« 脱走兵 | トップページ | 脱走兵のその後 »

2歳1ヶ月

18日でアニーが2歳1ヶ月になりました。

20090925_1

最近よくこんなへんな顔をします

体重は12kg

身長は84cmぐらい


<この1ヶ月の初体験>


初めて海に入る。大好きだった様子。

初めてアイスクリームを味見。ぺろぺろっと本当に味見のみ。冷たいのが苦手なのか、アイスクリームはすぐに「もういらない」と言いましたが、食べ終わった後に残ったコーンをあげたらおいしそうに「あいすくりーむだねぇ」と言って食べていました。


<普段の生活>


朝は大体7時半〜8時半の間に起きます。朝のんびりな親にとってはとっても楽。


昼寝はここ最近になってしないことが増えてきました。昼寝をしないと夕食頃に非常に機嫌が悪くなるし、ご飯を食べながら寝そうになることが多いので、できればちょっとだけでも昼寝してほしいというのが私の希望。午後に本人が嫌がっても寝室に連れて行って寝かせておくと15分もしないうちに寝てしまうので、午後に何も予定が無いときは寝かせます。


夜は昼寝をしないときは7時過ぎに、昼寝をした日は8時過ぎにおやすみ。


テレビは大好きですが、一日に見る時間は長くても1時間以内にしています。テレビをつけっぱなしにしてアニー一人で見せることはせず、必ず私か旦那が一緒に、何が起こっているのか話をしながら見るようにしています。
自分が見たいTV番組等があるときは「だでぃとまみーといっしょにぴたすぃっち(ピタゴラスイッチ)みようね〜」などと番組名を指定してきます。

余談ですが、赤ちゃんのころってテレビで誰かが話している声と親の声の区別がつかないので、テレビやラジオをつけっぱなしにして本を読んだり、話しかけたりしないようにしたほうがいいっていうのを、アニーがまだまだ赤子だった頃に聞いたことがあります。


本も相変わらず好き。


「まみー、なにしてるの?」「わっちゅーどぅーいん、だでぃ?」「まみー、なにたべてるの?」等とはっきり聞いてくるようになったので大変。


最近の口癖は「かわいいねぇ」

例えば
だでぃ(まみぃ)のぱんつ、かわいいねぇ。(この“パンツ”とはズボンのことじゃなく下着のことです)
ぐれいとぐらんま、かわいいねぇ。
がいこつ(の絵を見て)かわいいねぇ。 等々。
何か勘違いしているんじゃないかと思うこともしばしば。


おしゃべりは止まりません。車に乗っているときでも、ご飯を食べているときでも、一人で遊んでいるときでも、ずーっと何かしゃべっています。これは日本語だったり英語だったりいろいろ。


食べ物は生野菜以外なら、大体なんでも食べてくれています。唯一食べてくれる生野菜はトマト。好きなものはジャガイモ、チーズ、おにぎり、豆腐、とうもろこし、パン、お好み焼き、パスタ、オムライス 等々とくだものいろいろ。煮物系は肉じゃが以外、材料不足ということを理由にして私が作らないので、好きかどうかわかりません。肉じゃがはよく食べるけど。


歌も好きなようで、プレイグループで歌う英語の歌や、私が歌う日本語の歌をそれぞれちょこちょこと覚えています。

|

« 脱走兵 | トップページ | 脱走兵のその後 »

育児」カテゴリの記事

コメント

こんばんは★mitoです!
カウプレのときはありがとうございました!
アニーちゃんかわいい~!変顔もすてき♪♪
大きくなりましたね~!
体型はリンゴと同じくらいかな?!

お昼寝しない日もあるんですね?!
リンゴは毎日絶対します!!
そのときわたしはミシンタイムなのですが★

おしゃべりも上手ですね!
英語も日本語も!!大変だぁ~!
わたしも英語もっとしゃべれるようになりたいな♪

投稿: mito | 2009年10月 2日 (金) 15時54分

☆mitoさん☆

こちらこそ、コメントありがとうございます!
へんな顔をしていてもかわいいって言ってもらえるって、子供って得だな〜。
リンゴちゃんとは1ヶ月ちょっとぐらい違うんでしたっけ?

そうなんです、昼寝しないこともちょこちょこあります。
私としては少しでもしてくれたほうが楽なので、できれば毎日してほしいんですけどね〜。朝がけっこうゆっくりだからなのかな。
mitoさんはお子さんが2人いらっしゃるのに、いろいろ作っていて本当にすごいです!!!

友達ができる年頃になったり学校に行き始めたら、絶対的に英語をしゃべる機会の方が増えるから、できるだけたくさん日本語を聞かせようと思ってハハの私は必死です〜。アニーが私の英語力を上回るのもあっという間でしょう。。。

投稿: mico | 2009年10月 3日 (土) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 脱走兵 | トップページ | 脱走兵のその後 »