里帰り2015(移動関連のメモ)

去年(2015年)の里帰りの移動に関する覚書です。これで最後。



今回の滞在は約4週間(夫は1週間遅れで合流)


1週間目は地元滞在

2週間目〜3週間目は札幌と北湯沢温泉滞在

3週間目後半〜4週間目東京滞在




<イギリス 〜 日本>



マンチェスター -> ミュンヘン -> 羽田 -> 千歳

という移動。



何が一番違うかといったら、夫がいなかったこと。



前回の里帰りでは、行きは家族一緒で、夫が一週間先にイギリスに戻っていたので、私が娘二人とイギリスに向かった。夫は”ずっと楽しみにしていた夏休みが終わり、家にひとりぼっち。楽しみにすることが何もない、、、”みたいな状況で、すごく寂しかったらしいので、今回は日本行きを私たちより一週間遅らせることにした。



前回は私も大変だった(詳細は前回の覚書参照☆)ので、帰りが一緒の方が心強いなと思っていた。



利用したエアラインは前回同様ルフトハンザとANA



出発前の数日間、子供達に時差ぼけ対策として超早起きをさせていた。(もちろん強制ではなく、本人たちもそれなりに楽しんでいた)



その効果があってか、飛行機の中では二人ともまあまあ寝てくれた。



子供達が大きくなり、待ち時間の過ごし方などもだいぶ楽になった。



大変だったのは羽田での乗り継ぎ。元々の予定の乗り継ぎにあまり余裕がなかったのに、ミュンヘンからの便が少し遅れたため乗り継ぎ便に乗れるかどうかがかなり危うい状況だった。機内で聞いたら、降りてすぐに地上係員に話してくださいと言われ、すぐに話したらとてもよく対応してくれた。国際線から国内線の乗り継ぎの時は、預けた荷物も一度引き取らないといけない。スーツケースが出てくるのを待って、すぐにまた係りの人に言ったら、乗り継ぎカウンターがあと1分で閉まるので私がトロリーを押して走りますといって、カウンターまで走ってくれた。


荷物を預けた後は国内線ターミナルまでバスで移動しなくてはいけない。この時も同じスタッフの人がバス乗り場まで走って案内してくれた。


無事に搭乗ゲートに時間までに到着。結局乗り継ぎ便も遅れたので搭乗ゲートで少し待つことになった。




<札幌 <-> 実家(道東)>



特急スーパーおおぞらと釧網本線を利用。


特急スーパーおおぞらの所要時間約4:20


釧網本線の所要時間約90分


プラス乗り継ぎの時間などもあり道内の移動が長い。。。でも、子供達はそれなりに楽しんでくれた様子。助かる。




<札幌 -> 東京>



千歳 -> 成田間。バニラエアを利用。



成田から新宿はNEXを利用。なんと成田エクスプレスの利用は今回私初めてでした〜。


行き先が新宿だったので、時間、料金、子供とスーツケースを抱えて猛暑の中移動することを考えたら、これが一番だと思った。


スカイライナーも値上げしたのかな?あまり安いという印象がなかった。




<新宿 -> 羽田>



リムジンバスを利用。お盆の入りだったので、渋滞にはまるかと思ってかなり早めのバスに乗ったらスイスイっと順調に到着して、チェックインを待たないといけないぐらいだった。




<日本 〜 イギリス>



羽田 -> ミュンヘン -> マンチェスター


という移動で、行くときと同じルフトハンザ利用。


4人並んで座席指定ができず、アニーとダディ、ミーと私に分かれることになった。さらに、ダディの席のエンターテイメントが動作せず、ダディは約11時間のフライト中ひたすら本を片手に飲み続けることになった。



帰りはそれほど寝てほしいというわけではなかったので、アニーもミーもあまり長くは寝なかった。



ミュンヘンの空港に無料で利用出来る休憩所があり、アニーもミーも爆睡。



ミュンヘンからマンチェスターのフライトはダディ、アニー、ミーの3人ともこれまた爆睡。私はお腹が空いていて機内食のサンドイッチが食べたかったので起きていた。食い意地が張っていますので。



マンチェスター空港に義理父が迎えに来てくれてみんなで夫の実家に帰宅したのが確か真夜中過ぎ。



それでもアニーもミーもずっと良い子でいてくれた。



ありがとう。

| | コメント (0)

里帰り2015(宿泊先メモ)

去年(2015年)の里帰りの宿泊先についての覚書です。



1週間目は地元滞在

2週間目〜3週間目は札幌と北湯沢温泉滞在

3週間目後半〜4週間目東京滞在




<札幌滞在時>



ウィークリーさっぽろ

ウィークリーと言っても一泊から宿泊可能。今までにも数回利用させていただいている。

お値段がとても助かる。ただし、子供が大きくなったら部屋の広さがそろそろ難しいかな〜という感じになってきた。



あとは2泊だけairbnbで探したお部屋にも宿泊。そこはまあまあ良かった。




<北湯沢温泉>



第二名水亭

お食事もお部屋もとても素晴らしかった。兄の奢りで、私たちが自腹では宿泊できなかったのでとても有難かった。




<東京滞在時>



こちらもairbnbで探した新宿のお部屋に宿泊。ロケーションは最高に良かったけど、子供が大きくなったら難しいな〜と思う広さだった。

| | コメント (0)

里帰り2015(観光メモ)

今更ですが、去年(2015年)の夏の里帰りの覚書です。



今回の滞在は約4週間(夫は1週間遅れで合流)

1週間目は地元滞在

2週間目〜3週間目は札幌と北湯沢温泉滞在

3週間目後半〜4週間目東京滞在




<地元でしたこと>



私の父の法事に出席。お寺に行くのも、焼香するのも初めて。お墓参りも初めてだったかも。


アニーが一日だけ私が行った小学校に体験入学させていただいた。

大変お世話になりました。


摩周湖に行く。エゾシマリスにひまわりの種をあげる。

20150720


屈斜路湖畔砂湯で温泉を掘りながら水遊び。足こぎボートにも乗った

20150721


浴衣で花火。その時にクワガタを見つけた。

20150721_2


初めてひいおばあちゃんに会う


私の地元はとても田舎なので、できることはいつ行ってもほぼ同じ。2年前とあんまり変わらない。




<札幌で行った所、した事>


カラオケ


北海道神宮


大倉山スキージャンプ競技場


リフトに乗ってジャンプ台のスタート地点がみえる展望台に行った。


多分札大のジャンプ部の人たちが練習をしているのが見えた。


札幌テレビ塔と時計台

時計台は写真を撮っただけでほぼ通り過ぎただけ


大通りビアガーデン


サッポロビール園でジンギスカン


公園内の水上公園で水遊び。水着を持って行っていなかったので、Tシャツとショートパンツで入る。そして水に入って5分ぐらいでミーが水の中に落ちてずぶ濡れ。すぐに水から出た。ものすごく暑い日だったので、幸いにして服はすぐに乾いたけど。


新千歳空港の『ドラえもんわくわくスカイパーク』

ここは前回も行った。やったことも撮った写真もほぼ同じ。アニーとミーがちょっと大きくなっただけ。

20150725


北湯沢温泉に家族旅行


昭和新山、有珠山、洞爺湖見学

20150801

ニッカウヰスキー余市工場見学


銭湯




<東京で行った所、したこと>



日本科学未来館


鉄道博物館

20150810


新宿御苑

20150808


明治神宮


東京大神宮


スカイツリー

20150806


東京ドームで野球観戦と東京ドームシティで遊園地初体験


食品サンプル作り

20150808_2


千鳥ヶ淵のボート

<反省>

千鳥ヶ淵のボートは猛暑日に行かないほうがいい。




あぁ〜楽しかったな〜。

| | コメント (0)

なつやすみのおもいで(宿泊先のメモ)

もう一年経ちますが、しつこく去年の里帰りの覚書です。これで最後です。




<東京滞在時>



お友達のお父様が御茶ノ水に保有しているワンルームマンションを貸していただく事が出来た。駅から徒歩1分もかからないところにあって、とても便利で、ものすご〜く助かった。こういう優しい友達がいることに感謝!



ホテルレインボー(上野)

札幌に移動(成田〜新千歳間を飛行機で移動)する前日に上野のホテルに宿泊しました。京成成田駅のすぐ近くで便利だったけど、見つけにくかったです。それ以外は部屋も広かったし(確かツインルームを利用)子供達に日本の伝統のおもちゃセット(紙風船とあやとりひもが入ったもの)をくれたり、朝食(パンとコーヒーとオレンジジュース)が無料でついてたりしてなかなか良かったです。




<札幌滞在時>



家族が住んでいる地域にあるホテルに宿泊。連泊で予約できなかったので、2つのホテルを利用しました。



札幌ホテルヤマチ

和室の部屋を利用。6畳だったので、子供達が大きくなったら無理そう。



琴似グリーンホテル

大きめのツインルームを利用したんだっけな?部屋が広くて快適でした。

基本的に私たちは素泊まりしかしていないので、サービスや食事に関しての感想はありません。どちらも宿泊だけなら何も問題無しです。




<定山渓温泉>



ホテル鹿の湯

夏休み中でもお財布に優しい金額で泊まれた。サービスはとても良かったし、お向かいのホテルの打ち上げ花火が真正面に見えたし、お部屋も広くてよかったけど、食事は期待はずれでした。。。




<成田>



成田エアポート レストハウス

こちらも素泊まり。イギリス帰国前日に1泊しました。古びた感じが否めないけど、泊まるだけだし、部屋は広かったし、こちらも問題無しです。ミーが夜中に発熱して一瞬オロオロしたけど、フロントですぐにアイスノンを貸してもらえました。




以上、去年の里帰りの覚書でした。



今回の宿泊先は、私たちのなかなかタイトな予算内で選んだところなので、十分な予算がある方の参考にはなりません。基本的に私は、ホテルで過ごす時間が長いならステキなホテルでいろいろな施設が併設されているところがいいと思うけど、今回の里帰りの時のように、ホテルでは荷物を置いといて、シャワーに入ったり寝たりするだけしか使わないような場合は、清潔で、ちょうどいい広さがあれば十分なのです。

| | コメント (2)

なつやすみのおもいで(移動関連のメモ)

懲りずに去年の里帰りの覚書です。



ヒースロー空港から東京への直通便がでているけど、自分たちの車でヒースローに行ったら駐車場代が約3週間分かかる上に、日本からの帰りに12時間のフライト後にまた1時間以上車を運転する事になる(もしくは空港近くで一泊)。



これは前回経験済みで、私はとてもじゃないけど助手席で目を開けていられず、夫も自分で眠気をこらえながら運転するという怖い思いをしたので、今回は夫の実家から近いマンチェスター空港 ->フランクフルト経由->成田空港というチケットをとった。



ヒースローまでタクシーやバスを使う人も多いみたいだけど、夫の実家を拠点にさせていただくことで、出発前と帰国後の食事の心配をしなくてすむし、車を信用できる人の目の届く所においておけるので、私たちにはこの方法で良かった。



しかし!夫の実家に出発する前日、なななななんと、車を修理に出さなくてはいけなくなり、急遽義理父にお迎えにきていただくことになった。60過ぎた義理父に、往復4時間のドライブを一日の間にさせたあげく、翌日早朝5時半に空港まで送ってもらうという状況になってしまった。



レスターまで迎えにきてほしいとお願いしたときにイラついている様子がうかがえたらしいけど、十分に納得できることなので、それでも迎えにきてくれてさらに空港まで送ってくれた事に心から感謝。



出発当日の6時半頃にマンチェスター空港についたら、出発便が遅れるとの表示。。。





えーっと、乗継ぎあるんですけど。。。





ギリギリで乗り継ぎ便に乗れると思うという時間に出発。



フランクフルトでは子供達の手を引いてずっと小走りの状態。



アニーもミーもよくついてきてくれた。



搭乗ゲートについたら、すでに搭乗する人たちが列を作っていたのでそこにならんですぐに機内へ。フランクフルト空港内を見る時間はゼロだった。



フランクフルトから成田までの飛行時間は11時間ぐらい。



アニーは5時間ぐらい寝たけど、ミーは2時間ぐらいしか寝なかった。



成田空港に到着後、宿泊先のある御茶ノ水に向かうため、まずスカイライナーに乗った。



そこで乗って5分もしないぐらいでミーが寝る。爆睡。




そして上野についても全く起きる気配無し。




荷物とミーを抱えて電車移動は無理なのでタクシーに乗る。



タクシーでもミーは爆睡。



降りた所で夫がちょっと起きたミーを立たせたら、立ちながら寝る始末。なのでまた抱っこして宿泊するお部屋に向かう。



ミーはそのまま寝続けた。



初日以降、ミーが電車移動中に寝てしまって全然起きないということが度々あって、結構大変だった。



東京滞在終了後は成田空港からエア・アジア(現在のバニラ・エア)で新千歳空港へ。



札幌滞在後はJR北海道の『スーパー・おおぞら』と『釧網本線』を乗継いで地元へ。



ここで夫が一足先に帰国。



札幌から成田、成田からフランクフルト、フランクフルトからマンチェスターまでの飛行機は私と子供達二人。



札幌から成田のフライトは問題無し。



成田からフランクフルトのフライトではアニーもミーも2〜3時間の睡眠のみ。



フランクフルトでの乗換も順調に済む。



フランクフルトからマンチェスターの便に乗った直後、ミーが寝る。



マンチェスターに着いても起きる気配がないので、ミーを抱え、アニーに一つ荷物をゴロゴロ転がしてもらって移動。



預けたスーツケースを受け取るところでミーをベンチに寝かせる。



迎えにきてくれていた義理父と無事に会い、車で夫の実家に帰る。



いや〜、大変だったなぁ。よくやったなぁ、みんな。




<マンチェスター空港>



スーツケースをのせるカートがなななななんと有料!!!!!



イギリスに住んでいる人でないとマンチェスター空港に降り立つ事はまず無いかもしれないけど、空港でカートを使う人は1ポンドのご用意をお忘れなく!



信じられないサービス。カートぐらい無料で使わせてくれたっていいじゃないか〜!!!!!



| | コメント (2)

なつやすみのおもいで(観光した所メモ)

今更ですが、去年(2013年)の夏の里帰りの覚書です。



私がイギリスに来てから夏に帰るのは初めて。


子供が学校に行っているので、飛行機の安い時期に旅行をする事ができなくなりました。


今回は3週間強(夫は1週間先に帰国)。


1週目は東京滞在。


2週目は札幌滞在。


3週目は地元滞在。




<東京で行った所、したこと>



三鷹の森ジブリ美術館(チケット予約制)

日本のお友達に事前にチケットを買っておいてもらった。

子供達はネコバスで遊べて大喜び。短編映画も良かった。

20130717



川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(チケット予約制)

こちらも事前にチケットを買っておいてもらった。

ドラえもんが大好きなアニーとミーなので、旅の疲れも見せず楽しそうにしていた。

『どこでもドア』があって通り抜けてもどこにも行けなかったのでビックリしていた。

20130718



日本科学未来館(Miraikan)

ここでHONDAのアシモのショーを見る事ができた。

20130719

ただ、予定が詰まっていて午前中の2時間ぐらいしか見て回れなかったのがとても残念。

アニーもミーも楽しんでいた。



NHKスタジオパーク

ここが私にとっては一番のヒットだった。

なんといっても入場料大人一人200円!それで開園(10時)から3時間弱たっぷり家族みんなで楽しめた。

開園時に行くと、NHKの番組のキャラクターがいらっしゃいの挨拶をしてくれると聞いていたので、開園待ちして行ってみたらどーもくんがいて、二人とも大喜びだった。

20130722



新幹線に乗った

20130720



居酒屋やファミレスに行った




<札幌で行った所、した事>



七五三の写真撮影(『写真工房 ぱれっと』利用)


ノルベサ(観覧車)


カラオケ


モエレ沼公園


定山渓温泉宿泊


新千歳空港の『ドラえもんわくわくスカイパーク

出発までの待ち時間に行くつもりでいると時間が足りなくなるので、きっちりとここで遊ぶ時間にかなりの余裕を持って行った方がいい。

のび太の誕生日(8/7)に行けて、のび太の着ぐるみがちょうどいて一緒に写真を撮る事ができた。

実際に触ったり遊んだりできるものが多くて、二人ともミュージアムよりも楽しんでたかも。

20130807



花火(手持ちを初体験、打ち上げ花火もみる)




<地元でしたこと>



牧場体験に参加(乳搾り、えさやり、トラクターに乗る 等)


屈斜路湖畔砂湯で温泉を掘りながら水遊び


硫黄山


浴衣で花火




二人とも時差ボケとかおかまい無しの予定に本当によくついてきた3週間でした。

| | コメント (0)

里帰りします

アニーの学校の夏休みがもうすぐ始まります。




そして、2年半ぶりに家族みんなで日本に行く事になりました。




滞在は3週間ちょっと。



東京、札幌、実家と移動が大変。



お財布も大変!



でも楽しみすぎて毎日夢を見てます。



日本のお友達のみなさん。



待っててね〜!!!

| | コメント (0)

家族旅行2011 in Wales

6月18日(土)から25日(土)までの一週間、ウェールズに家族旅行に行ってきました。



義理両親の企画で、義理両親(大人二人)、義理弟家族(大人二人+生後8ヶ月の赤子二人)、私たち家族(大人二人+子供二人)と大所帯での旅行でした。



宿泊先は、ウェールズの西に突き出た半島の南側にあるRhiw(リウ?なんと読むのかよく分かりません)というところにあるAwelon cottage(アウェロン・コテージ)。

20110618_2

リビングルームが2室、寝室5室、オーブンや食器等がすべてそろったキッチン、バス&トイレ2、他にトイレ1、洗濯機、乾燥機、食器乾燥機、テレビ、DVDプレーヤー、Wii、ブレッドメーカーなどなど、思い出してもきりがないほどの設備の良さ。(でもタオルやシャンプー等のアメニティはほとんど無い)



コテージからはHell's Mouth(ヘルズ・マウス)と呼ばれる海岸が見下ろせます。

20110618_3



私たちの家からは車で休憩や買物を含めて約5時間の旅。

3歳児アニーと&1歳半の暴れん坊ミーには長い道のりでしたが、それほどドライバーの旦那を怒らせることなく(というか、ぎりぎりの所で)行き帰りの長旅をこなすことができました。



出発前、ホリデーが待ちきれなかった旦那が毎日天気予報をチェックしていて、あまり予報がよくないと言い続けていたので、海岸に近いとはいえあまり期待せず、全天候に対応できるように荷造り。



そして行ってみたらどんよりしていたのは1日だけで、到着翌日から帰る前日までの間に合計で4回ビーチに行くことができました。



最初に行ったのはコテージに一番近いビーチのPorth Ysgo(ポース・イズゴ?)。

実際に行ってみたら、車を降りてから急な坂を下って、たどり着いたのは岩場の海岸。

波がすごくて、とても子供がパドリングできるようなところではありませんでした。
そして、駐車場からビーチまでが急勾配で階段も多くバギーが使えるような道ではなかったので、ミーはダディの肩車、義理弟カップルの双子ちゃんは、ダディとマミーが一人ずつ抱っこしていきました。

20110619_5

景色は良かったけど。


その翌日と帰る前日に2回行ったのはウィスリング・サンド(Whistling Sands)というビーチ。

ここはファミリーフレンドリーなビーチで、小さなカフェもあり、全員で行くことができました。

20110620_2

最初は砂で遊び


20110620_3

その後、パドリング


水が冷たかった!!!

これが、ミーにとって初めての海に入る体験でした。

全く恐がる気配無し

その後、アニーもミーも水着に着替えてパドリング。

そのうち、ミーが波の勢いに足を取られて転び、顔が海水に入ってしまいました。大慌てだったけど、泣くこと無く、その後ブルブル震えながらもまた海に戻ろうとしていました。

20110620_1

ウィスリング・サンドという名前の通り、砂が乾いているときに歩くと「キュッ、キュッ」と音がでるのです。



3回目に行ったのはポース・イアゴ(Porth Iago)。

ここも駐車場は崖の上で、ビーチまで急勾配だったので、義理弟ファミリーは同行できませんでしたが、ビーチの端から端までが200mぐらいと狭く、水もきれいで、私は今回の旅行で一番好きなビーチでした。

20110623_1

写真だと遠く見えるけど、この写真を撮っているのが海岸の端で、アニーが走って往復できるほどの距離しかないのです。



ある日はラビット・ファームにも行きました。

20110622_1

ウサギだけでなく、ミーア・キャット、ヤギ(子ヤギが脱走して、そこらへんをうろついていた)、ヒツジ、カモ、リア、ブタ、ポニー、ロバ、ラマ(もしくはアルパカ)、クジャク、シカ、ワラビー、子犬等と、動物盛りだくさん!

20110622_1_2

ラマのおしり。ぬいぐるみみたい。


コテージはきれいで快適で、しかも子守りをしてくれる人もいて、食事も交代で準備すればいいし、毎日夕方からちびちび飲み始めたりできて、去年3月の家族旅行に引き続きリラックスできた旅行になりました。



ネイルをする時間まであった。



私はコテージでみんなで交代で食事を作って、持ち寄ったビールやワインを飲んでまったりすごすのに何の不満もなかったけど、徒歩圏内には牧場のみで何もないので、パブに飲みに行きたかったり、外食したいという旦那のような人にはそれが少しだけ残念なポイントだったようです。



コテージを借りて数家族が集まって旅行するのって、楽しい上に安上がりで好きです。



今度、お友達家族ともこういうのやってみたいな〜。

| | コメント (2)

動物園、白パン

既に一週間以上経ってしまったけど、先週の土曜(5/14)にトワイクロス動物園に行ってきました。


20110514_1


アニーにとっては3度目、10ヶ月ぶりぐらい。この動物園にいくのは2度目で約2年ぶり。(初めてここに行ったときの様子はコチラ)。



前回行ったときから、新しくなった施設があったりして、入り口前にあるビジターセンターのようなところ(カフェ、ショップ等がある)のトイレには、洗面台のところに、アリの巣をディスプレーとして置いてあって、ガラス越しにアリ達が葉っぱを運んでいる姿が見れるようになっていました。

これはアニーも喜んだ。



サル(霊長類っていったほうがいいのかな)の種類が多いこの動物園。前回は「もんき〜しゅ(Monkeys)!!」って連呼していたアニーも、今回は「またサルかよ」ってな雰囲気で、サル続きなのに途中で飽きたみたいです。



キリンやゾウを見たがり、キリンのところに行ったものの、一頭のキリンがずっと鉄柱をなめながら「おぇっ!ぐぅぇっ!」と変な音をだしていたので、恐がりアニーはおびえていました。



季節柄、赤ちゃんの数が多かったです。



でも、やっぱり悲しそうだったりやる気のなさそうな動物達もいくつかいて、特にヒョウは前回と同じように檻の中で行ったり来たり。。。
広い広い自然の中にいた動物が檻の中に入れられているんだから、しかたのないことですよね。



ミーにとっては初めての動物園でしたが、まだまだちょっと早かったか、動物に興味を示すよりも、ダディの肩に乗っかっている方が楽しそうだった。

20110514_2



この日は動物園に行くだけじゃなく、お友達のkaoちゃんファミリーと現地で合流する約束をしていたので、私は動物を見ることよりもkaoちゃん達に会えることの方が楽しみでした。



約1年ぶりに会うムスコ君。髪も目もクリクリで、かなりシャイだったので私とはほとんどお話してもらえなかったけど、最後の方でうちのアニーと手をつないで歩いてました。

今まで年下の女の子と手をつないでいるのは見たことがあるけど、男の子は初めてだったかも。二人とも可愛かったねぇ。



しかも、偶然にもkaoちゃんのお友達のsakuraさんファミリーもいらしていて、みんなで一緒にランチができたりして楽しさ倍増でした。



動物園での様子はkaoちゃんが既にブログにアップしてくれているので、コチラでどうぞ。(丸投げ〜)



sakuraさんのご愛息、市太郎君はこの日が2歳のお誕生日。ずっとニコニコしていて可愛らしい男の子でした。



私がこのブログを続けているのは、タイトルの通り自分のための覚書を残すことが一番の目的になっているんだけど、ここのおかげで素敵な人たちと知り合うことができているのはとても嬉しいことです。



kaoちゃん、改めてありがとう。



sakuraさん、また一緒に遊んでください。





そしてそして、ここ最近私がハマっているのが白パンづくりです。

20110519_1

使ったレシピは『基本のレンジパン(ハイジの白パン)』



上の写真は3度目に作ったもの。



レンジを使って作るレシピは初めてでした。



レシピでは捏ねる作業が書かれていないんだけど、生地を分割して丸めるときに、レシピ通りでは私がやるとベタベタすぎてとてもじゃないけど丸めることができないため、普通のパン作りと同じように生地がまとまるまでこねこねしました。



そして焼くときは、うちのオーブンがかなり強力で、レシピ通りの150℃では白パンではなく、普通のパンの色になってしまったので、130℃まで下げて焼きました。



子供サイズにするので、レシピ通りの分量で作って12分割。

アニーもミーもおやつ代わりに食べるのにちょうどいいサイズのふわふわしっとりのパンにしあがりました。



しかし、このレシピ、つくれぽが1000件以上あるのです。すごい。。。

| | コメント (2)

里帰り2011〜食べたもの

かなり今更な感じですが、2月に里帰りしたときに食べた物のメモです。



<食事>



大戸屋:旦那がずっと行きたがっていた。確かに安くておいしい。


カキ料理 貝鮮炭焼 大厚岸でカキメシ(札幌狸小路HUGイート内)


廻転ずし とっぴー(札幌)
本当は、花まるに行きたかったんだけど、常に待ち時間が100分以上だったので諦めた。次回の里帰りでリベンジします!


黄金の串(札幌)
私の母と姉に子供達をお願いして、旦那と二人で食事に行った。日本にいた頃を思い出しながら、串焼きを堪能しました。


コロポックル(札幌)
ホタテのバター焼きが忘れられない。あと、子供用に頼んだカニ入りピザもうまかったなぁ。


焼肉 金剛山(札幌)
日本で食べたかったものの一つ、焼肉。ユッケ、おいしかった〜。このとき、ミーが超不機嫌で小上がりで泣きわめき、掘りごたつに落ちたりして大変だった。


和商市場(釧路)で兄が花咲ガニと毛ガニを買ってくれた!!!母はホッケを買ってくれた!実家に帰って後日堪能しました。おいしかったのだ〜!!!!!


ジンギスカン(実家で)


鮨のよこ山(弟子屈)
地元のお寿司屋さん。旦那がイギリスに戻る前にもう一回寿司が食べたいというので、持ち帰り用に作ってもらった。中トロがおいしかったのだ!


はげ天の豚丼(帯広)
豚丼が帯広名物だとは知らなかった。豚丼のタレがおいしすぎ!!!そういえば、旦那がイギリスに帰ってから是非レシピをさがして作ってほしいって言ってたっけ。いまだに作ってないけど。


元祖旭川ラーメン 一蔵
里帰りも後半にさしかかったころに、まだラーメン屋のラーメンを食べてない!ということに気づき、私がどうしてもラーメン屋に行きたくて入ったお店。
しょうゆチャーシューかなんかを食べたんだっけなぁ。


かに料理 きたみなと(新千歳空港)
イギリス帰国前日に私の母と姉とみんなで食事。最終日の夕食をかざるのには最適な、旦那と私の大好きな海鮮&居酒屋メニュー!おいしゅうございました。




<お菓子>



北菓楼 シュークリーム『夢不思議』
これは、やっぱり私にとってナンバー1のシュークリームかも。年を取ったせいかさすがに1個で十分(すぎる)だったけど、皮もクリームもうまいうまい。しかも安い。


北菓楼 北海道開拓おかき
私の姉のおすすめ。今回の里帰りで初めて食べた。帆立味、えりも昆布味をいただきましたが、どちらもおいしゅうございました。


確か同じく北菓楼の草餅【草しんこ 夢草子】っていうのも食べたと思います。ものすご〜くよもぎの味が濃くて、私は好きでした。子供達も二人とも食べてたなぁ。


クランベリー スイートポテト
これは兄が買ってきてくれたもの。優しい甘さで、これもおいしかった。


十勝・帯広 スイーツめぐり券
500円で5枚のチケットを購入。提携している店舗の中から好きな店舗を5店舗選び、各店舗のおすすめ商品とチケットを1枚交換するというもの。
帯広での待ち時間が長かったので試しに買ってみましたが、なかなか楽しかったです。それに、お店によっては100円以上の品物と交換できるので、お得感もあり。




<食べそびれたもの>



おいしいソバ:子供が小さいうちはアレルギーのことが気になるので我慢した。


かま栄のかまぼこ:札幌にいる間は、デパ地下に行くたびにお店を見ていて、日にちもあるし、それほどかまぼこが食べたいわけではないからいいや〜なんて思っていたら、帰る直前になって食べたくなった。次回の里帰りでは食べたく無くてもとりあえず買うことにしよう。




やっぱり日本は、北海道はおいしかったなぁ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧