フィンランドから日本の赤ちゃんへ

ツイッターが運んだミルク フィンランドから被災乳児支援

http://sankei.jp.msn.com/life/news/110329/edc11032915530001-n2.htm




この話を最初に知ったのは、お友達のkayちゃんのブログからでした。



イギリスにも同じような商品があるじゃないか!イギリスからも同じことができるんじゃないか?と思い、いくつかの大手メーカーに問い合わせだけはしたものの、その他に何から始めたらいいのだろうと思っている間に、フィンランドのミルクが無事に被災地に届けられました。



このプロジェクトを進められた方達の目のつけどころの良さ、役割分担、行動力等のすべてが調和して、素早い結果につながったんだろうなと思いながら、企画された方のブログを毎日読んでいました。



この話を知ったときは、同じことがここからもできるかもしれないと思い、私と同じことを考えた方が世界中にいることもわかりました。



現時点では、フィンランドから送られた初回分、さらに追加分を送る準備もされているとのことで、現地でどれくらいの需要があるのか(十分に足りているのか、もしくはもっとあった方がいいのか。今後のことも含め)、ということがわからないので、今後の経過を引き続きチェックしていきたいと思います。



そしてまた、イギリスにあって日本に無い(手に入りにくいもの)で、あると便利な物って何があるのか、そういうことを考えていきます。



でも日本って何でもあるし、イギリスよりも質のいいものばかりなので、物資で支援しようと思っても何も思い浮かばないのが現状です。



ベイクドビーンズとか、誰も食べないだろうしな。。。

| | コメント (2)

災害時のメンタルケア

最初に。



震災後4回目の更新になるというのに、今まで一度も被災された方に対しての挨拶をしていませんでした。。。



このたびの震災で大切な方を亡くされた皆様、被災された皆様、謹んでお悔やみとお見舞いを申し上げます。




日本にいない私に、今何ができるのかをいくら考えても思いつくことがなく、結局いつも通りにニュースを見たり、インターネットラジオを聞いたり、お友達のブログを読んだりしていたら、kayちゃんのブログに『災害時のメンタルケア』について書かれたブログへのリンクが貼ってありました。



ニュースしか見聞きしていない私でもケアが必要だと思わされた内容です。



たくさんの人が知っていた方がいいと思う内容だったので、ここでもリンクを貼っておきます。




【すべての方へ】災害時のメンタルケア(追記あり)




次回の更新から、このブログは里帰りの覚書の続きにする予定です。



引き続き、被災された方や地域の為に自分にできることを考えることは止められないと思います。



でも、私には守るべき家族があります。



母親の私が、子供達と遊ばずにテレビやパソコンに向かってしかめっ面してばかりだったり、涙を流してばかりではいけません。



子供達と一緒に笑顔で毎日を過ごすこと。



それが、今私が一番優先にすることなのだと思います。



そして今日一日、笑顔で過ごせたことに感謝します。

| | コメント (0)