心はあなたのもとに “I'll always be with you, always”

心はあなたのもとに

大好きな村上龍の新作が出たのを知って、タイトルを見て村上龍っぽくないなと思い、そこに惹かれて即アマゾンで買いました。



内容紹介は文芸春秋、アマゾンウェブサイト等をご参考にしてください。


文芸春秋
http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784163300009


アマゾン
http://www.amazon.co.jp/%E5%BF%83%E3%81%AF%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%82%82%E3%81%A8%E3%81%AB-%E6%9D%91%E4%B8%8A-%E9%BE%8D/dp/4163300007




これ以降はネタばれになるので、興味があってこれから読みたいと思っている人や、今読んでいる途中の人で、詳しい事を知りたくない人は、この先は読まない方がいいです。




私なりにストーリーを書いてみますと、


西崎ケンジという投資組合を経営する50歳の男性と、
香奈子という30代の女性の恋愛小説です。

ケンジには妻子があります。
愛人も数人います。
香奈子は風俗で働いていたときにケンジと出会います。
ケンジは香奈子のお客でした。
香奈子には離婚歴があり、20代で1型糖尿病を発症し、
血糖値のコントロールがうまくいかないときがあり、
体調をひどく崩したり昏倒したりすることがあります。
病気が原因で、いろいろなことを諦め続けていた香奈子に、
ケンジは目標を持つことをすすめ、香奈子は学校に通い始めます。
家庭と仕事を大切にしつつ、香奈子との関係も深めていくケンジ。
家庭と仕事を優先するため、いつでも会える関係ではありません。

いつのころからか、香奈子からのメールの最後に

「心はあなたのもとに」

の一言が添えられるようになります。

香奈子が原因不明で体調を崩し、
学校に行く事もできない日が続きますが、
ケンジの仕事も忙しくなり、
ケンジと香奈子は会えない日が続きます。

そして、ケンジは香奈子からのメールがしばらく途絶えていることに気づき、
嫌な予感に襲われます。
でも、会いに行く事ができません。

さらにしばらく経ってから、
ケンジのもとに香奈子のメールアドレスから
「姉が亡くなりました」
というメールが届きます。

この小説は、
香奈子が亡くなった後、
ケンジが香奈子とのメールのやり取りを読み返しながら、
二人がどのような関係を築いていったのかを語りながら進んでいきます。




小説の中に、
どんなに大切な人でもずっと一緒にいる事はできない
と書かれています。
ケンジと香奈子の関係が不倫だったからいつも一緒にはいられない、
ということではなく、
家族だとしたって文字通りにずっと一緒にいることは不可能です。


そして私は、
大切な人の生死にかかわることが起こったときに、
その人のそばにいたとしても、
自分にその人の命を救えるとは限らないのだということを、
自分が実際に経験した事の中から思い直しました。


私にとっては、
遠く離れた家族に対してはもちろんのこと、
大好きな友人達にも



心はあなたのもとに




読みたい本がたくさん手元にあるけど、もう一度すぐに読み直したいと思う、切ない恋愛小説でした。




最後に、
この本を読んだ人のレビューを読んでいて、1型糖尿病患者の方が
“この本の冒頭で香奈子が死んだと書かれていて、読む気をそがれた”
と書いているのを読みました。
確かに現実に同じ病気で闘病している方からはそう思われても仕方がないと思います。
でも読み終えてみると、香奈子は自分のアパートで一人でいるときに息を引き取ったので、死因はわからないのです。
そして、亡くなる前に体の不調を訴えているのですが、病院に行っても1型糖尿病の症状だとは考えにくいと診断され、原因がわからないというような事が書かれているので、1型糖尿病と香奈子の死は関連づけられていないのだと私は解釈しています。

| | コメント (4)

グラッファロ The Gruffalo

20101104_1

アニーは『The Gruffalo』という絵本が大好きです。


この絵本が和訳されていないのかと思って、ずいぶん前から何度も“グラッファロ”というキーワードで検索したけど、絵本のタイトルでひっかかるものがない。


イギリスではそこそこ人気のあるキャラで、上の写真のようにグッズもいろいろあるのに、本当に和訳されてないのかなと思ってもう少し調べてみたら、見つけました。


もりでいちばんつよいのは? (児童図書館・絵本の部屋)

『もりでいちばんつよいのは?』



グラッファロの本の題名がグラッファロじゃないなんて、悲しすぎる〜。



確かにストーリーの中に「森で一番強いのは、」っていうフレーズは出てくるし、翻訳するのって難しいんだろうけど。。。



残念だなぁ。



グラッファロが日本で人気者にならないわけだ。



ちなみに、アニーはこの作者:ジュリア・ドナルドソンの本をかなりたくさん持っています。そして旦那も私も旦那の家族もこの人の本が大好き。


イギリスでは、去年のクリスマスにこのお話をアニメーション化して放送されました。


アニーをはじめ、うちの家族はこれも大好き。


どうやらその続編(The Gruffalo's Child)が今年のクリスマスに放送されるとかなんとか。。。


楽しみです。

| | コメント (2)

到着から152日〜英国生活6ヶ月目突入

本日のお天気:晴れとくもりが半々

私の英国生活も5ヶ月が経過した。

最近、このブログの引越作業をぼちぼちしていて、今までの記事を読み返してみたりしていると、なんだかいろんなことが凝縮しておこった感じがする。

楽しいことも、いいことも、ムカつくことも、泣けることもあったけど、特にこの家に引越してきてからのおうちのトラブルは本当に盛りだくさんで“トラブル祭り!”って感じ。

そして本日も〜、ラララ〜、発見♪

バスタブの排水管からみ〜ず〜も〜れ〜。

今度は床下浸水。

こういうことがあるたびにこんな私でも精神面にダメージはうけるけど、一番最近読んだ大好きな村上龍さんの本『最後の家族』(本自体はかなり前に出版されたもの。ドラマ化もされたからドラマを知っている人は多いかも。私はドラマは見てない。)の一文が今の私のキーワードになっている。

それは、宝石デザイナーの男性が宝石デザインの仕事を始めた頃に考えたことを語っているときのセリフで

誰でも(自分の仕事を)辞めようと思うことはあるけど、誰かが自分を辞めさせようとしてるって思うようにしたら考えがかわった

っていう内容のもの。

私もいろいろとまぁ初体験のハプニングがあり、も〜イヤだぁ〜!!って思うことがあっても、

誰かが私のことを日本に帰りたくさせているのかも。。。

って思ったら、

はは〜ん、その手にはのりませんよ〜。

って思うことができる(気がする)。

まだたったの5ヶ月。
のんびりやっていきます。

Book 最後の家族

著者:村上 龍
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)