« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

アニー☆運動会

6月25日の月曜、

アニーの学校の運動会(Sports Day)がありました。



これが、

学校のすぐ近くにある陸上競技場で開催されたからビックリ。



私でさえ来た事ないのに〜。



でもやることは去年やったのと同じようなもの。



サックレース(大きな袋に足から体のした半分ぐらいまでいれて、ジャンプして走る)、

エッグ・スプーンレース(スプーンにタマゴを乗せて走る)、

リレーみたいなもの、

ボール運び(両手でボールを持って後ろの人に頭の上から渡す)

ボール運び(また下を通して後ろの人に渡す)

フラフープ縄跳び

バランス・レース(輪を頭の上に乗せて走る)

ロープ渡り(地面に置いたロープの上を渡る)

はしご渡り(地面に置いたはしごの穴を通って走る)



等の種目をアニーのクラスは6チーム(1チーム4〜5人)に分かれて、

学年毎に競っていました。



我が娘、アニーはブルーチーム。

ロンドンオリンピックにちなんで、

各チーム色に合わせた国の名前がついていて、

ブルーチームは『オーストラリア』でした。



アニーは家族が見にきている事が嬉しくてたまらず、

レース中でも私たちに手を振る、

自分が走っている間は私たちの方から目を離さない、

というような事が多く、

ちゃんとレースに集中していればそこそこ良い結果を出せたと思うんだけど、

相変わらずののんびりさんでした。



で、かなりの種目で競争してたけど、

残念ながらアニーのいるオーストラリア、

どの種目でも一番になる事はありませんでした。。。



いいの、いいの。



本人が楽しかったみたいだから。



運動会終了後、

帰宅前にトイレに行くというので連れていって、

外に出てみたら、競技場内にはもう誰も残っていなかった。



なので、

アニーを400メートルトラックで走らせてみました。

20120625_1



せっかく立派な競技場が使えるんだから、

せめて徒競走ぐらいはやってくれたらいいのにな。

| | コメント (2)

ミー☆2歳半

ハーフマラソンが終わった後、1週間ぐらいは走るのをおやすみしていたのですが、少しずつ復帰してまた狂ったように走ってます。


気付いたらブログも1ヶ月以上放置してました。


やりたい事がたくさんあるのに、全然できてません。
これではよくないと思うものの、天気のいいうちに、サマータイムで日の長いうちに走っておかないと、冬になったら(暗すぎて)走れないぞという強迫観念のようなものに襲われています。
ほんとに、サマータイムが終わったらどうしようって、夏至が終わったばかりなのに考えてしまいます。



さて、本題。



6月10日にミーが2歳半になりました。


20120604_1

身長:84cmぐらいだった。

2ヶ月前よりも縮んでるなんてあり得ないと思うので、私の測り間違いだと思いたい。。。


体重:12kg




<好きなこと、できるようになったこと、変化 等>



走るのが好き。近所にある公園の外周1周(1キロ弱)を休みながらも走ることができる。


最近、夕食が自分の好きじゃない物だと、眠たいといってふんふん泣き声のような声をだしたり、泣いたりすることがある。


一度パンツをはいてみたいかどうか聞いたら、オムツがいいとあっさりと言われた。なので、トイレトレはしてません。


綿毛を飛ばすのが好き。


不二家のポップキャンディ大好き。でも週末だけとかごほうびとしてだけ食べます。


アルファベットのNを見るたびに「ゼ〜ッド!」という。どうも横に見てしまう様子。惜しい。
A,K,Wはわかる。


私がいろいろ教えようとしているのに疲れてきたのか、私が「これはなんて言うと思う?」と聞くと何も考えずに「わからないよ〜」と答える事が多い。


5/11

アニーの自転車のサドルを下げて、自転車にも乗ってみた。


5/13

夕方散髪。髪がのびてきたのも可愛かったけど、何せ結ばせてくれないので、短く切った。


6/1

アニーが帰宅後にケンカ。(ミーがアニーの足を叩き、アニーがミーの顔を叩いたらしい)
ダディに叱られて二人とも号泣。


6/6

グランマ&グランダッド宅の一部屋で二人で遊んでいるときにミーの泣き声が聞こえる。
すぐに見に行ったらアニーが左目を押さえていた。
何があったか聞いたら、遊んでいるときにアニーの頭とミーの頭がぶつかってしまい、その後ミーがアニーの目の辺りを叩いたといってアニーも泣き出した。
ミーがダディに叱られる。


風邪ではないのに一度だけ発熱したことがある。気温の変化が激しい月だったので、体が対応できなかったのかもしれない。

| | コメント (2)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »