« ASICS Tartherzeal TS4 | トップページ

マンチェスター・マラソン 2018 覚書

今更だけど、4月のマンチェスター・マラソンの記録。




<トレーニング>



去年の10月に出る予定だったレスターマラソンは、左股関節痛のため断念。11月に入ってからやっと痛みが取れて走れるようになった。

いつも使っている『Asics Target26.2』という企画のサイトで公開されていたサブ3.5用のトレーニングメニューとサブ3用のメニューを使用。16週間のメニューだけど、途中で冬休みが入るので、12月上旬からトレーニングを開始。

ところが、トレーニングを始めてからすぐに風邪を引いてしまい、胸がゼーゼーするようになったので、数日お休み。風邪が治ったと思って走り出したら、今度は右股関節が痛くなり出した。。。

そして年が明けて2月の中頃までトレーニングができなかった。。。。。

メインで使った靴は去年里帰りした時に買ったSaucony Kinvara8。もう一足ターサーがあったけど、この靴で長距離を走ると左足の中指に痛みが出るのがわかったので、これではレースに出ないことにした。

12月の走行距離 25km (!) トレーニングで走ったのは2回だけ

1月の走行距離 35km (!!) 1月22日から少しずつウォーク/ジョグを開始

2月の走行距離 180km トレーニングのメニューに沿って走り出したのは2/19〜

3月の走行距離 221km




<レース1週間前>



禁酒

カフェインは少なめにしただけ




<レース3日前>



木曜からカーボ・ローディングとウォーター・ローディング。




<レース前々日>



金曜の夜から夫の実家に行く。炊飯器とタイのもち米を持参した。




<レース前日>



夫の実家周辺で3キロジョグ。

夕食前に荷物の準備(レースナンバーを付ける等)を済まる。そしてそれ以降はレースの事をあまり考えないようにする。

前日の夕食は義理母に食事の気を使わせないためと、私が食べたいものを食べたかったので、手巻き寿司を作って義理家族に振る舞った。好評だった。

10時頃に寝室に行く。




<レース当日>



朝食はもち米のおにぎり。

熱めのシャワーに入って体を温める。

出発前に子供達にいつものように腕にメッセージを書いてもらう。

確か6時半頃に車で出発。スタート地点に近いオフィシャル駐車場を予約していたので、ドキドキしながら運転し、無事に7時半頃到着。

ランナーズ・ヴィレッジで持参していたリュックサックを預けたりストレッチとか荷物の準備とかをしたりトイレに行きながら時間を潰す。ロンドンマラソンの時みたいにトイレで1時間も並ぶことがなかったけど、そのせいかスタートまでの間に4回ぐらいもトイレに行った!

スタート地点まで少し距離があり、自分のスタートエリアについたのはスタート直前で焦ってしまった。

古くてボロボロになりかけていたパーカーを着て冷えないようにした。スタート前にパーカーは捨てる。

9時 スタート

3時間22分44秒でゴール




<レースの振り返り>



今回はとにかく完走することが目標だったのに、走り始めたら調子が良くて、その気分に任せて走った。

夫と子供達と義理両親が応援に来ると言っていたけど、ロンドンマラソンの時は見つけられなくて、がっかりした思い出があるので、ちゃんと見つけられるか不安だった。大体この辺にいると思うと夫が事前に教えてくれていたところあたりをすぎたら、アニーとミーの姿を少し先に発見!!!ハイファイブをして走り続けた。嬉しかった〜!!!

そしてその先数キロのところで私の名前を呼ぶ声がしたかと思ったら、場所を移動してまた応援してくれていた。夫が道路の反対側から応援してくれていた。嬉しかった。

ロンドンの時は水を貰っては全部飲まずにポイポイボトルを捨ててしまって、罪悪感があったので、今回は飲み終わるまで手に持って走った。どっちがいいのやらわからないけど。

残りの5マイルくらい(8km)だったかで、私より年上そうな女性が私を抜いて行った。すごいな〜、速いな〜と思っていたら、給水所などで立ち止まり、今度は私が抜かす。しばらくしてまた追い抜かれて、また彼女が歩いたり止まったりしたのでまた抜かすのを繰り返す。そして最後の給水所で彼女が止まった後、なんとか抜かれずにゴール。彼女は私のすぐ後ろまで迫っていた。。。

そしてなんと彼女は60代女性参加者の1位だったらしい。60代で3時間半切りとはすごい!!!

5キロごとのタイム

  〜 5km 23:35

5〜10km 23:30

10〜15km 23:28

15〜20km 23:31

20〜25km 23:40

25〜30km 23:38

30〜35km 24:24

35〜40km 25:08

40〜42km 9:27




<反省点>



トレーニングがちゃんとできなかったことを考えると、予想以上にいい結果だった。

それと体重管理がうまくいった。

どうしても”42kmも走るんだから最後は疲れるに決まってるから、ネガティヴスプリット(後半にペースを上げる)なんてことは考えず、その時の気分で走ろう”と考えてしまっていたけど、私には42kmを走りきれる力があるから、ちゃんと始めからペース配分をしようと考えを改めた方がいいなとやっと思えるようになった。

ロンドンマラソンの時、走っている間に左腕が下がり気味だったので、今回は気をつけていたつもりが、どうやら今度は右腕が下がり気味だったような気がする。

来年もまた挑戦したいと思うレースだった。

|

« ASICS Tartherzeal TS4 | トップページ

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ASICS Tartherzeal TS4 | トップページ