出発当日〜そして到着

時差ぼけ対策のために徹夜しようと思っていたが、前日泣きすぎで疲れて結局3時間くらいは眠ってしまった。

ホテルを出る前に母と姉に電話する。
母がまた泣くからつられて泣いてしまう。

行ってきます

の一言がこんなに重かったのは、私が東京に出てきたとき以来だろう。

ホテルをチェックアウトするとき、インターネット使用料がチャージされてなかったので、
支払いしてあわててホテルを出た。

成田空港について、あらかじめ送っておいたスーツケースを引き取って、航空券を受け取って、チェックインして、旦那の携帯(vodafone)を解約して、さっさと出国手続きをする。

出国手続き後は、お約束の免税店での買い物。
出国前に“円”を散財してしまうけど、旦那がとても寛大で

「買いたいものがあるなら我慢しなくていいよ」

と言ってくれたので、遠慮なくお言葉に甘えさせていただく。

飛行機に乗り込んでみたら、(たぶん)満席だった。
私は最初から眠ろうと思っていたので、機内食も放棄して睡眠体制に入る。

だいたい4時間くらい寝たところで、現地時間の朝6時過ぎくらいだったので起きてみる。

コーヒーと水を飲んで、乾きを潤したと思ったら、旦那がジントニックを飲んでいて

「飲む?」

と聞かれ、ちょっと迷って誘いに乗ってしまった。
結局寝起きにジントニック2杯も飲んでしまう。

どんな一日になるのか不安。

起きた後は、本を読んで、映画を2本みて、機内食を食べたら、ロンドン・ヒースロー空港に到着した。

ここから国内線でマンチェスター空港へ飛ぶので、乗り換え便への手続きをする。
ヒースローでは空港の外にでないけど、入国手続きはここでやるらしい。

なぜか、イギリスのPassport Controlでほかの国に行くときよりもたくさん質問される私。
今回も、いろいろ聞かれた。

Passport Control(以下P):どれくらい滞在しますか?
私:えーっと、住む予定です。
P:あぁ、VISAがありますね。旦那さんと一緒に来たんですか?
私:はい。
P:旦那さんはどちらにいらっしゃいますか?
私:(あなたの)後ろにいます。(と旦那を指差す)
P:いつご結婚されましたか?
私:今年の×月×日です。
P:イギリスは初めてですか?
私:いいえ、二度目です。

とこんな感じだったと思う。
ちなみに、私は一回質問されるごとに

Pardon?

と聞き返さないと質問がわからなかった。

マンチェスターへのフライトは50分遅れる。が、無事に到着して、荷物もすべて受け取り、
旦那の両親との再会。
今度はたっぷりの愛情で迎えられる番。

旦那の実家で、両親、弟カップルと6人でDinnerをいただく。
近所のカレー屋からテイクアウトしたものだった。
まぁ、普通においしい。

弟カップルが帰っていって、10時過ぎには両親も寝室に行ってしまい、時差ぼけがひどいかと思われた私たちが一番遅くまでリビングにいた。

まだまだ、旅行気分の私。
この国に住むんだっていう実感は、仕事をみつけるか、住む所を見つけるまでわかないのかもしれない。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出発まであと1日〜涙涙のお別れ

昨日の昼ごろ、母と旦那と私は空港のある街に移動。
地元の駅を出るとき、近所のおばさん2人がお餞別をもって見送りにきてくれた。

電車ではなく汽車と呼ぶのにふさわしい一両編成の列車に何年かぶりに乗り込む。

移動した先で姉と会う。
姉はたくさんの入浴剤と手紙を私にくれ、旦那には村上春樹の英訳された『海辺のカフカ』をくれた。

宿泊したホテルでかかったお金は家族が出してくれた上に、姉の彼も協力してくれた。

6時半頃みんなで食事にでる。
食事している居酒屋に兄が登場。食事をごちそうしてくれた。
食事の後で追加の飲み物を買って、ホテルにもどるが、ビールを飲みながら寝てしまい、朝起きたときには記憶がかなり断片化している。
まぁ、たいして大事な話はしてなかった(はず)だから大丈夫だろう。

朝、兄がホテルまで迎えにきてくれて、みんなで空港へ。

まだまだ泣きはしないけど、

きてます

という雰囲気が家族と私を覆っている感じ。

出発約1時間前に到着し、チェックインも手荷物預けも済ませて待合室でまっていたとき。
やってきました。

姉が旦那に

「妹を選んでくれてありがとう。妹をよろしくお願いね。」

ということを英語で言ってるのが聞こえて、涙が止まらなくなった。

そんなとき、旦那は緊張のせいか、昨日食べたものがあわなかったのか、気持ちが悪くなってしまう。

旦那の具合を心配しながらも、母、兄、姉と泣きながらバイバイし、手荷物検査のゲートをくぐり飛行機へ乗り込む。

私が利用した空港は小さいので、飛行機に乗っても空港の展望デッキに人がいることがわかる。
ちょっと泣くのがおさまったところで、空港の方をみると、寒いのに展望デッキにでている人が一人みえた。

うちの家族は3人だし、寒いから外には出てないだろぅ

と思っていたら、飛行機が動き出したとき、その人影が両手いっぱいに手を振っているのが見えて

ねえちゃんだ

と気づく。
そして声を出して泣きそうなくらい、過呼吸になりそうなくらいの息継ぎで泣いてしまった。

その後は、ちょっと何か考えれば泣き、姉からの手紙を読んでは泣き、メールを読んでは泣き、電話で話しては泣き、家族からのメッセージを旦那に翻訳しては泣き、それに加えて、旦那と今後の家族計画について話して意見がくいちがって泣き、すっかりぐったりとしてしまった。

相変わらず旦那の具合はよくないらしい。
私は時差ボケ対策のためできるだけ眠らないようにしている。
かなりぐったりして、顔もむくみきってるけど、もうしょうがない。

なんだかんだいっても、

出発は明日だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出発まであと4日〜食べて飲んで寝て。。。

実家にくるといつものことだが、やる事が何もない。

母は、一人でなんでもやってしまう。
それでも、私はちょこちょこ見つけて細かくやっているが、旦那はほぼ座椅子に座ったままだ。

かわいそうだけど、私もやることがなかなかないし、遊びに行くような所もない。

私の実家は、ハンパないくらいの田舎なのである。

家から歩いて行けるのは、駅とバス停と1軒の食品を主に扱う商店と、自動販売機と小学校と郵便局とご近所の家くらい。

コンビニ?   ない。

銀行?     ない。

結局、今日は風呂に2回も入ってしまった。

朝起きるのが遅いので、遅い朝食には母が作ったカレーを久しぶりに食べた。
車で10分弱走った所にある、手作りパンのお店で買ったパンが激うまだった。

昼の間に、移転がらみの手続きをしに行った。
でも、わすれ物をして2回途中で戻った。母も旦那もあきれ顔。

それでも、ひとまず無事に終了。

夜は母と旦那と3人で海鮮なべを食らう。

うま〜い。

それと一緒に、たらばかにのキムチも食べる。

キムチのベースはとてもうまい!
たらばがには生のままで漬けてある。
正直に言うと、たらばがにはボイルしたり、焼いたり、なべで食べた方がおいしいと思った。
キムチももちろんおいしかったけど、かにのうまみが、キムチに消されてしまうかんじもする。
それでもおいしかったけどね。

<今日の良い事>
引越荷物の片付け中に見えなくなったお守りが、着替えで持ってきてたジャージから出てきた!!!!!

ちょ〜うれしい!
やっぱりすててなかったよぉぉぉ!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出発まであと5日〜現在、住所不定無職

10日に今まで住んでいた家から引越の荷物を搬出して、不動産屋に鍵を返した。

これでとうとう住所不定・無職になった。

10日の夜は羽田に近いホテルに宿泊。
ビジネスホテルなので、一泊一部屋8000円弱。
インターネットが部屋で使えて無料なので快適。

ホテルに近い居酒屋で夕食を食べて、部屋に戻ってビールを飲んでいたら10:30PMくらいに目を開けていられなくなった。
知らぬ間に熟睡。

朝6時前に乾燥のためか喉が痛くて起きる。
その後眠れなくなり、そのまま起きてメールのチェック等をした。

引越屋さんより、請求書が届いていた。

荷物の量約4立方メートルで約30万円の支払い。
見積もりも取っていたし覚悟はできていたけど、荷物が届いたら絶対に税金の徴収やら、
配送先変更の追加料金やらかかりそう。。。
こわい。。。

ビザの申請とか不要品の処分代とか荷物の輸送費とか、これだけ引越全体に金を払ったんだから

この国では暮らせません!実家に帰らせていただきます!!

なんてことは言えないなぁとしみじみ思う。

11日、羽田についてから遅い朝食をとりながら

まだまだ旅行に行くみたいな感じだなぁ

と思っていた。
例えば、私の実家は東京ではないから、今まで住んでた駅や路線をこれから先使う事は無い可能性が高いんだけど、

もうこの電車に乗る事も、この町に来る事もないかも

と思っても、なんか実感がわかないというか、さみしさとかいうモノを全く感じなかった。

日本に帰ってくる事があっても、東京方面に行くのかどうかもわからないから、そっちにいる友達に会う機会もかなり少なくなるはずなんだけど、お別れがつらいとか思う事無く

またすぐ会える

っていうような、普段遊んだ時と同じ感じでバイバイした。

今日、親と兄と会って久しぶりに一緒にごはんを食べたけど、まだ実感がわかない。

結構前は

お別れの時、絶対号泣する。。。

って思ってたけど、今はその感情も薄れている。
まぁ、日にちがもう少し近づかないとわかんないな。

ひとまず、私たちの引越に伴って、不要品を買ってくれたり、引き取ってくれたり、ゴミの収集日後に出たゴミ達を預かってくれたり、プレゼントをくれたり、お食事をごちそうしてくれたり、最後まで遊んでくれたり、メールをくれたりした全ての友達に、感謝をこめて

ありがとう

と言いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出発まであと10日〜ナニヲシタライイノカワカラナイ

連日、友達との送別会が続く。
でも別れる時になっても

これで最後ね〜

っていうような、さみしい感じにならない。
きっと、みんなが

絶対に遊びにいくから!

って言ってくれるからだろう。
近くに住んでても、普通に半年くらい会わないうちに時間が過ぎてしまうこともあることを考えたら、

ちょっと会わない時間が長くなるだけ

って思える。

家の引越作業はというと、進んでいるような。。。無いような。。。
出発から数日前に家を引き払うので、ゴミの収集日に合わせてぼちぼちいらない物は処分していた。
それでも、コマカイ物がいろいろでてくる。
何かのネジとか、何かのACアダプターとか。
数日前から見えなくなっているお守りはやっぱり出てこない。

そろそろあきらめ気味。

昨日持っていかない本やCD等を買い取りにだした。
30点くらいで640円也。
期待してなかったので、まぁこんなもんかという感じ。

電気、ガス、水道などの休止連絡は済んだ。
何か忘れている感じもするけど、何をしないといけないのか優先順位がつけられない。

ひとまず今日はできるだけ掃除をして、スーツケースのパッキングでもしよう。

パッキングって時間がかかるから大嫌い。

でも、やらなくちゃ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出発まであと16日〜イライラがつのる日々

うちの旦那は驚異的に忘れっぽい。
たぶん、自分の興味の無いことについて記憶する力が圧倒的に少ないんだと思う。

案の定、前日にお願いしていたことを忘れて仕事に行きやがった。

腹が立つ

気を取り直して歯医者へ検診に行った。
イギリスでも健康保険のようなものにははいれるらしいが、歯医者は対象にならないらしい。

特に問題なしで、歯石をとって磨いてもらった。
それだけしかやってないのに、2000円以上も取られた。
久しぶりだったから初診料でも取られたんだろうか。

いい医者だけど、腑に落ちない。

その後職場のボスと同僚と一緒に六本木でごはんを食べた。
日本料理屋で、生の白子、ウニがのったごま豆腐、ズワイガニの足が乗ったふろふき大根、鮭の照焼きなどなどと、おいしいお酒をいただいた。

とても幸せな気分で家に帰ったのに旦那とけんかする。
事の発端は、私が旦那に頼んだ事を忘れた事なのに逆ギレされた。

  ごめん

っていつもすぐに言うけど、ごめんって言った後でも私が許してないっていう態度をとると

  謝ったのに

って怒る。

たいした問題では無いから、こうして書いてると

 私ってちっちゃいなぁ〜

と思う。 でも、腹が立つ。

今日は国際免許証を取りに行った。
15分くらいで発行されて、その早さにびっくり。

その帰り、片付けして出てきた銀行の繰り越し済みの古い通帳をその銀行に持っていけば処分してくれるかしら?と思い、某銀行へ持参。
しかし窓口の人

「お客様の大切な明細が書かれているので、私共では処分できません」

ときた。

「本人が依頼してるのに?」

と聞いてもだめ。
もーイライラしてその場を去る。が

ATMの明細用くず入れに入れてやろうか

とか考えながら、その銀行の周りをウロウロしてしまい、ただの挙動不審な人になってしまった。

でも、帰り道にある他の支店に行ってお願いしたら

「すぐにシュレッダーかけますから」

って引き受けてくれた。

別の銀行には『お客様用シュレッダー』が用意してあった。
とても助かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出発まであと18日〜クリスマスショッピングをした

昨日は旦那がやっているバンドでの最後のライブというか、フェアウェルパーティみたいなことをバンドメンバーとお友達のバンドの人たちが企画してくれていたので、それを見に行った。

ライブの前は、イギリスに行ってからすぐにやってくるクリスマスのために、旦那の家族にプレゼントを買った。

クリスマスもそうだけど、ほとんどのプレゼントは池袋の『全国伝統的工芸品センター』で購入。きちんとした工芸品だから多少いい値段のモノも多いけど、身内へのプレゼントにちょうどいいモノも品揃えが豊富。それに、日本人とは違う発想で使ってくれるので、これまたおもしろい。

ちなみに、旦那の父へは重箱を買った。
重箱がどういうモノかは説明したが、

ワークデスクまわりの小物入れに使える

と言っていた。

最近、旦那にいとこができたので、そのベイビーとお兄ちゃんにおそろいで片方の袖に鯉と何かのお花がプリントされたTシャツを買った。

鼻息が荒くなるほどにカワイイ。

池袋パルコの5Fにある『Natural BOO』という子供服屋さんには、和柄のベビー服を扱っている時があるので、何かプレゼントを選ぶ時にはいつも必ず見に行く。
昨日のプレゼントもこちらの店でご購入。

旦那の弟の彼女には、着物地を貼ったバッグを買った。
自分でもかなり欲しくなった。

っていうか、すごく欲しい。

イギリスじゃ買えない

って、自分に言い訳して買いにいくかもしれない。

明日は歯医者で検診だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出発まであと19日〜もつ鍋を食べた

なんだかいらないものを捨ててしまったら、作業がちょっと落ち着いてしまった。
もちろん、まだまだ梱包が必要な物はたくさんあるんだけど、まだ引越日まで時間があるので、今梱包してしまうと生活できなくなってしまう。

おとといから見えなくなったお守りはまだ出てこない。

まだまだショック。

おととい、最後に一緒に仕事をした人の自宅にみんなで集まって、恵比寿にある『蟻月』というもつ鍋屋さんから“もつ鍋セット”を通販で買って、そのもつ鍋を食べた。
もつの脂がプリップリでおいしかった。

あ〜もつ鍋も向こうでは食えないなぁ

と思いながら味わった。

昨日は私の人生で

  記念日

と呼べる日になった。でも何が合ったのかはここには書かない。
こんな表現しかみつからないけど、これから始まる新しい生活に向けて“気合いを入れた”という感じだろうか。

夜は旦那とピザハットのピザを食べた。
旦那はそこの 韓国風プルコギ が大好きで、最近ではメニューを見ずに決める。
もちろんイギリスにもピザ屋さんはあるけど、和風とか韓国風っていうのはやっぱり無いらしい。

オークションに出していた、収納棚などが続々と落札された。

とても助かる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出発まであと21日〜引越作業は小休止

昨日は久しぶりに出かける予定がなかったので、大好きなジョギングをしたり、長風呂したりした。

なんだか休みに入ったのに気持ちばっかりせかせかしている。

持って行く本やVIDEOテープを箱詰めしていて、大事なお守りが見えなくなっていることに気づいた。

大ショック

捨ててはいないはず。
と祈るような気持ちで、探すけど見つからない。

本は、大好きな村上龍のものを持っていくことにした。
旦那曰く

本が好きなら、絶対にもっていったほうがいい。
向こうでは買えないし、自分にとって読書が大切なことだって気づくよ。

とのこと。

ビデオはどうしても手放せないものがたくさんあって、イギリスとは映像方式(っていうのか)がちがうのがわかっているので、ビデオデッキとパソコンで画像を取り込むためのビデオキャプチャをそろえた。
イギリスに行って時間に余裕ができたらちょびちょびデジタル変換しようかと思っている。
(実際に作業するのは相当後だろう。)

片付けしていてでてきたものと使っていた棚をオークションに出してみた。

落札されたら助かる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出発まであと22日〜有楽町ガード下で飲んだくれる

私が有休に入ってから、旦那は毎日のように私のことを

Mrs. no job

と呼ぶようになった。

最初のうちはおもしろがってたけど、毎日続くと飽きるし、多少腹立たしいので、

「もう面白くないよ」

と言っておいた。

同じようなことは結構今までにもあった。
一度旦那がジョークで言ったことに私がうけるとしつこく何度も言い続ける傾向がある。
同じジョークが何度も続くと面白みが薄れるという笑いの基本がわかってないんだな。奴は。

昨日は2年前くらいに日本語教師になるために勉強していた時に学校で知り合った友達に会った。

誰も日本語教師にはなっていない。

有楽町のガード下にある飲み屋で
あん肝の酢の物とか
シマアジの刺身とか
穴子の天ぷら等を食らった。

「むこうではこういうの食べられないよ」

というのが口癖かと思うほど、繰り返し言われた。

会った友達のうちの一人が、私たちが持っているDVDプレーヤーとアイロン台を買ってくれた。電気製品は電圧が違うのでほどんど持って行かない。しかもDVDプレーヤーは映像方式(っていうのか?)がイギリスと日本では違うので、持っていったとしても向こうのDVDをみることができない。

なんにしても、捨てずに済むことが嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧