« 7月なのに | トップページ | おもてなし »

母親学級〜2回目

到着から568日
本日のお天気:くもり一時雨
日の出 04:50 日の入 21:29

先週金曜に引き続き母親学級に行ってきた。今日のテーマは『痛みを和らげる方法について』。これも今までにもらった本とか、私が妊娠初期に不安になったときに読みふけって気持ちが楽になったpochiさんのブログ『★★イギリス子育て AtoZ ★★』などでなんとなくどんなものがあるのかは知っていた。

いくつかある方法を痛みの和らぎ具合に沿って説明してもらって、本で読んだだけよりもわかってきたかなという感じ。ただ、他に これは知らなかった と思うことがいくつかあった。

まずは、バランスボール(スポーツジムとかにある直径60cmくらいのボール)に乗って腰を動かしたり、膝をついてボールに肘をのせて少し前傾姿勢になったりすることが、お産を楽にするのに役立つらしい。私、マイボールを持っているからこれを聞いた時 こりゃ、使える! とかなり嬉しくなった。

あとは、病院についてからもじっと待ってないで、動き回って体勢をちょこちょこ変えながら楽な姿勢をそのつど見つけてくださいと言われたこと。歩き廻ったり、四つん這いになったりして、重力も利用して赤ちゃんが出てきやすいようにしてくださいと言われた。なんだか私の中にあったお産のイメージがどんどん(良い意味で)崩されていく。

他にも、お産に付き添う人がいる場合はその人にしてもらうと楽になるマッサージの方法をいくつか教えてもらって、旦那に覚えていただいた。

来週は『母乳育児について』。この間、別なのに行ったけど来週のも一応行ってみる予定です。

---

以下は自分用メモ

  • TENS
    低周波治療器みたいに、腰とお尻の上の方に貼付けるパッドがあって、電源をいれると体内で鎮痛効果のあるエンドルフィンを分泌させるらしい。でも自分で予め買っておくかレンタルしておく必要があるらしい。

  • Entonox (gas)
    50%の酸素と50%のnitrous oxide(笑気ガス)を混ぜたもの。陣痛が始まってからいつでも使えるらしい。

  • Pethidine
    注射で注入するもの。昔は誰でも使いたがったけど最近ではちょっと時代遅れの傾向にあるらしい。

  • Epidurals
    いわゆる無痛分娩に使う薬と同じっぽい。背中に細いチューブを差し込んで薬を注入して痛みを消す。ほぼ完全に痛みを感じなくなるが、いきむのが難しくなったり、血圧が急に下がったりするなどの副作用が出る場合があるらしい。Birth Centreでは使えないのでEpiduralsを希望するなら病院内に移動しなくてはいけない。

|

« 7月なのに | トップページ | おもてなし »

マタニティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 7月なのに | トップページ | おもてなし »