« イースター、ロイヤルウェディング | トップページ | 1歳5ヶ月 »

こどもの日、きなこ大福、イギリス警察

5月5日



アニーが生まれてから4回目の子供の日。



男の子の節句なのでついつい忘れがちで、毎年当日に子供の日だということに気づいていたので、今までは何もしたことがなかったんだけど、今年初めて夕食にちらし寿司と唐揚げを作りました。



実は今年も気づいたのは前日。でも、冷凍庫にちらし寿司の具があったのと、唐揚げを作る材料もあったので、新たに買い足すものもなく、うちにあるものだけで作れました。だからかなり手抜きだし、日本のちらし寿司とは比べ物にならないほど貧相です。写真すら撮らなかった。



ミーはひな祭りの日にちらし寿司を食べさせたときに、あまり食いつきが良くなかったので、酢飯が苦手なのかなと思い、ミーの分だけは炊きたてのご飯に具を混ぜました。そしたら食べる食べる。作って良かった。



唐揚げも気に入ったらしく「から〜!から〜!」と唐揚げが盛ってあるお皿を指差して催促するほど。



そして、この他に私が食べたかったのは柏餅。
でもこれは柏の葉っぱもなければ、上新粉も無い。。。
それでも諦めきれずにレシピを探して、これまた家にある材料と照らし合わせて、できあがったのは、




じゃじゃん!

20110505_1

きな粉大福



全然柏餅と違うじゃんか!!!



それでも、おいしかったからいいのだ。。。





そして、子供の日の学校帰りの出来事



アニーと二人で帰り道にあるクリケット・グラウンドの側を歩いていたら、グラウンドを囲っている壁に足をつき、壁の上にのびている木の枝につかまって壁を登っている男の子が前方に見えた。



そしてその少し後、男の子が突然背中から地面に落下。そして動かない。一緒にいた友達も、その子の側に突っ立ったままで動かない。



近くにいくと泣き声が聞こえてきたので「大丈夫?」と聞いてみたら腕が痛いと言って泣いている。



私と同じ距離ぐらいから男の子が落ちたのを見たと思われる男の人も二人駆けつけ、そのうちの一人が救急車を呼んだ。



遠くから見ている限りではつかまっていた木の枝を離して背中から落ちたように見えたけど、どうやら木の枝が折れて、落ちた瞬間に両腕を地面についたらしい。



救急車が来るのを待っている間に警察が通りかかる。



泣いている子供に名前や住所を聞き出す。すぐ近所にすんでいるらしいけど、家には誰もいないと思うと言っていた。



そして泣いている子の同級生らしい男の子も自転車で通りがかる。



その子が、家が近いから誰かいるかどうか見てくると言ってくれた。すぐに戻ってきたけどやっぱり誰もいなかったらしい。



警察が泣いている子に「親の連絡先はわかるか?」と聞く。泣いている子は思い出せる状況ではないという感じ。



でもそのときに自転車の子が「オレ、わかりますよ」といって、一瞬の間の後さらさらっと友達の親の携帯番号を伝えた。



私なんか自分の番号もうろおぼえだっていうのに、子供の記憶力ってすごいなと思った瞬間だった。



救急車が来るまでの間、警察官がケガをした男の子にむかって「学校を休む口実ができて良かったなぁ」と笑えない冗談を言っていた。



こんなこと言わなくてもいいのに。。。



一緒にいたアニーが不安にならないように、抱っこして事情を説明。



泣いている男の子を見て、アニーが「ないてばかり、、、」と一言。



『いぬのおまわりさん』からの引用か。。。



小さいアニーには見せたくない現場だったけど、血が流れているような事故現場でなかったのは、不幸中の幸いだったかもしれない。

|

« イースター、ロイヤルウェディング | トップページ | 1歳5ヶ月 »

UK life」カテゴリの記事

イベント」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イースター、ロイヤルウェディング | トップページ | 1歳5ヶ月 »