« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

1歳11ヶ月

11月10日にミーが1歳11ヶ月になりました。

20111106_2


身長:81cmぐらい


体重:11kg(自宅の体重計でおむつをつけて測定)。




<好きなこと、できるようになったこと、変化 等>

※この先は長いので興味のある方だけどうぞ。



数字の2、3、5、6、8はだいぶ間違いなく言うようになってきた。



1から12ぐらいまで順番に言えるようになった。



ひらがなの「み」はわかるらしい。



アルファベットは「K」「W」がわかるらしい。



話をし始める前や途中に「う~んと~」とか「ん~とね~」というようになった。



英語の本を持って「Once upon a time…」と言うことがある



『Row, row, row your boat』の歌の最後のワニのところで「キャー!!!」というようになった



階段の上や下から「まっててねぇ!!!」等と叫ぶことが多々ある。



私と本を読みたいときに「まみーと?」と言う。



電話のおもちゃや私の旧い携帯を持って英語で電話している振りをする。
「はろ~。いぇ、いぇ、はなもげはなもげ、あいどぉんのう。ばぁ~い!」というような感じ。



大丈夫 「だいじょうぶ」と言えるようになった。(今までは「だ〜ぶ〜じょ」)



水たまり まりじ



ヒツジ 「うじ」



『魔女の宅急便』のオープニングテーマソングの『ルージュの伝言』の一節をわりときちんと歌えるようになっていた。
「いま~とり れ~しゃの~たの♪(今一人 列車に乗ったの)」という感じ。



隣の家の犬が吠えた声が聞こえた後「いぬ、こわ~い!」と言っていた。



ハムとチーズのブリトーが好き。

大人サイズのトルティーヤで作ったものをペロリと食べる。サンドイッチはあんまり食べないのに。


10/16 ランチの時、エジソンの箸を使って卵焼きを食べられた!!!といっても、箸にはさむところまでは私がやった。



10/19 いい気持ち〜 「いいもきち〜」(だれだ、もきちって)



10/19 ピカピカ 「きぱきぱ」



10/20 ピカピカは今日になったらピカピカと言えるようになっていた。



10/26 突然ダディに「あいどぅんのう(I don't know?)」と言い出す。何がわからないのかもよくわからない。



10/30 私が着ていたFCUKのトップスの文字を見て何か言い出したので、正しい読み方を教えたらC,U,Kは言えるようになった。でも次回同じ服をきたときにはほぼ全部忘れていた。



11/1 私が夕食を作っている間にキッチンのドアのところにきて「ずっとずっとず〜っとおきるんだよ。」と言ってから「うんうんうん。」とうなずき始めた。なんのことやらさっぱりわからないんだけど、何度も何度も同じことを言っていた。



11/2 ハッピーバースデーの歌がほぼ正確に歌えるようになった。
今までは「は〜ぴば〜ぴ〜ば〜♪」というような感じの繰り返し。



11/2 今日も自信ありげな感じで「ずっとずっとず〜っとおきるんだよ。」と言っていた。何のことなんだろう?????



11/3 一昨日から始まった「ずっとずっとず〜っとおきるんだよ。」は今日も健在。そして、今日は「いっぱい、いっぱい、おきるんだよ」とも言っていた。



11/5 夕食時にたぶん初めて「たべたくな〜い」と言う。夕食(カレー)を作ったダディは当然のことながら面白くなかったようで「食べなさい!」と強めに言っていた。



11/6 夕食中にダディが今日はダディと一緒にお風呂に入るよと言ったら「はいりたくな〜い」と言った。

| | コメント (2)

Pavlova(パヴロヴァ)

20111106_1

これ、Pavlova(パヴロヴァ)というお菓子です。



義理母がよく作ってくれるもので、とてもおいしいので、最近自分でも作るようになりました。



見栄えがするのに、作るのが超簡単なのです。



土台はメレンゲなので、卵黄だけを使うお菓子を作った後、残った卵白で作るのが恒例になりつつあります。



いつも使っているレシピはココ(英語)のもので、砂糖の量は控えめにしています。



これを食べるまでは、メレンゲってただの卵の白身と砂糖でなんだかつまらんと思っていたのですが、そのイメージをすっかり変えてくれました。



本当においしいですよ。

| | コメント (0)

一学期前半終了

9月から小学生(とはいっても1年生の下の学年)になったアニーさん。



10月14日に一学期(イギリスではAutumn term:秋学期)の前半が終了しました。
学期の中間に1週間のお休み(ハーフターム)があり、休み明けから学期後半が始まります。



前年度まで行っていた学校のクラスメイトが二人いたことや、担任の先生がものすごく良い先生なことも手伝って、毎日楽しく通っています。



夏休み中に英語の文章をかなり読めるようになったので、リーディングに関しては他の子よりも進んでいるというお墨付きをもらいました。嬉しいことです。



新学期が始まって2週間の時に手首を骨折(というか骨が凹んだ)したり、おもらしを(確か)3回したり(全部ウ○チで、2回は同日に、残りの1回はしたことを黙っていたらしい)しました。



前年度から同じ学校の幼稚園(ナーサリーとかプリスクールと呼ばれている)に行っていた子供達が大半のようで、親同士は既に顔見知りの人たちが多く、私自身はアニーと同じく今年からこの学校に行くようになった子の親や、もともと近所に住んでいてプレイグループ等で話したことがある親ぐらいとしかいまだに話したことがありません。



先入観なのかもしれないけど、どうも仲良くなれそうにない親が多い、、、気がするのです。



仲良くなれそうにない人と無理に仲良くするつもりがないので、送り迎えのときに話をする親御さんは片手で数えられるくらいです。



一学期前半が終了する間際に風邪をひき、帰宅後にダイニングルームの床で寝てしまったりしたこともあったけど、よく毎日休まず学校に行きました。

20111012_1



えらかったね。

| | コメント (0)

自家製納豆

かなり前に近所に住んでいる日本人の方が納豆を自分で作っているという話を聞いてから、ずっと私も挑戦してみたいと思っていて、初めてやってみたのは1年くらい前だったかな。



でもあまりうまくいきませんでした。



一応ネバネバにはなったし、納豆の匂いもしてたんだけど、色が大豆色のままでイマイチだったのです。



そして諦めきれなかったので、先日、旦那が2泊で出張だったときを狙って再挑戦しました。

20111105_1

ジャジャン!


やっぱり市販のものより色が薄めだけど、前回よりもずっと進歩しました。



“納豆”“手作り”等のキーワードで検索するといろいろ参考になるサイトがみつかります。



今回私がやったこと

  • 乾燥大豆を洗ってから一晩水につける
  • 圧力鍋で大豆を10分蒸す(納豆としては豆が固めだった。次回はもう少し長くする必要あり)
  • 蒸し上げた大豆をタッパーにいれて、すぐに市販の納豆を10粒ほど混ぜ込む(ヒートショックといって、納豆菌が繁殖しやすくなるらしい)
  • 大豆を蒸している間に、オーブンを50℃ぐらいの設定で温めておき、その中に空のキャストアイアン・キャセロールディッシュ(ル・クルーゼ系の鍋)を入れて一緒に温めておく。
  • 大豆と納豆を混ぜたタッパーにきれいな布巾をかけて、輪ゴムで押さえ、オーブンの中のキャセロールディッシュの中に入れて蓋をする。
    オーブンはここで止める。発酵開始
  • キャセロールディッシュの温度が下がる前にまたオーブンを少し温めて、保温状態を保つ。
  • 発酵開始から12時間ぐらいでタッパーを取り出し、タッパーの蓋をしてから冷蔵庫に入れて1日熟成。


これで上の写真の状態になりました。



参考にするサイトによって、発酵時間が8時間〜24時間と差があって、私はもうちょっと時間をかけたかったんだけど、家中に納豆の匂いが充満し始めたので、12時間で諦めました。



大豆が納豆になっていく過程を自分で見れたし、改良の余地がたくさんあるので、また挑戦したいです。

| | コメント (2)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »