« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2歳1ヶ月

18日でアニーが2歳1ヶ月になりました。

20090925_1

最近よくこんなへんな顔をします

体重は12kg

身長は84cmぐらい


<この1ヶ月の初体験>


初めて海に入る。大好きだった様子。

初めてアイスクリームを味見。ぺろぺろっと本当に味見のみ。冷たいのが苦手なのか、アイスクリームはすぐに「もういらない」と言いましたが、食べ終わった後に残ったコーンをあげたらおいしそうに「あいすくりーむだねぇ」と言って食べていました。


<普段の生活>


朝は大体7時半〜8時半の間に起きます。朝のんびりな親にとってはとっても楽。


昼寝はここ最近になってしないことが増えてきました。昼寝をしないと夕食頃に非常に機嫌が悪くなるし、ご飯を食べながら寝そうになることが多いので、できればちょっとだけでも昼寝してほしいというのが私の希望。午後に本人が嫌がっても寝室に連れて行って寝かせておくと15分もしないうちに寝てしまうので、午後に何も予定が無いときは寝かせます。


夜は昼寝をしないときは7時過ぎに、昼寝をした日は8時過ぎにおやすみ。


テレビは大好きですが、一日に見る時間は長くても1時間以内にしています。テレビをつけっぱなしにしてアニー一人で見せることはせず、必ず私か旦那が一緒に、何が起こっているのか話をしながら見るようにしています。
自分が見たいTV番組等があるときは「だでぃとまみーといっしょにぴたすぃっち(ピタゴラスイッチ)みようね〜」などと番組名を指定してきます。

余談ですが、赤ちゃんのころってテレビで誰かが話している声と親の声の区別がつかないので、テレビやラジオをつけっぱなしにして本を読んだり、話しかけたりしないようにしたほうがいいっていうのを、アニーがまだまだ赤子だった頃に聞いたことがあります。


本も相変わらず好き。


「まみー、なにしてるの?」「わっちゅーどぅーいん、だでぃ?」「まみー、なにたべてるの?」等とはっきり聞いてくるようになったので大変。


最近の口癖は「かわいいねぇ」

例えば
だでぃ(まみぃ)のぱんつ、かわいいねぇ。(この“パンツ”とはズボンのことじゃなく下着のことです)
ぐれいとぐらんま、かわいいねぇ。
がいこつ(の絵を見て)かわいいねぇ。 等々。
何か勘違いしているんじゃないかと思うこともしばしば。


おしゃべりは止まりません。車に乗っているときでも、ご飯を食べているときでも、一人で遊んでいるときでも、ずーっと何かしゃべっています。これは日本語だったり英語だったりいろいろ。


食べ物は生野菜以外なら、大体なんでも食べてくれています。唯一食べてくれる生野菜はトマト。好きなものはジャガイモ、チーズ、おにぎり、豆腐、とうもろこし、パン、お好み焼き、パスタ、オムライス 等々とくだものいろいろ。煮物系は肉じゃが以外、材料不足ということを理由にして私が作らないので、好きかどうかわかりません。肉じゃがはよく食べるけど。


歌も好きなようで、プレイグループで歌う英語の歌や、私が歌う日本語の歌をそれぞれちょこちょこと覚えています。

| | コメント (2)

脱走兵

アニーのことです。

寝相が悪いので寝る前にブランケットとかをかけても意味がなかったため、今まではスリーピングバッグ(こんなもの)に入ってベッドで寝ていましたが、旦那がもうそろそろスリーピングバッグを卒業してもいいんじゃないかと言い始めたので、この3〜4日はこれに入らずに寝てみました。

アニーは私達と別の部屋で寝ています。

そして今朝5時頃のこと。まだ家の中は真っ暗。

突然

ガチャガチャガチャッ!!!

と私達の寝室のドアノブを回す音で目覚めた私。この部屋に入ってくるのは旦那しかいないはずだけど、暗闇の中旦那が布団の中にいるのがわかり一瞬の間に

だれなの〜!!!!!!!!!!!!!!


まさかまさかアニー?と思いながらこれまた暗闇の中を手探りでドアの方に行ってみたら、アニーがかけよってきた。

寝起きな上に何が起こっているのか状況が把握できないまま、アニーを抱っこしたら泣き声まじりで

「ぱんつでしようね〜」

現在、アニーはトイレトレ中。でも寝ている間のことは気にしていません。なんとなくアニーがトイレのことを訴えたいんだろうと思ったので

「今はパンツじゃないから大丈夫だよ。だいじょうぶ、だいじょうぶ」

と言って抱きしめたら、また泣き声まじりに

「くらかったね〜。。。」

そりゃ〜暗かっただろうよ。

そのまま「だいじょうぶ、だいじょうぶ」と言い続けて、私達の布団に連れてきて一緒に寝ることにしました。


でも、私の心臓はまだバクバクしたまま。ぜんっぜん寝られません。

まず、アニーのベッドには柵があります。今までその柵に足をかけて登ろうとしたことは何度もあったけど、危ないから実際に乗り越えさせたことは一度もなかったし、アニーの足がやっとかかるくらいだから乗り越えることはまだまだできないだろうと思っていました。それが、暗闇の中でやってのけられてしまった。。。

柵から降りたときに落っこちなかったんだろうか???

さらに、私達の寝室の手前は一段廊下が低くなっています。

ここでも、段差を踏み外さなかったんだろうか?????

一体何がアニーをこんな行動に走らせたんだろう??????

なぞなぞなぞです。

一つだけ本当に良かったと思ったのは、ステアゲート(階段の降り口につけてある落下防止用の柵)が閉まっていたこと。旦那が小さい頃、今回のアニーと同じようにベッドを抜け出すことがあったそうで、念のために旦那はいつもステアゲートを閉めてくれていました。この私はアニーがベッドを抜け出すなんてまだまだあり得ないだろうと思っていたので、ちょくちょく閉め忘れあり。。。

旦那よ、またしてもありがとう。

それにしても、アニーが私達の部屋にきて最初に言った「ぱんつでしようね〜」。そんなにトイレトレがプレッシャーになっていたのかと思ったら、なんだか可哀想になってもうどうでもいいかなと思えてしまいました。

今度脱走したら、スリーピングバッグに逆戻りになるかも。

今日はみんな朝までゆっくり寝たいなぁ。

| | コメント (2)

遅れてきた夏休み〜コーンウォール旅行

9/4〜11までの1週間、イギリス西南端にあるコーンウォールに行ってきました。

国内旅行は日帰りとか1泊でちょこちょこ行っているのを除くと、一昨年のコッツウォルズ以来だっけ。

私達が住んでいるところからコーンウォールまでは車で約6時間。旦那が運転してくれました。この旅行で一番の心配事は長時間の車移動にアニーが耐えられるのかどうかということだったので、私の担当はアニーをぐずらせないことでした。当然のことながら多少グズグズしたり泣いたりすることはあったものの、行きも帰りも車内にピリピリした空気が流れることはほとんどなく済みました。帰りは事故渋滞や工事渋滞、自然渋滞にはまりまくって出発から到着までは10時間半ほどかかったけど、アニーは3時間半ぐらい寝てました。


私達が宿泊したのはコーンウォールでも西の端にほど近いCape Cornwallにある『Ros View』というホリデー・アパート。ここ、ゴルフ場の中にあって、部屋の窓からは海だけでなくゴルフをする人たちもよく見えました。宿泊費は出発の5日前くらいに予約をしたのでけっこう安くなったし。


現地で過ごせたのは丸6日。旦那に言われて気付いたのは、これが私達家族3人だけで過ごす初めての旅行だってこと。行きたいところはいくつかピックアップしておいたけど、天気や曜日にあわせて予定を決めればいいね〜ってな感じで、とてもの〜んびりとしたものでした。


これが宿泊先の窓から見える景色。

Cornwall_01

写真の右上の方ににょきっと出ているものは煙突らしいです。このあたりは昔スズ鉱業(Tin mining) が盛んだったらしく、そのためにあちこちにこういった煙突がにょきにょきとはえていました。

ある日はこの煙突を目指して歩きました。

Cornwall_04

天気はよかったもののものすごい強風でアニーが吹き飛ばされるんじゃないかと気が気じゃなかった。

途中にはウシがいたり

Cornwall_02

もともとは教会だったものと思われる石の廃屋(?)があったりもしました。

Cornwall_03


セント・マイケルズ・マウント(St Michael's Mount)という山の上にあるお城にも行きました。

Cornwall_05

(写真だと見にくいな)

ここはロード・オブ・ザ・リングにでてくるミナスティリスのモデルにもなったらしい。

Cornwall_06 Cornwall_07

潮が引いているときはビーチからこの山まで歩ける道があるんだけど、潮が満ちるとボートで行き来しないといけなくなるらしく、私達がここからビーチに戻るときはもうすぐ道が海に沈むところでした。



『Lamorna Pottery』という陶芸のスタジオにあるカフェでコーニッシュ・クリーム・ティ(紅茶と一緒にスコーンにコーニッシュ・クロテッド・クリームとジャムを塗ったものがでてくる)も食べたんだっけ。おいしすぎて写真を撮り忘れた。

Cornwall_08


エデン・プロジェクト(Eden Project:ものすごく大きい熱帯雨林を再現した温室と地中海の気候を再現した温室がある巨大な庭とでもいうような施設)にも行きました。入場チケットはスーパー等で買物をして貯めたNectarポイントで交換したので無料だったし〜。

Cornwall_09

Cornwall_10

不要になった電化製品でつくったロボット(?)がいた

私達大人は楽しかったけど、アニーはどうだったんだろう。



ミード(Mead)というハチミツから作るお酒の醸造所(ミードリー:Meadery)がやっているレストラン(Trewellard meadery)にも行きました 。

Cornwall_11

ここでは昔からのスタイルを保っていて、お料理を食べるときにナイフもフォークも出てきません。全部手づかみで食べます。

私が頼んだのは揚げたチキンのお料理だったので、手を火傷するかと思った。



晴れた日が2日あったのでビーチにも行きました。が!9月のイギリスの海で泳ぐなんて考えもしなかった私は水着等の準備をまったくしていなかった(旦那は単純にパッキングし忘れた)ので、家族全員足だけ海に入っておしまい。

Cornwall_12

入ってみたら思っていた通り水は冷たかったので、水着なんか持っていたとしても私は海には入らなかったです。

そしてこれがアニーにとっては初の海体験。恐がるかと思いきや水が冷たいにもかかわらず大興奮で笑いがとまらない様子でした。海から出る頃には着ていたものは全部べちゃべちゃになるほど。楽しんでくれてよかった。



宿泊先から歩いて行けるSt Justという町にあるレストランとチャイニーズ・テイク・アウェイの食事はイマイチだったけど、コーンウォールでコーニッシュ・パスティが食べられたし、フィッシュ&チップスはおいしかったし、コーニッシュ・アイスクリームも食べられたし、St IvesにあるTate(美術館)にも行けたし(想像していたのより小さくてちょっとがっかりだったけど)、充実したホリデーとなりました。



宿泊先の窓からはこんなサンセットを見ることもできた。

Cornwall_13


旅行の前、しばらくの間どうにもならないほどにエモーショナル(旦那に言わせるとエモーショナルではなくメンタルという言葉の方がピッタリくるとのこと)で、一人になりたいとか日本に帰りたいとかそんなことばっかり考えていましたが、パソコンもなく、テレビもほとんど見ず、旦那とアニーと3人でのほほんと過ごせたことで、私の気持ちをかなり落ち着かせることができたようです。


この旅行を計画して長時間ドライブしてくれた旦那、ありがとう。

| | コメント (2)

きっかけはエコたわしとひつじ

引き続き英語の編み物本とにらめっこしていて作業が進んでいません。

今回私がすご〜くひさしぶりに編み物を始めたきっかけはエコたわしでした。

日本にいたときは母が作ってくれてたんだけど、わざわざイギリスまで送ってもらうほどのものではないし、ネットで調べたら簡単な無料編み図もみつかったので、まず一つ作ってみました。

で、その後あまった毛糸をどうしようかと思いつつまた放置状態になりかけたときに、ふとアニーに編みぐるみでも編んでみようかなと思ってつくったのがこのひつじさん達です。

20090903_1

左が初代、右が二代目です。

初代は久しぶりのかぎ針編みで完成後に間違いに気付いた部分があったり頭に綿をつめすぎて後頭部がハゲ(というかスキマだらけ)ていたりします。顔はこっちのほうがお気に入り。

それで手足も長くして二代目を作ったら、やっぱり初代と同じ顔にはならず。。。

アニーは初代を気に入っているので、二代目は私用としてPCの横に座っていただいています。

20090903_2

おてんき、ぱっとしませんねぇ〜

| | コメント (2)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »