« マーケットにて - その4 | トップページ | 助産婦と会う »

Stuffed Peppers

到着から397日
本日のお天気:雨のちくもり
日の出 08:08 日の入 16:20

仕事の後でジムに行って帰ってくる予定の旦那の晩ご飯を考えて『Stuffed Peppers』を作ることにした。日本だと『ピーマンの肉詰め』になるけど、こっちでは詰める物が肉ベースの具だけでない場合もあるのでうまく訳せない。

旦那がジムに行く日は、晩ご飯を赤い肉ベースの料理にすることが多い。んで、しばらくの間、バーガー(ハンバーグを作って、バーガー用のパンとスライスチーズなどを用意するだけ)ばっかりだったんだけど、私が飽きた。

今までに、日本でいうピーマンの肉詰めと、詰め物が野菜とチーズの物を作ったことがあったが、これまたどっちも気分じゃなかったし冷凍してある牛挽肉を使いたかったので新しいレシピを探してみた。そして見つけたのがうまかった。

見つけた先はココ
http://www.aspoonfulofsugar.net/blog/2004/07/stuffed_peppers.html

書かれているレシピでは既製のトマトソースを使うようになっているんだけど、家に無かったしめんどくさかったからケチャップとトマトピューレを使った。あと、basmati rice(インド料理とかタイ料理に使われる米)を使うようになってるけど、これも冷凍してあった残りのご飯(日本のと同じ米)を使った。

簡単に私が作ったやり方(二人分)をメモっておくと、

  1. オーブンを230℃くらいで余熱しておく。
  2. 赤かオレンジか黄色のピーマン(パプリカって呼ばれるやつ)2個を半分に切って種を取る。ラップをして電子レンジ(うちのは700W):強に1分かける。
  3. ニンニク1片をガーリックプレスでつぶす(か、みじん切り)、タマネギ半分をみじん切りにして、オリーブオイルで炒める。そのフライパンに170グラムくらいの牛挽肉を加えていい感じに炒まったら、パセリ(適当)と、パプリカ(調味料の赤い粉)を小さじ1と、塩小さじ1/4と、こしょう(適当)、ご飯(適当。私が使ったのはお茶碗1杯分くらい)、ケチャップとトマトピューレ(適当)、パルメザンチーズ(けっこうたくさん)を加えてまぜる。
  4. 3でできた物を、2のピーマンに詰めて、オーブン用のトレイに乗せてアルミホイルをかけて、230度のオーブンで20分焼く。20分後にアルミホイルを取ってさらに5分焼く。

という感じ。

オーブンがなければ、フライパンで焼き色を付けるくらいでもいいような気がする。日本のピーマン(緑でちっちゃいの)だと詰めるのがめんどくさいけど、こっちで買うのはどれも大きいのでたいしてめんどくさくない。おいしかったし、一個がなかなかでかいし、ご飯もはいってるので、ジム帰りの旦那にも十分な量になった。よかったよかった。

|

« マーケットにて - その4 | トップページ | 助産婦と会う »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マーケットにて - その4 | トップページ | 助産婦と会う »