、旦那が衝動買いしたもの。英国で買える日本酒にしては安い方だった。お酒メーカーはあのチョーヤ。最初ボトルを見た時

え?チョーヤって梅酒の会社だと思ってたけど、日本酒もだしてんだ。

と思って、家に戻ってから調べてみたら日本酒はヨーロッパ向けにしかだしてないみたいだった(『チョーヤ梅酒株式会社』と社名に“梅酒”がちゃんとはいっている)。買った時、旦那が

寒くなってきてるし、近いうちに熱燗で飲んだらいいよね

と言っていたが、彼の言う“近いうち”が翌日になるとは私も想像していなかった。でも嬉しい。日本を出る前に、日本酒のお師匠:けんちゃんから『タンポ』という熱燗をつくるアルミ製の容器をいただいていたので、もともと持っていた徳利とともに利用してみた。

いや〜、しみたねぇ〜。

(チョーヤには申し訳ないけど)味がどうのっていうよりもあのじんわりのどを通っていく感じと、体がポカポカする感じはたまらんかった。日本にいたときは熱燗はほとんど飲まず冷酒ばっかりだったから、あの感じを忘れてたよ。今回の値段で日本酒が買えるなら英国の冬を温かくいい気分で過ごす一つの手段にしたいわ。

| | コメント (0)

うまいビールとDAMNED

到着から288日
本日のお天気:雨ときどき雷が鳴ったりくもったり

金曜にいつも一緒に飲みに行く友達が明日の早朝からアムステルダムに旅行にいくので、今日はうちでうまいビールを飲むことにした。

今日のお買い上げビールはこのとおり。
20060929beer
左からGrain D'orge(ベルギー)、Samuel Smith Oatmeal Stout(UK)、Duvel(ベルギー)、St Peter's Cream Stout(UK)、Erdinger(ドイツ)、Leffe(ベルギー)

私の担当はDuvel(ベルギー)、St Peter's Cream Stout(UK)、Leffe(ベルギー)の3本。旦那は残りの3本の他にもう一つ私のと同じDuvelを買っていた。

前にも書いたけど
、Duvelはアルコール度数8.5%。今回買ったちっちゃいボトル(たぶん330ml)で十分楽しめた。残り二つのうち特に今回大当たりだったのは St Peter's Cream Stout。ものすごく味わい深い。クリームスタウトってだけあって濃厚なお味のスタウトだった。ボトルもかわいい。

St Peter's BreweryのHP  http://www.stpetersbrewery.co.uk/

最後のLeffeはDuvelを弱くしたかんじ。味はとても似ている。これもアルコール度数は日本のビールより強めの6.6%。このジャンボボトルで飲むなら、私にはDuvelは強すぎる(つっても飲む時は飲むけど)ので、Leffeぐらいがちょうどいい。

そして、ビールを飲んでいるときに、テレビではDAMNEDが最初のレコードを出したインディーズレーベル“STIFF”のドキュメンタリーをやっていて、DAMNEDのメンバーがインタビューを受けていたのを見た。特にバンドのファンだったというわけではなく、いくつか代表的な曲が好きなだけではあるんだけど、なんだか感慨深いものがあった。

実は今日、せっかく普通のレベルまでもどった気分をえぐるかのように、というかやる気を喪失させてくれる出来事があったから、うまいビールと興味深いテレビとタカアンドトシのビデオを見たりしてちょっと和んだ。

でも今回喪失したやる気を元に戻すには、、、時間がかかりそうだな。

| | コメント (0)

到着から149日〜FA CUP Final 観戦

本日のお天気:グレー

本日 FA CUP の決勝戦の日だった。FA CUPがどういうものなのかよく知らなかったので旦那に聞いたら日本の天皇杯みたいなものらしい。

決勝に進出したのは Liverpool と West Ham United。
義父と義父の弟さんと旦那は West Ham United をサポートしていて、義父と義父の弟さんは今日の試合をスタジアムまで見に行ったらしい。 West Ham UnitedがFA CUPの決勝に進出するのは約40年ぶりらしく、旦那も数日前から「土曜はうまいビールを買ってきて Football 観戦!」と言って楽しみにしていた。Football観戦は大好きなんだけど、Englandにきてからまだどこのチームをサポートするか(したいか)は決まってない。ただ、半強制的に West Ham をサポートしろよ っていう雰囲気が旦那の家族方面から漂ってきている。。。

お昼過ぎに歩いて数分のところにある酒屋へ行った。そのお店のビールのセレクションの多さに圧倒されて、棚をみているだけでワクワクしてしまった。

本日の Football 観戦のために選んだビールはこの5本。

20060513beer
左から Anker(ベルギー)、 Schneider-weisse(ドイツ)、 Double Stout(イングランド)、 Mocha Stout(イングランド)、Duvel(ベルギー)というラインナップでございます。


午後3時、kick off。
最初のビール( Mocha Stout )を飲み始め、試合開始から20分でなんと、Liverpoolのオウンゴールによって West Ham が1点先取した。決勝戦でオウンゴールだなんて、 Liverpoolにとっては Bad luck としかいいようがない。そしてその後27分に West Ham が追加点!試合開始から30分で2-0だなんて、これからどうなるんでしょう!と思っていた。

しかしその直後、Liverpool がゴールを決めたか!?と思ったら、オフサイドの判定。これもまたまた Bad luck なことに、スタジオの解説の人たちほとんどみんなが「これは、、、オンサイドじゃないですかねぇ。」とリプレイをみながら言っている。
その判定の直後、今度は本当にLiverpool がゴールを決め、2-1となり、そのまま前半終了。

後半が始まり、53分には Liverpool が追加点を入れなんと2-2となってしまう!どうなっちゃうんだろう!!と思っていたらその10分後にWest Ham がゴールを決め3-2となる。

このまま守りきってほしい。。。

と祈るような気持ちで見ていたが、サッカーって最後の笛が鳴るまで本当に何が起こるかわからない。なんと試合開始90分にLiverpool がゴールを決めた。これで3-3。引き分けで90分終了した後は15分ハーフのゴールデンゴール形式の延長戦があり、それで得点がなければPKとなるらしい。

延長戦での得点はなし。そしてPKが開始された。
PKが始まる前、旦那が

オレがサポートするチームがPKで勝ったことがない。。。

となんとも望みのない発言をするので

今日は違うかもしれないじゃん

と言ってテレビに集中した。

West Ham が先攻。

     1  2  3  4      
West Ham × ○ ×
Liverpool ○ × ○

という結果でゲームは進み、この次 West Ham が成功しなければ Liverpool の優勝が決まってしまう。

結果は、

Liverpool のGKの素晴らしいセーブによりLiverpool の優勝が決まった。

旦那と共に West Ham を応援していたので、とてもとても残念な結果だったけど、ものすごく緊張した試合だった。Liverpool のGKがものすごくいい仕事をしていて、感動すら覚えた。

あとひと月たらずでワールドカップも開幕するし、これからもFootball観戦が楽しみだ。

ところで、今日買ったビールについてのコメントですが、 Mocha Stoutは“コーヒーやチョコレートのフレーバーが楽しめる”はずだったんだけど、ちょっと鉄分の多い黒ビールというイメージで、たぶんもう買いません。
私がもう一つ飲んだ Anker はものすごくおいしかった。白ビールっぽいまろやかな味でちょっとレモンっぽいフレーバーが残る感じ。
旦那が飲んだ Schneider-weisse、Double Stout、Duvel はどれもはずれなしのおいしいビールたちでした。Duvel は 池袋TOBU のビール売り場からもよく購入してた、アルコール度数8.5%というナイスなビールです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)