« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

イチゴ収穫!

4/4に植えた一株のイチゴの苗が無事に花を咲かせて、この間の日曜に初めて赤い実を3つ(内一つは何かに食べられてしまっていた)収穫した。

結構ほったらかし(水しかあげてない)だったけどできるもんだ。

続けて今日も3つ。

嬉し過ぎて写真を撮ることも忘れて、アニーにイチゴ摘みをさせた。

アニーもおいしいと言って食べていた。

4/1に種をまいたシソも、順調に大きくなり既に何度か食卓にのぼった。

ししとうも2回目に蒔いた種がいい感じに芽を出したので、5つ元気のよさそうなのをまとめて屋内で、他の苗は外で育ててみたら、屋内のはぐんぐん背丈も伸びてつぼみがついてきた。外のはあまりいい状態ではない。伸びてないし、葉っぱもちょっと様子が変。

種を蒔いてから芽がでるまでが一番順調だったミニカボチャは、地植えしてからほとんど成長しなくなり(といっても枯れているわけではない)、収穫の期待はかなり薄い。今度やるときは土を変えてみよう。

| | コメント (0)

魔の二歳児対応

20090623_1

ここ最近、アニーに『魔の二歳児』の片鱗が伺えるようになってきました。

何か気に入らないことがあると両手をぱちんと叩いたり、これまた両手をグーにしてぶつけるのを繰り返したり、ヘッドバットすることもあるし、「なんでよ〜!!!!!(「イヤ」という言葉を知らないため気に入らないことがあると「なんで」と言います)」とか「No!!!!!」と絶叫したりします。

まだ2歳になっていない子供のすることなんだからハイハイっていう大らかな気持ちでこれに対応したいと思ってはいるんだけど、私自身、非常に短気なのと、体調があまり良くなかったりすると、アニーのかんしゃくに触発されて私も大声をだして怒ってしまうことがしばしばあります。

そういうことが起こった後は、(私の体は成人の標準サイズと比べると小さいけど)2歳前のアニーにとっては大きい私に大声を出されたらびっくり&恐怖だっただろうなと思って、かんしゃくをおこしたアニーにも「ごめん」を言わせて、私もアニーに対して「ごめん」と言ってギューッと抱きしめておしまいにすることにしています。

それでも、数時間後や翌日には同じことを繰り返してしまうこともあり、どうして自分の子に大してもっと大きな気持ちで接してあげられないんだろうと一瞬悩んだりすることも多々。反省の毎日です。

私が一番キレるのは、食事を食べない時。何度か繰り返しているうちに気付いたのは、自分が作ったものに対して「まずい!」というあからさまな態度をとられた経験が無かったのが一番の理由かなということ。最初のうちは「自分で飯の支度ができるようになってから文句言え〜!!!!!」と怒り心頭でしたが、最近は「食べないならデザートも無しね〜。ふふん!」とキレるよりも意地悪さを増した感じです(これでいいのか?)。

アニーが2歳前なら、私も母親になってまだ2年経っていない。子供とこうして日々の生活でぶつかりあいながら、私ももっとまるくなっていくしかないのかなと今は思います。こんな未熟で短気で子供みたいな母で申し訳なくなってしまうけど、アニーにはこんな母につきあってもらうしかないんだよね。

| | コメント (0)

日本語強化月間

というのは大げさだけど、ここ最近日本語で話す機会が多いのです。

アニーが生まれる前までは、イギリスに住む日本人の方々のブログを読んだりするだけで、私の住んでいる町に知合いは皆無だった。

それがアニーをプレイグループに連れて行くようになり偶然二人の日本人ママ(そのうちのお一人は引越してしまったのだけど)と知合い、その方達のお知り合いの方をまた紹介してもらったりして、日本語を話す機会が一気に増えた。

そしてそして、徒歩で行き来できるくらいのご近所に住んでいるのに、今までに数回しか見かけたことが無くて、その数回もお互いに「日本人かな。。。?でももしかしたら中国人か韓国人かもしれない。。。」と思いながら声をかけられずにいたKさん&3歳の息子君と2週間ほど前に一緒にランチをすることができた(Kさん宅にお邪魔した)。お互いに、こんなに近くに住んでいるのに会わないもんだよね〜といいながら、3時間ほどしゃべり倒してきた。

その1週間ほど後には、私と同じ北海道出身で同じ町に住んでいるMさん&2歳の娘さんと一緒にランチ(狭い我が家にご招待)。アニーにあんぱんまんのおせんべいと、私に貴重な納豆と、食後のデザートを手みやげにいただいてしまったのに、なんとも貧相なランチしか用意できなかった。。。それはまぁおいといて、この日もあっという間に時間がすぎてしまった。

そしてこの間の土曜に、ブログを通して知合ったIzzyさんに会いに行ってきた。この日は旦那がでかけていていなかったので、アニーを連れて初めて電車に乗った。最初はドキドキだったけど、アニーが初めての駅、電車に興味津々でいい子ちゃんでいてくれたので、約1時間の旅はあっという間だった。

Izzyさんと駅で会い、ぷらぷら歩きながら某コーヒーチェーン店でひとやすみ。私はアニーをほったらかしでしゃべる。

初対面なんだけど、お互いのことをブログから知っていたりするので、知らない部分を埋めるような感じでお話をしていた。

お茶をした後でまた市内を少し歩いて、外のベンチに座ってまたしゃべるしゃべる。

その後カフェに入ってちょっと遅めのランチをしたら(ごちそうになっちゃった)、もう帰る時間になってしまった。。。

見知らぬ人には警戒するけど慣れると一緒に遊びたがるアニーは、最後の方ではIzzyさんと手をつないで歩いていた。

この日も時間はあっという間。まだまだ話したいことがあったような気がするから、また是非是非会いたいなと思いながらお別れした。

日本語で話せる機会を持つことは、アニーがしゃべるようになってきた今は特に重要だと思っている。私にとってもアニーにとっても、日本人のお友達は貴重な財産です。

| | コメント (0)

22ヶ月(1歳10ヶ月)

相変わらずサボり続けていますが、これだけは一応更新しておきます。


アニーが18日で1歳10ヶ月になりました。

20090621_1

体重は11.0kg。ずっと変わらなかった体重がやっと増えたのはいいんだけど、ズッシリ感も当然ながら増しました。もう長い間は抱っこできないし、自分の腰も気にしないとちょっと恐くなってきた。

身長は81cmくらいだと思う。

この1ヶ月で新しい歯が1本(13本目)増えました。


もう結構前のことだけど、天気のよかった日曜に家族で公園に出かけた時、走って勢い余って転んで、ひざ、手、顔を地面について大泣きしました。鼻の頭を派手にすりむき(上の写真はその翌日に撮ったもの)、最後におでこを打ったのでコブができるし、1週間くらいは女の子とは思えない顔をしていましたが、さすがに傷の治りが早いのですぐにきれいに治りました。

他にはソファと壁の間に落ちて泣いたり(落ちたときに同じ部屋にいなかったので、どこから泣き声がしているのかすぐにわからなかった)、ダイニングチェアにのぼって旦那のPCをいじったりしていたこともあり、ヒヤヒヤさせられることも時々あります。

トイレトレはまだまだ始めていないけど、ウ○チはときどきする前に教えてくれて、トイレでできることがあります。おしっこはする前どころかした後のことも教えてくれる気配は全くありません。


これ以降は成長記録なので興味のある方だけどうぞ

続きを読む "22ヶ月(1歳10ヶ月)"

| | コメント (0)

パン3種

書きたいことはいろいろあるのに、ボケボケしてたら6月になってもう1/3が過ぎようとしています。

今年も折り返し地点が近づいてきたんだわ〜。早い。


本題はパンのことです。

結構前に『seaweed bread』を作って、その後も同じレシピ本からいくつか作ってみました。これが自画自賛したくなるほどにおいしかったのでまたレシピをメモしておきます。


20090607_1

これはバターロールっぽい中がふっかふかのパンです。本によると『pain viennois』というそうな。バターと卵を使っています。
レシピだと5本細長いパンができるはずだったんだけど、トレイがちっちゃすぎたのとこんなに膨らむと思っていなかったので、できてみたらちぎりパンみたいになっちゃった。

できたときはこんなに作って食べ切れないと思ったけど、おいしすぎて翌々日にはなくなっていました。

(レシピはコチラ



20090607_3

これは『ベーコンスライス』。

その名の通りベーコンが入っています。他にはベシャメルソース、チーズも。

基本の生地は上の『pain viennois』と同じ。できてみたら1つ1つがでかかったけど、これもおいしくて翌日には無くなった。

そして同じ生地でおまけにつくったのがコレ。


20090607_2

ぶぶぶぶー。ブサイク。

一応アンパンマンなのです(アホの坂田みたいに見える)。アンパンマン好きなアニーのために作りました。

優しいアニーはこんなぶさいくでもコレを見て「あんぱんま〜ん」と言いながら嬉しそうに、そして顔がなくなっていくとちょっと悲しそうな顔もしつつ食べてくれました。

20090607_5

(レシピはコチラ


20090607_4

これは一番最近作ったもの。本によると『bread shots』と命名されています。

真ん中にはペストソースとチーズが入っています。これも真ん中にいるのはアンパンマン(今回のは前回のよりいい出来)。

これもレシピには30個できると書かれていて、そんなに食べ切れないと思っていたけど、半分をパート・ベイクド(焼く時間を半分にして取り出し冷蔵保存しておいて、食べるときに残りの時間分また焼き直す)にしたのと、思いのほかおいしかったのでこれまたすぐになくなりそう。

(レシピはコチラ



このパンのレシピが載っている本は図書館で借りてきた物で、その名も『DOUGH』。今回のブログで作ったパンのすべてが、今までパン作りをしたことがない私がつくったものにしてはおいしすぎる!と自画自賛したくなっちゃうくらいおいしくできました。これは誰かにおすすめしたいレシピです。

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »