« “ギ”ってナニ? | トップページ | 7月なのに »

入院期間

到着から566日
本日のお天気:雨とくもりと晴れ
日の出 04:48 日の入 21:30

出産のための入院準備品をネットで日本語で調べることはできるけど、ここは英国。なので、今までにもらった本などを参考にして買っておかなきゃならないものなどをリストにしてちょこっと買いはじめてみた。

赤ちゃん服などはありがたいことにいただきもので最初の間は間に合いそうだけど、私のものは自分で買わねばならない(当たり前)。んで、随分前から気になっていたのが、日本語で調べるとほとんど『産褥ショーツ』っていうものが準備品リストにはいっているけど、こっちにはそういったものがリストにも無いし、マタニティショップでも見かけることすらない。あるのは『使い捨てショーツ』。この違いは何なのかと考えたら、もしかすると入院期間の違いが影響しているのかもしれないと思いはじめた。

何度も書いているけど、こっちでNHSの病院で出産する場合診察もお産も無料。そのかわり、無駄は極力省いているという感じがする。妊娠期間中の超音波検査も基本は2回だけだし。んで、この間の初めての母親教室で入院期間がどれくらいなのかという質問をした人がいて、その答えが

もちろん場合によりますけど、赤ちゃんも母体も健康なら大体1泊するくらいでお家に帰れますよ。朝早い時間に出産したら、本人の希望次第でその日の夕方に帰ってもいいっていう許可がでる場合もありますから。

ということだった。

入院期間は短いらしいとはなんとなく知っていたけど、これほど短いとは本当に驚き。だから産褥ショーツはいて看護士さんにお手当していただく時間なんて無いっていう感じがする。使い捨てパンツとか使って自力でケアしてね。という感じ。

実際のところどうなるのか興味津々。

|

« “ギ”ってナニ? | トップページ | 7月なのに »

マタニティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “ギ”ってナニ? | トップページ | 7月なのに »