« リスだらけ | トップページ | テスト嫌い - 続編 »

テレアポ対策

到着から285日
本日のお天気:晴れ

先日、うちにテレアポの電話がかかってきた。
私が(めずらしく)最初に電話をとったんだけど、(はずかしながら)何を言ってるのかよくわからんかったので、旦那に代わってもらったらその後の会話がおかしかった。

(相手がなにやらしゃべる)

旦那:あのー、何か売りつけようとしてます?

(相手がなにやらしゃべる)

旦那:いやいや、何か売ろうとしてますよね?

(相手がなにやらしゃべる)

旦那:ほら!!何か売ろうとしてるじゃないですか!!!

(相手がなにやらしゃべる。たぶん、私は何も売ろうとなんてしてませんというようなこと)

旦那:はいはい。じゃあ、何の用なんですか?

(相手がなにやらしゃべる)

旦那:やっっっっぱり、新しい電話のサービスを売りつけようとしてるじゃないですか!!なんて嘘つきなんですか!!!あなたわ!!!ホントに大嘘つきだ!!!

というような感じで電話を切っていた。最初、何が起こっているのかわからなくてびっくりしたけど、最後の方はおかしくてたまらんかった。

テレアポっていうものがどうして存在するのか私には理解できない。というのも、上記の通り旦那は相手をからかったりするし、私自身はあからさまに嫌な応対をする。(ぜったいにありえないけど)私がこの仕事をしていたら、私たち夫婦みたいなところには絶対に電話をかけたくない。

この電話の後も私が一人のときに何度か同じような電話がかかってきたけど、その後は

英語がわからないので。すみません。

と英語で言って一方的に電話を切ることにしている。

どうやら、前に使っていて倒産したISPが顧客データを売ったらしく、それで電話関連の会社からこういうセールスの電話がかかってくるようになったということみたい。

データ売るなよ。まったく。

|

« リスだらけ | トップページ | テスト嫌い - 続編 »

UK life」カテゴリの記事

コメント

micoさんのだんな様のからかいたいって気持ち、分かります。私が一度やってみたいのが、回線が悪い振りをして切る、というもの。実際やったことはありませんが。

投稿: Izzy | 2006年9月27日 (水) 17時56分

ぜひ今度やってみてください(そういうお仕事してる人にはもうしわけないけど)。
義父はテレアポだとわかると「この家のオーナーにかわるから」といって、電話をつないだまま受話器を放置するらしいです。私もこの電話以降日本人だとか中国人だとか言って、英語がわからないふりをしてみてます。

投稿: mico | 2006年9月27日 (水) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リスだらけ | トップページ | テスト嫌い - 続編 »