« すきなCM | トップページ | 記録更新 »

初のEnglish Summer

到着から215日
本日のお天気:晴れでまた暑い

しかし先週末から暑い。空気が乾いているとはいえ、私の地元の北海道と同じくこっちの一般家庭にはエアコンっていうものがないところが多い(はず)。なので家の中では窓を開けて風を通すとかカーテンを昼までも閉めちゃうとかいう対策しかできないんだけど、窓には網戸っていうものもついてないからまぁ虫もよく入ってくる。昼間の気温が30℃を超えても朝晩になると外はわりと涼しくなるんだけど、私たちが住んでいるフラットはどうも風の抜け具合があんまり良くないのとあったかい空気がリビングにとどまってくれるので、英国にて初めて迎える夏にすでにちょっと苦しみ始めております。

既に今年は6月から30℃近い気温になる日が数日続いて、その後で天気が崩れるっていうサイクルを何度か繰り返している。今回のこの暑いのも明後日には雨の予報になっているからそれでまた落ち着くんだろうと思うけど、明日はどうやらロンドンあたりでは最高気温が36℃前後の予報になっている。私たちが住むあたりの街も同じくらいになるだろうとのこと。。。英国の7月の最高気温が(確か)1911年に記録した36℃だそう。その記録を超えるかどうかっていうことが、今日から天気予報でいわれ続けていた。(ちなみに観測史上最高気温は38.1℃だそう)

晴れて気温も高くて、ベランダの無いうちにとっては大きい洗濯物もすぐ乾くからいいんだけど、エアコンが無いのはつらいわ。。。

ところで、暑いっていうことに関連して、今日アマゾンの熱帯雨林が少なくなってきているっていうニュースを見た。このままのペースで温暖化がすすんで熱帯雨林がなくなったら今世紀中には完全に消滅してしまうだろうという予測のようなことを言っていたと思う。自分たちの孫か曾孫の代くらいにはそういう世界になると思うとコワい。

最近、村上龍:著 はまのゆか:画 の『あの金で何が買えたか』という絵本を読み直した。バブルがはじけた後にいろいろな銀行に投入された巨額の公的資金や倒産した会社の負債と同じ金額で何か買い物をするとしたら何が買えるかということが描かれている。その中のひとつに

アマゾンの森調査・復元プロジェクト 252億円

という項目があったのを思い出した。経済のことにはまったく詳しくないが、少し前(2ヶ月くらいだったかな)に日本のいくつかの銀行が過去最高益を達成したというニュースを読んだ気がする。公的資金投入してもらって、んで今利益がでてるなら、税金をわけてもらった分今度はそれをせめて国民に還元するか、“アマゾンを救う!”っていうようなみんなのためになることにその利益を使ってみたらどうなのかね。

文庫改訂版 あの金で何が買えたか―史上最大のむだづかい’91~’01 Book 文庫改訂版 あの金で何が買えたか―史上最大のむだづかい’91~’01

著者:村上 龍
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« すきなCM | トップページ | 記録更新 »

UK life」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« すきなCM | トップページ | 記録更新 »