« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

帰省

到着から197日
本日のお天気:晴れ

明日、旦那の幼なじみが結婚する。
そのレセプション(二次会みたいなものかな)に招待していただいたので、午前中に旦那の実家に帰省した。が、ここでまた最初の列車が遅れた。私たちの住む街から旦那の実家に近い駅まで行くにはだいたい2回の乗換が必要になる。それもそれほど頻繁な列車への乗り継ぎじゃないので、長い時は1時間近くの待ち時間が発生することがある。今日の予定では一回目の乗継ぎ時間は7分。そして最初の列車は9分遅れた。。。

またかよ。。。

イースターホリデーで帰省した時もそうだった。まぁでも今回は30分程度の待ち時間で次の列車に乗ることができた。

今日かわいそうだったのは義弟。私たちが到着する駅まで迎えにきてくれることになっていたんだけど、旦那が途中で送ったテキスト(携帯専用のメッセージ)がどうやら受信できなかったらしく、私たちが遅れていることに気づかず時間通りに迎えにきてくれた。私たちは予定より1時間遅れてしまったので、申し訳ないことをしてしまった。

旦那のご両親がお仕事から戻って再会。このお家はみんな優しくて本当に居心地がよい。帰省したときに恒例になりつつあるインディアンレストランから持ち帰りでカレーを頼んでまた腹一杯食べた。

明日はイングランド対ポルトガルの準々決勝。いい試合を見て、レセプションに行けることを願う。。。

久々に会った旦那の実家の猫:ヘンリーさん。相変わらず不機嫌そうでそれがまたかわいい。

20060630henry

| | コメント (0)

すぐれモノ

到着から196日
本日のお天気:晴れ

20060629dv この写真のモノ。『アナログ-DVコンバータ』というもので、日本で買ってもってきた。大きさは15cmx8cmx2cmくらいのちっちゃいものだけど、いい仕事をしてくれる。
これをPCとビデオデッキにつなぐと、ビデオテープにとってあった昔の映像をPCに取り込んで動画ファイルにしたり、DVDにしたりできる(らしい。DVD-Rは持ってないの)。

W杯の試合が毎日でなくなってきたら、なんだかちょっと気が抜けてしまったので、ちょっと試しにコレをPCにつないでみた。そして20年前のビデオテープからチェッカーズのシーンを取り込んでみた。無事にファイルは完成。ただ、ビデオからPCに取り込む時は未圧縮の状態だから3分くらいでも1GBを余裕で超えてしまう。作業をちゃんとやろうとおもったら、でかいHDDが必要になる。でもこれで、ごちゃごちゃとたまったビデオが少しは整理できるかな。

ちなみに、ビデオデッキも日本でつかっていたのを持ってきた。というのも、日本と英国ではテレビの映像方式が違う。だから日本のビデオテープを英国のビデオデッキにつっこんでも再生できない(両方の方式に対応しているプレーヤーなら別)。DVDも同じ。だから、英国に旅行に来て“DVDが安いー!”とか“日本でまだ発売してないやつ!”と思って買って行っても、自分の持っているプレーヤーがPAL(英国の映像方式)に対応していないと再生できないので注意が必要です。

| | コメント (0)

手紙好き

到着から195日
本日のお天気:くもりのち晴れ

イギリスにきてから“これはいいことだ”と思うことの一つに、家族や友達の誕生日なり結婚式などのイベントがあるときに、カードを渡す習慣があるということがある。それもあげる本人に会えないとき以外は、郵送するんではなくて直接手渡しする。カード屋さんも多いし、誕生日のカードは区切りのいい年齢:例えば1歳用、10歳用、21歳用(成人の年齢)のものとか、父用、母用、兄弟用、姉妹用など誰宛なのかにもわかれていたりする。

私は高校を卒業してすぐに家を出てから家族とはずっと離れて暮らしている。んで、いつの頃からか、母と姉の誕生日にはできるだけカードだけは送るようにしていたから、こっちのカードを送る習慣に違和感はまったくないんだけど、誕生日を迎える友達にその当日に会うときに、プレゼントが用意できなくてもカードだけは渡すっていうことは無かったので、この習慣は“とてもいいんじゃない”と思っている。

基本的に、私はカードや手紙を書くのももらうのも好き。そして手書きがいい。まだ若かりしころは好きなバンドのメンバーやら追っかけしてたバンドのメンバーやらにファンレターなんてかわいらしいものもかいてた。ホントによく書いてた。アホかと思うくらい書いてた。趣味は手紙って言えるくらい書いてた。(しつこい)
とにかく、手紙にしてもカードにしても、送る相手のことを考えて便せんやカードを選んだりするし、かわいいレターセットを見つければ嬉しくなってついつい買っちゃったりもしていた。手紙やカードをもらえば開けて読むときはなんとなくワクワクするし、読んで泣くことも笑うこともある。そして、いつの頃からか、もらった手紙が捨てられなくなった。今でも実家の二階の四畳半の部屋の押し入れの段ボールには、高校生のときに授業中にまわしたメモみたいなものまで残っているはず。。。帰国したときには、こっちに持ってこようかなと思っている。

最近、日本の友達にカードを書いた。届いたっていう連絡がきて“あぁよかった”となぜか自己満足で嬉しくなったりもした。

メールも、今は家族とも友達とも離れていても簡単に連絡をとることができるから便利だし、もらえば嬉しいんだけど。それでも手紙とかカードを送ることはこれからも続けていきたいなーと思っている今日この頃です。

| | コメント (0)

フランス対スペイン

到着から194日
本日のお天気:くもり

特にどっちを応援していたわけではなかった。どっちにもいい(好きな)選手がいるから、どっちが勝つのかがとても気になっていた。

が、試合開始前に旦那が

フランスが勝つと思うよ

と言った。旦那は以前、フランスチームには決勝トーナメント進出してほしくなかったと言っていたので、このコメントはめずらしいなぁと思っていた。それで、ナゼかをきいてみたところ、

スペインはどんなにいい調子に見えても、ワールドカップの決勝トーナメントで勝ち残ったことがない

とのこと。確かに、歴代の優勝国にはスペインの名前はない。

前半はほとんどみられなかったが、私が見始めたときにちょうどフランスが1点目をとって1-1になったところだった。そして後半は同点のまま両チームとも互角にみえていた。
しかし、83分にビエラ続いて90分にはジダンのゴールが決まり、3-1でフランスが勝った。どっちも好きなチームだったからこそ、どっちかしか次に進めないっていうのは見てる方も辛いね。

次は金曜のドイツ対アルゼンチン戦。どんどん緊張感が高まってくる感じです。

| | コメント (0)

イタリアのワナとウインク

到着から193日
本日のお天気:くもり

今日のイタリア対オーストラリア戦。開始時間を忘れて買い物にでかけてしまったので、最後の30分くらいしかみれなかった。
スコアは0-0。特にどっちをサポートしているわけではないので“初の延長戦になるのかな〜”なんて思っていた92分のとき。ペナルティエリア内でイタリアの選手が倒れた。

その時の解説。

これは、ファウルではないですよね。ダイブですよ。

でも主審はファウルをとった。そしてイタリアのPK。これが決まらなければ延長戦という状況で、トッティが決めて1-0となった。

試合後のスタジオでの解説のときも、あのシーンがファウルかどうかという話にはなったけど、ある一人の出演者が、

確かにあれはイタリアのダイブだけど、あの地点でオーストラリア選手がああいうコンタクトをとったのがミスだった

というようなことを言っていた。

フェアじゃないと思うけど、それも作戦のひとつなのかしら、、、とちょっとすっきりしないゲームだった。

そして今日の二試合目、スイス対ウクライナ。実は途中で眠くなっちゃってほとんどみてないんだけど、結果を見てみたらまたしても私の予想が的中。スイスの選手の一人が、また国歌斉唱中にまわってきたカメラにむかってウインクしたの。しかも長いやつ。今回のワールドカップの第二試合目でも同じことがあった。(このブログにも書いた。)ポーランド対エクアドル戦で、ポーランドの選手が同じことをしてて、試合ではエクアドルが2-0で勝っていた。スイスの選手がウインクしたのをみたとき、

あ〜あ、やっちゃった

と思わずにはいられず、その後もウトウトしながらスコアを気にしてはいたんだけど睡魔に勝てず、後のニュースでみてみたら結果は0-0の延長戦のあとのPK戦でウクライナの勝ち。

私が見てない試合で同じことをした選手がいるチームが勝ったことってあるのかな。どっちにしても、私の中では“ピッチでウインクすると負け”というジンクスができあがりつつあるよ。

| | コメント (0)

勝ちは勝ち。そして16枚のイエローカード。

到着から192日
本日のお天気:晴れ

イングランドは今日のエクアドル戦に勝ち、土曜の準々決勝へ進むことになった。
ベッカムのフリーキックからの1点を守りきっての勝利だったけど、友人たちにしてみると、今日のような試合では次は勝てないという不安を残した試合だったようだ。でも、勝ちは勝ち。次の対戦相手はその後のオランダ対ポルトガル戦の勝者。

そっちも気になるので、イングランド戦の後にBBQで腹ごしらえをした後で、みんなでその試合も観戦した。こっちは非常に恐い試合だった。まさにケンカ寸前というかんじ。ラグビーみたいなタックルはあるわ、フィーゴはヘッドバットするわで終わってみたら16枚のイエローカードと退場者4人。サポーター達はどんどん退場者がでちゃうので、ハラハラだっただろうな。

結局、試合にはポルトガルが勝ち、イングランドは今度の土曜が次の試合となった。

この日、私たちは旦那の幼なじみのウエディングパーティに出席予定のため、試合を旦那のご実家でみることになる。義父はかなりエキサイトするらしいので、その姿をみれるのもまた楽しみではあるんだけど、この日かわいそうなのが義弟。彼はフットボールが見るのもやるのも大好き。なのに、、、その日結婚するフットボールにもワールドカップにも興味の無いカップルのusher(アッシャー:受付みたいなもんかな。花婿の手伝いをする人らしい)を頼まれているらしく、イングランド戦を見ることができないそうだ。義弟だけでなく、他にもこの試合を見たくても見れない結婚式参列者がいるだろう。。。

なんとも気の毒。

| | コメント (0)

長州小力の『t.A.T.u.』か?

到着から191日
本日のお天気:晴れ

旦那と友人トムと3人でパブに向かった時のこと。

シティセンターにいわゆる女子高生風の制服姿の二人の女の子がいた。
ブラウスの裾を80年代の服装みたいに胸の下あたりで結んでおなかを丸出しにしてるんだけど、、、体型が長州小力なの。
格好は数年前に流行ったロシアの『t.A.T.u.』そのものなんだけど、あまりのビールっ腹具合に“それはウケねらいなの?”と思ってしまう。“ヘソだし”ではなく、“おなか丸出し”っていう表現がまさにぴったりくる感じなのです。男の子を意識しているとしたらそれは逆効果なんではないかとか、大きなお世話でもそう思わずにいられない女子だった。

ところで、明日はイングランド対エクアドル戦。
友人宅で観戦後は天気がよければ恒例のBBQ。イングランドが勝って、おいしく肉やソーセージを喰らいたい。

| | コメント (0)

嬉しい結果

到着から190日
本日のお天気:晴れ

昨日の日本の敗戦の痛みはまだあるにしても、今日のグループGの結果はとても嬉しかった。フランスが決勝トーナメントに進出する!最初は不安だったけど、2-0という結果で終わって本当に良かった(旦那は私がフランスをサポートしていることが気に入らないらしいが。)。スイスもよくやった。いやー、良かった。本当に良かった。

そして、随分前に書いた『コンピレーションCD作成中』の記事の結果がでたらしく、なんとも私が作った邦楽のコンピレーションが一位になったらしい!これの結果は(バドミントン以上に)全然期待していなかったから、一位に選ばれたと知って本当に驚いた。何が友人たちの気に入ったのかわからない。それがちょっと気になる。

なにはともあれ、今日はいろいろ嬉しい結果が出た日だったのだ。

| | コメント (2)

グループF最終戦

到着から189日
本日のお天気:晴れ

日本では朝4時開始だった今日のグループF最終戦を見た人たち、おつかれさまでした。

結果はここに書くまでもない。やり直しはできないんだし、もうあれこれいうこともないけど、一つだけ書いておきたいのはせっかく先制していいスタートを切れたのにそれを守りきれなかったことがとても残念だったということ。誰か一人だけが良かったわけでも、悪かったわけでもないだろう。

いろいろ書こうとしてもありきたりの文章しかならばなそうなので、日本対ブラジル戦については書きません。

あ、でも一つだけ。今日サブで試合を見ていたロベルト・カルロスがベンチ前で横になってまるでじぶんちのリビングで試合観戦しているようなくつろいだ様子でいるのをテレビにとられていた。何度か“ロベカルがすてきだ”って今まで書いてきたけど、そのときはちょっと憎たらしかったわ。

同時刻に始まったクロアチア対オーストラリア戦では、主審が信じられない間違いをおかしていたらしい。クロアチアのシムニッチに3回イエローカードをだしたらしい。2回目のイエローのときに、シムニッチ自身もこの試合で2枚目なのに気づいて退場しようとしたみたいなんだけど、主審がレッドカードを出さなかったのでそのまま試合を続けて、3枚目にイエローをもらったとき(これが試合終了間際)にやっと主審が退場を言い渡したということ。信じられん。

今日の結果でグループFからの決勝トーナメント進出はブラジルとオーストラリアに決まった。ブラジルは前回の覇者とはいえ、前回と同じだけの強さというか恐さがやっぱりまだ見られない。ロナウジーニョは前回よりも恐いと思うくらいうまいけど。彼はいつでも楽しそうにゲームをやってるよね。だからなのか、バルセロナの試合を見るのもブラジル代表の試合を見るのも、(今日を除いて)ワクワクする。きっと、彼は本当に楽しんでるんだろうな。素晴らしい選手だ。

とにかく、私にとってはこれからはイングランドをサポートするワールドカップとなる。次の試合は日曜。楽しみというより、恐いね。

<かなり余談>
いままでのところでとても気になっている人たち。

ロナウド:久保田利伸が太った感じ。今日の解説でも“ダイエットが必要です”とか言われてた。

リケルメ:試合中いつもいじめられっこみたいな顔してんの。“お前、山崎(私の地元の人にしかわからないネタ)行ってパン買ってきて”って言われて“えぇ〜。。。”って言ってるコみたい。うまい選手だとはおもうけど、試合中の表情がロナウジーニョとは正反対。

ソリン:この名前を聞くと小倉優子を思い出すのは私だけ?

| | コメント (2)

勝ち日

到着から188日
本日のお天気:くもりで寒い

私のバドミントンのこと。

今日、私たちのシングルスマッチの最終戦があって、私は私と同じく全敗中の女子とのゲームがあった。まぁ、最下位決定戦みたいなもんだったんだけど、前回の試合で他の女子に1-15というスコアで負けていたので、できれば今日は勝ちたかった。最下位でも“一番年寄りだからしょうがないよね”って開き直れたかもしれないけど、でもちょっと勝ちたかった。

いつも、3つのコートを一時間借りて約10人くらいでシングルスのゲームをやったりダブルスを適当に誰かと組んでゲームをしたりするんだけど、今日は最初にダブルス、次に最下位決定戦のシングルス、そして最後に対旦那とシングルスのゲームをやった。

そしたらなんと、全部勝った。

これは本当に快挙。どうした、私!って感じ。

最近、どうも調子が悪いというか、気分が乗らないというか、低調だった私のリズムがコレを機に回復してくれたらいいんだけど。まぁ、もともととても単純な人間だから、一つ嫌なことがあればその出来事からどんどん悪いことばっかり想像して自分で自分を追い込む傾向があるのに対して、一ついいことがあったらもう目の前の霧が一気に晴れたようにすがすがしい気分になれるので、たかがバドミントンといえど今日のゲームは良かったのだ。

明日は日本対ブラジル戦。このいい気分のままでしかと見届けてやるぜ。

ところで、ワールドカップの年だからか、期間中だからか、テレビCMにでてるのがフットボール選手だらけ。日本だとどうなんだろう。ペプシ、プリングルス、アディダスあと、、、思い出せないけど昨日は確かヒデ(中田選手ね)を何かのCMで見た気がする。プリングルスのジェラードはかわいい。でも今一番好きなのは、ペプシかな。ラウール、ロナウジーニョ、ベッカム、ロベルト・カルロスと他にもたくさん思い出せないくらいの選手が出ていて、みんなかわいいの。特にロベカル。すてきです。

| | コメント (0)

38年振りの勝利ならず

到着から187日
本日のお天気:晴れ

今日のグループA/Bの試合の結果で、イングランドは次からの決勝トーナメントの初戦でエクアドルと対戦することがきまった。

今日のイングランド対スゥエーデンの試合。2-2というスコアで、常にイングランドが先制していたのに、追いつかれてしまっていた。どうやら、イングランドは対スウェーデンの試合で38年間勝っていないらしい。いつも引分か負けていたらしい。
それでも今日の2得点とも、素晴らしいゴールだった。最初のジョー・コールにしても、2点目のジェラードにしてもとてもきれいなゴールだった。が、追いつかれちゃったんだよねー。キーパーのロビンソンもファインセーブをしていたのに、とても残念。

しかし、今日はゲーム以外でもいろいろおもしろかった。4月に骨折したルーニーが前回は途中出場で、今日は先発だった。ケガの具合を心配させることのない動きをしていたけど、途中でジェラードと交代になった。ベンチに戻った後のルーニー。超機嫌が悪い。ベンチにいる選手達から“お疲れ”的なタッチをされてもほとんどまともに返すこと無く、シューズを文字通り脱ぎ捨てていた。一緒に見ていたみんなの言うところでは、フル出場したかったのに、それがかなわなくて怒ってるんだろうということだった。それくらいの気合いにあふれていると思えば頼もしい。(これを読んでいる人たちがご存じかどうかわからないが、ルーニーは気が短いことである意味有名な選手らしい。)

そして今日ベンチ入りしていたイングランド代表で最年少のテオ・ウォルコットの紹介をした解説者のコメント

サブの一人、最年少代表選手テオ・ウォルコット。仮免中

そんな情報はいらんだろう。と思いながらも、かなりツボにはまった。

今日の試合が始まってすぐに、オーウェンが膝を痛めたらしく、すぐにクラウチと交代になった。今回のワールドカップではまだいいとこなしのオーウェンだけど、ひどいケガじゃなきゃいいよねと思う。

私にとってはあさっての試合もある。
グループリーグはまだ終わってはいないのだ。

| | コメント (0)

卵かけご飯は禁止です

到着から186日
本日のお天気:くもり

久しぶりにフットボールの話を離れて。

旦那のご両親が初めて日本に来た時、焼肉屋に連れて行ったり、焼き鳥屋に連れて行ったり、お刺身が食べれる店に連れて行ったりしたんだけど、そのときに驚いてたのが生卵を食べるということだった。焼肉屋とかに行ってユッケを頼んだら、卵黄がのってるもんね。ああいうのはちょっと恐かったらしい。んで、一緒に行った店のうちのひとつで鶏のタタキが食べられる店があって、そこでも相当驚いてた。

生卵も、生の鶏肉も危険

って思われているらしい。んで、最近コレに関連するニュースを見た。

どうやら、鶏卵についているサルモネラ菌がチェックされていないものが流通しているらしい。
鶏肉はまぁ、自宅でタタキで食べることは日本でもなかったからどうでもいいとして、鶏卵についてはきちんと管理している養鶏場からの卵には、認証済みのスタンプが卵に押してある。でもそのスタンプが押されていないものも、市場にでているという話。

ただそのスタンプが押してある卵も、私の目にはとてもきれいとは思えない状態のものもあるので、生で食べることは絶対に無いし、卵をつかう前は殻を洗っちゃう。

卵が危ないだなんて思いもしなかったもんなぁ。
別に卵かけご飯の愛好家だったわけではないけど、生卵がダメだと、納豆があったとしても卵黄を加えることはできないのです。悲しいわ。

| | コメント (2)

大喜びできない一日

到着から185日
本日のお天気:くもり

今日は絶対にウマいビールを!と思っていたが、なかなかかなわなかった。

まずは日本対クロアチア戦。
PKでの川口のセーブがなかったら1点取られてたところなので、引き分けという結果になって、まだ決勝トーナメント進出の可能性が残っているわけだし前向きではいられるけど、やっぱり勝ちがほしかった。
悔しい。

次のブラジル対オーストラリア戦では、できればブラジルにもっと得点差をつけて勝ってほしかった。どうもこれまでのブラジルの試合を見ていると、前回優勝したときにいた私の大好きなリバウドさんもいないし、ロナウドもどうも動きが悪いし、恐ろしいと思うくらいの強さがまだみえない。抑えてるだけとも思えないんだよねー。どうなんだろう。

そして最後のフランス対韓国戦。
フランスに勝ってほしかった。が、結果は引き分け。
これがまた、ラインズマンがしっかりジャッジしていれば、フランスは2点とっていたはずなの。この試合を録画した人がいたらよく見直してみてほしいんだけどさ、前半30分くらいのところでフランスのコーナーキックからのボールがなんやかんややったあとでゴールに向かったの。んでそのボールが韓国のキーパーの体にあたったんだけど、そのキーパーのいた位置がゴールラインを超えていた。当然そのキーパーの体にあたったボールも空中でゴールラインを超えていたの。でもラインズマンはそれをゴールと認めなかった。それが、ちゃんとジャッジされていたら、フランスは勝っていたはずなの。。。

ジダンはこの試合で2枚目のイエローカードをもらってしまったので、次のトーゴ戦には出られない。ジダンがプレーしている姿は本当に美しいと思う。もっと見たいから、次の試合で決勝トーナメント進出を決めてほしい。

先に書いたリバウドもジダンもポルトガルのフィーゴも生まれた年が一緒なので、なんだかひいき目で見ちゃう。この人たちが同級生にいると思うと、すごい。

あぁ、でもなんだかすっきりしない一日だった。

| | コメント (0)

9人対10人

到着から184日
本日のお天気:晴れ

イタリア対アメリカの試合。
レッドカードが3枚もでちゃうなんて恐ろしい。

日本では“イケメン集団”とかわけのわかんない呼ばれ方をしているイタリア代表チームですが、どうやら“ダイブ(引っ掛けられた振りをして倒れる)の名手達”という良くない評判をお持ちだそうで。

イタリア代表が両方のゴールにシュートを決めたのでこの試合は1-1という結果になりグループEは第三戦まで決勝トーナメントにどこが行けるかわからなくなった。
いやー、他の国のグループだと無責任に楽しめるからいい。

と、そんなことを言っていられるのもあと数時間。
また緊張の時がやってきます。

明日はビールを苦い汁と思うこと無く、おいしく飲みたい。

| | コメント (0)

なんかムカつく

到着から183日
本日のお天気:晴れ

アルゼンチンがゴールを決めた時に大喜びするマラドーナ。

アルゼンチンの今日の勝利はすごかった。しかし、ゴールを決めたあとにスタンドで応援しているマラドーナがたびたびテレビに映って、その時の喜び方がなんだか私の気に障る。まぁ、マラドーナが好きじゃないっていうのが一番の理由なんだけど。

今日のゲームでグループCはアルゼンチンとオランダの決勝トーナメント進出も確実になったよね。あぁ、本当にうらやましい。

ところで、来月の上旬に旦那の幼なじみの結婚式があり、そのパーティに招待された。

こっちでのウエディングパーティー、初めてだ〜

なんてちょっと喜んでみたものの、なんとまだワールドカップ期間中で準々決勝の試合の日と重なっているらしい。

あいつら一体何を考えているんだ?

とは旦那の言葉。確かに、旦那の言うことは理解できる。。。そのパーティ会場にテレビが設置してあったらいいのに。

| | コメント (0)

勝ったのに。。。勝ったから?

到着から182日
本日のお天気:晴れ

ご存じの通りイングランドはグループBで二勝目をあげ、決勝トーナメント進出は確実になった。その試合を見終わった後で行ったパブで

20060615pub

ありゃりゃ。。。

その後しばらくしてから、彼はお友達か誰かに連れられてフラッフラになりながらこの場を後にしていった。

しかし、今日の試合はいろんな意味で緊張した。
うちに旦那を含めて7人のイギリス人が集まった。主審は日本人の上川徹氏。
クラウチの1点目が決まるまでは、厳しいコメントの嵐。
でも、クラウチがあの高さで決めたヘディングからのゴールの後は

いいぞ〜!クラウチ。おどれ〜!!!!!!!!

という声が家中響き渡った。

1点目を入れたあとはちょっと雰囲気もリラックスし、そしてスティーブン・ジェラードの力強く美しいロングシュートが決まった後はもうみんな安心モード。

ジェラード。ゴールを決めた後の笑顔がよいわ。

ところで、クラウチは『あのロボットダンスは封印する』宣言をしたらしい。イングランドがこのワールドカップでファイナルまで進んで、そのゲームでクラウチがゴールを決められた時に復活するらしいよ。BBCのオンラインニュースでそう読んだ。なので、残念ながら彼のダンスはしばらく見られないので、みんなも期待しないように。

| | コメント (0)

いいねぇ、スペイン

到着から181日
本日のお天気:くもり

スペイン対ウクライナ戦をみて、

あぁ、スペインの人たちは安心してゲームを楽しんでるんだろうなぁ〜

と羨ましく思ってしまった。なんとも危なげのない、というかまぁ失点ゼロで4点もとっちゃうんだからハラハラする必要もないよねぇ。いいなぁ。

チュニジア対サウジアラビア戦はそれにひきかえハラハラだった。どっちかを応援してるわけではないので、ひじょうに面白い(もちろんfunnyの意味ではなくinterestingのほう)ゲームだった。

そして最後のドイツ対ポーランド戦。ここからグループリーグは第二戦目。
初戦をおとしているポーランドはこの試合で勝ち点が取れないとヤバい。ポーランドのディフェンスはキーパーのたびたびのファインセーブをはじめ素晴らしかったと思う。

それなのに、アディショナルタイム(英語ではロスタイムとは言わないそうです)に入ってすぐにドイツがゴールを決めた。

あぁ〜、ポーランドの人たちの気持ちが痛いほどよくわかる。。。

と思いながらその試合の終わりをみた。

今までのいろんなゲームのゴールシーンのリプレイを見るたびに思うのが、ゴールが決まる時のボールの流れというか、パスの出る位置とかってまるでそういう型がもともとあるかのようにきれいにここしかないってところにパスがいい形ででて、そしてシュートにつながってるなぁということ。そういうのを見るたびに あぁ美しい と思う。

明日はイングランドがトリニダード・トバゴとあたる。

楽しみだけど、街の雰囲気とか旦那や友人たちのご機嫌とかいろんな意味でちょっとコワイ。

| | コメント (0)

対戦相手の試合

到着から180日
本日のお天気:くもりときどき晴れたり雨が降ったり

さっき、日本の次の対戦相手となるクロアチア対ブラジル戦をみおわった。
今回の結果でグループFでは日本とクロアチアが勝ち点無しということになるので、日曜の試合はクロアチアも相当な勢いで勝ちにくるだろう。

今日の試合では結構な本数シュートを打っていた。ただそのほとんどがキーパーの正面だったりしたので、次回までにそれを修正してくるだろう。
絶対に負けられない二つのチームの試合。

恐い。

ただ正直に言って、この国のメディアに日本はこのグループでの決勝トーナメント進出候補にはあげられていない。さっきの試合の後で実況していた人なのかなんだかしらんが

野郎A:このグループで二位通過するのはクロアチアかな、オーストラリアかな。
野郎B:まぁ確実にそのどっちかだよね。

みたいな会話をしていた。

クビヲシメテヤリタイ

と思った。

だけど、他のすべてのチームがそう思っているなら、逆に油断してかかってくると考えられるわけで、相手が油断しているスキをつくということもできるんじゃないかと思うわけ。90分闘いきれるっていう体力的な強さも当然だけど、冷静でいられる精神面の強さもスポーツには必要なので、まわりが油断して余裕をかましているときに心の中で悪魔のように微笑んで相手の鼻を明かしてやりたい。

ブラジルについては、こっちの解説で言われていたのがロナウドが全然動けていないと言うこと。実際今日は後半でロビーニョに交代していた。フットボール選手としては太りすぎなんじゃないかとかも言われてた。それでもロベルト・カルロスもロナウジーニョも恐ろしいし、今日シュートを決めたカカにも“そんな遠くから(シュート)打っちゃうわけ〜!”と驚かされる。

しかし、ロベルト・カルロスはすてきだ。プレミアリーグのチェルシーに移籍するんじゃないかと言われているらしい。そうしたら、見にいきたいわぁ。。。

閑話休題

今日は他に韓国対トーゴ戦、フランス対スイス戦もあった。フランスが引分だったのがなんとなく残念。ジダンが好きなので、どうしてもフランスよりでゲームを見てしまう。ジダンのプレーは美しい。

明日でグループリーグのゲームは開幕から一回りして、ドイツのいるグループAに戻る。ここまで見てきてなんとなく気になるのは、コーナーキックなどを含むゴール前に出すボールがどのチームの試合でも長くてゴール前の見方選手に合ってない感じがすること。どうなんでしょう。あと日本の試合で気になっていたのは、せっかくゴール前までいい感じで走っていけたのに直前で失速してチャンスを失っている感じもしたし、ここで!っていうところでボールが前に出てないっていう感じもしていた。

あと私が気になるのは、審判のジャッジに対して抗議すること。プレーしている選手たちにとってみたら“絶対今のファウルなんですけど”とか“なんにもしてないってぇ〜!”って思うことは山ほどあるんじゃないかと思うんだけど、審判が笛を吹いた後に抗議して、審判の判断がかわることってあるの?もしないんだったら、時間の無駄ではないかと思うんだよね。判断がかわらなくても、なにかしらのメリットがあるなら別にいいんだけど。ただ、相手のタックルで倒れたときに笛が鳴らないのに“今のファウルだよ!”って感じで座ったまま両手広げて主審に合図を送っているのをみると“笛、なってないから。その間に攻撃されちゃうから。”と思ってしまう。

審判のジャッジに関しては、日本の試合のこと以外にもいろいろ物議を醸し出している件はある。どの試合だったか忘れちゃったけど、キーパーがボールをキャッチするときに、空中でゴールラインを超えていたんじゃないか。。。という局面があったけど、それはゴールと認められなかった。審判の仕事って、やっぱり人でないとできないのかなぁ。赤外線を張り巡らせてジャッジするとかそういうことはやっぱりできないのかしら。

とにかく、次のクロアチア戦は本当に恐いです。クロアチアのサポーターも恐かった。

このボールを奪われたら、相手にゴールを決められたら死んじゃう!

っていうくらいの気持ちで試合にのぞんでみるのはどうだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初戦終了

到着から179日
本日のお天気:晴れときどき雨

日本のワールドカップ初戦が終了した。結果はご存じの通り1-3でオーストラリアの勝ち。

このゲームを見終わって、感情にまかせてぶっちゃけたいことはたくさんある。
けど、それは友達と家族にだけいうことにして、ここでは少し大人になって冷静なコメントをしようと思う。

今日の結果は非常に悔しくて、残念。絶対に追加点のチャンスはたくさんあった。まぁ、今そんなことを言っても仕方が無いが。。。

私の記憶の中に日本が負けた試合のことのほうがよく残っているだけなのかもしれないけど、これまでの大切な試合で、最初に得点していながら(もしくは0-0でもちこたえていながら)残り数分に追いつかれる、さらには逆転されるという試合を何度繰り返してきたんだろうか。直前の親善試合とか、ワールドカップの地区予選のときのことだけじゃなく、歴代の過去の試合から学んでいることは一体なんなんだろう。選手が違うんだから、歴代の過去の試合のことなんて参考にすることは無いのだろうか?あの“ドーハの悲劇”って呼ばれる試合(この呼び方は個人的に好きじゃない)はドラマチックに語られるだけで、そこから学んだ日本チームの弱さみたいなものはないのだろうか。絶対にあるはずだよね。

ワールドカップ代表チームは素晴らしい選手の集まりだと思っている(思うしかない)けど、全員の集中力が途切れること無く今日の試合の90分間を闘いきれたのだろうか。みんなが、もう動けなくなるくらいあの90分間試合に集中してピッチの中を走り続けただろうか(これもそう思うしかない)。今回代表に選ばれた選手たちには、自分(その選手)自身とチームのために、誰一人として悔いを残さずに試合にのぞんでほしい。

フットボールに関して、アジアで強い国はどこだろうっていう質問を英国の人にしたら(本当にしたことはまだ無い)、ワールドカップ出場回数をはじめとして、私の予想では韓国と答える人が多いんじゃないかと思う。前回のワールドカップの時の印象しかないが、韓国のディフェンスが嫌になっちゃうくらいかたかったのを覚えている。日本も他国が“あいつらとあたるの嫌だねぇ”と思うくらいの強い何かをみせてほしいと思う。

アツく語りたいことはまだまだまだまだまだまだまだまだまだまだまだまだ山ほどあるけど、ここではこの辺でやめておこう。

勝ち点が取れなかったのは大きい。でもあと2試合ある。今日の負けから学ぶことはたくさんあるはず。そう、まだ2つも残っているんだ!!それぞれの試合で代表メンバー全員が自分とチームのために、試合の後に言い訳することも後悔することもないっていうくらいのゲームをしてほしいな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

困っていることの一つ

到着から178日
本日のお天気:晴れで暑い

日本にいたとき、私は自分の肌に合った洗顔料になかなか出会うことができず、一回買って試しては別な物に買い替えてということを繰り返していた。いいなと思うモノに出会っても数回使ってみてやっぱりイマイチなんだよなぁとおもうことも多々あった。んで、渡英の約半年前くらいから使い始めた“ファンケルの洗顔パウダー”が、私の今の肌の具合にぴったり合った!

それから渡英前にいくつか買いだめしておいてもってきたのもそろそろ在庫が切れる頃になってきた。せっかくいいと思うモノに出会えたのに、こっちでまたイチから探し直すのは非常にめんどくさい。それに、こっちの化粧品とかスキンケア用品は香料のキツいモノが多い印象が強い。

んで、結局今回は日本に残してきたわずかなお金の中でやりくりして、今まで同様ファンケルのものを購入することにした。

こっちにきてからの約半年の間は化粧もほとんどしない日々なので、肌の調子がいいといえばいい。それでも、やっぱり基本はスキンケアだし、もう弾力がなくなってきているこの肌をどれだけ長持ちさせるかっていうことには気を使いたい年頃なのです。

ところで、今日の晩飯は旦那が作ってくれた。旦那のお料理のレパートリーは数は少ないがどれもはずれが無い。今日のは特に私のお気に入りのローストベジタフルとクレム・フレッシュ&チーズのパスタ。『本日のモノ』に写真とレシピのアドレスなどを載せているので、興味のある方は見てみて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イングランド、勝ち点3ゲット!!

到着から177日
本日のお天気:晴れで暑い

きっとみんな知っているだろうけど、イングランド、初戦勝利です!

ゲームのこともみんな知っているんだと思うので細かいことは書かないけど、ゲーム終了後の友人のコメントでは、イングランドは引分マスターだから、勝ったっていうことはかなりいいスタートだということだった。

ゲームの後は予定通りバービー( BBQ )して、その後のゲームもちらちらみて、飲んで、食ってとワールドカップ中の初の週末を楽しんだ。

私はワールドカップのことはほとんど何も知らない。でも旦那はわりとよくこまかいことを覚えている。どうやら、ワールドカップでの優勝国って今までに7カ国しか無いらしい。あんなに出場国が多くても、優勝したことがあるのが7カ国だなんて、ちょっと驚いた。

さて、次に私が真剣にゲームを見るのは、間違いなく日本対オーストラリア戦。
こっちの月曜午後2時にゲームがスタートするので、旦那は半休をとって帰ってきてくれるらしい。

今日のイングランドのゲームが始まる前、旦那が

緊張してきた。。。

と何度か言っていた。

きっと月曜は私がそのセリフを言う番だろう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開幕!

到着から176日
本日のお天気:晴れでなかなか暑い

ワールドカップが開幕した。
今日の開幕戦、ドイツ対コスタリカが始まった時は鳥肌が立った。

こっちの時間では初戦のスタートが午後5時なので、旦那は大急ぎで会社から戻ってきた。で、その帰りの時間(約20分程度)の間だけですでに2-1というスコアになってた。

これは、どんなゲームになるのかしら。。。

と思いながらテレビにかじりつき、4-2でドイツの勝ちをみとどけた。

その後、第2戦のポーランド対エクアドルが始まる頃には友人数人が遊びにきて、ピールと、ドミノピザでテイクアウェイしてきたピザとチキンとポテトを食べながら、ゲームをみた。そのポーランド対エクアドル戦が始まる前の、それぞれの国歌が流れてプレーヤーをカメラが映しているときに、ポーランドの一人の選手がそのカメラに向かってウインクした!

試合のことだけ考えないとだめ!そんなカメラにウインクなんかしてぇ〜!!

と思ってしまった私は、それから若干エクアドル寄り。結果を見てみたら0-2でエクアドルの勝ち。“ほらね”と思わずにはいられなかった。

さて、明日はイングランドの初戦。いいスタートが切れたらいいなぁと心からそう思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あと一日!

到着から175日
本日のお天気:晴れでなかなか暑い

ワールドカップを目前にして、旦那も私も友人たちも興奮気味。
しかも、先週末から天気のいい日が続いていて気温も上昇中。
イングランドの最初のゲームがある土曜は最高気温28℃の予想らしく、その日は友人リッチ&エマ宅でゲーム観戦とBBQの予定。

天気いいらしいし、暑くもなるみたいだし、イングランドのファーストゲームだし、バービーもしちゃうしぃっ!

ってな感じで、すべてが興奮材料になっているみたい。

街では前に載せたようにパブとかお店の壁や窓にイングランドの旗が掲揚されているだけでなく、こんな感じで車に旗を立てている人もけっこういる。
(うちの窓から隠し撮りした)
20060608car3_1 20060608car1_1 20060608car2

昨日“ワールドカップビール”っていって旦那が48缶のビールを買ってきて、まだ開幕してないけど、前々夜祭、前夜祭として昨日も今日も家ビールをしている。明日はうちに友人たちが集まって初日を楽しむことになっている。

さて、一体ワールドカップ期間中に、どれだけのアルコホルを消費することになるでしょうか。。。こわいわぁ。

ところで、この間俳句にまでした小虫が、今日の晩飯で使おうと思っていたビーフンに4匹もくっついていて、更に買ってきたばかりの米の袋の中でも2匹発見して、かなりムカついたので、旦那に報告してからその正体を調べてみたら、案の定“コクゾウムシ(穀象虫)”だった。発生元として一番怪しいのは簡単にしか包装されていなかったビーフンかな。悔しいけど、残ってた半分くらい全部捨ててやったぜ。

今日はピンク色のポテトサラダを作った。その内容は『本日のモノ』に載せてみた。興味のある方は左のフレームからご覧くださいまし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

FATチーズケーキ

到着から174日
本日のお天気:晴れ

またまたクッキングネタ。

こっちに来てから悩んだことの一つに“シングルクリーム”と“ダブルクリーム”と“ホイップクリーム”っていうような○○クリームっていう商品の違いがわからないということがあった。
んで、その違いを調べていたらば、またまたウマそうなもののネタにたどりついた。
『East end cheesecake』( http://yummy.exblog.jp/3444259/ )というベイクドチーズケーキ。
作り方はコチラ

この材料が恐ろしい。
フルファットチーズクリーム(レスファットとかライトっていう名前がついたカロリーが半分くらいのものもあるが“フルファット”ご指定)500g、エクストラシックダブルクリーム(ホイップしてないのに角が立つくらいしっかりしたかたさのある高脂肪のクリーム)175gを使わないといけないらしい。もちろんスイーツなので砂糖も入る。

まさに、ダイエットとは無縁のスイーツ。

でも作ったの。なぜなら私が(食べたかったというより)作りたかったから。

いやー、高カロリーな物っておいしいんだよね。これもウマかったぁ〜。
私、あまりお料理に関してあまり繊細でなくて、さらにせっかちなのでデザートづくりにはむいてないんだけど、これはなかなかウマくできた。

そして甘い物を食べたい時は、ダイエットのことを考えちゃいかんと心から思った。

残ったエクストラシックダブルクリームをどうするかが今後の問題だ。。。

ところで、最初にかいた“シングルクリーム”と“ダブルクリーム”と“ホイップクリーム”は、脂肪分の量によって名前がちがうらしく“シングルクリーム”は、コーヒーミルクみたいなもんでホイップできないクリーム、“ダブルクリーム”はいわゆる生クリーム(脂肪分高め)みたいなもんで“ホイップクリーム”は、すでにホイップ済みのクリームのことみたい。さらに今回のチーズケーキで使った“エクストラシックダブルクリーム”やらスコーンと一緒にいただくらしい“クロテッドクリーム”(実はまだ試したことが無い。)などもある。

できたものはいつものバドミントン仲間と一緒に食べた。
でも、まだ半分のこってんのよね〜。二人暮らしでダイエット中の旦那には、悪魔としかいいようがないかな。ごめんよ、旦那。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ココナッツジャム

到着から173日
本日のお天気:晴れ

またクッキングネタ。

昨日のスープに使ったココナッツミルクが余った。

んで、何か作ろうと思って探してみたら、見つけた。
ココナッツミルクで作るジャム。
シンガポールのものらしく、kaya(カヤ)ジャムというらしい。
ココ↓
http://www003.upp.so-net.ne.jp/harada/kaya.htm

コレがまたウマいぃっ!

ココナッツミルクの缶も日本と比べれば全然安い(我が家のお気に入りは400g入りで120円くらい)から、これはいいものを教わったという感じ。

ダイエットしたいからスイーツは作らないでくれ

という旦那の言うことに耳を貸さないわたしです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

激ウマスープ

到着から172日
本日のお天気:晴れ

今日、お義母さんからもらったお料理本に載っていた“Oven-baked sweet potato and red pepper soup”を作ってみた。

衝撃的にウマい。

オーブンで野菜を焼かないとならないことと、(4人分で)赤ピーマン2個、レッドオニオン1個、オレンジのサツマイモ(こちらでは日本でみかける皮が紫で中が白いものと、皮が茶色で中が鮮やかなオレンジ色のものがある)を使うので、日本で作るとちょっと高くつくかもしれない。

あんまりおいしいもんだから、写真を撮るのも忘れて旦那と二人でペロリとたいらげてしまったんだけど、一応レシピを書いておきます。

Oven-baked sweet potato and red pepper soup
(Vegetarian express  / Rose Elliotより)

<材料(4人分)>

  • オレンジのサツマイモ 500g(皮をむいて、サイコロ状にカットする)
  • レッドオニオン    1個(厚めにスライスしておく)
  • 赤ピーマン 2個(半分に切って、種とワタを取り除く)
  • サラダ油 大1
  • スープストック 500ml 固形のスープ(私はベジタブルスープ用を使った)を分量の水に溶かした物でいいと思う。
  • 塩、こしょう 少々
  • パプリカ 飾り用


<作り方>

  1. オーブンをあらかじめ200℃(ガスマーク6)に温めておく。
  2. サイコロ状に切ったサツマイモと、粗くスライスしたレッドオニオンをロースト用容器に入れて、サラダ油をかけまわし、全体にいきわたらせる。
  3. 赤ピーマンを加え、予熱しておいたオーブンで全部の野菜が柔らかくなるまで焼く。(約45分程度)
  4. 焼き上がった野菜をフードプロセッサーやブレンダーなどに入れ、スープストックも少し加えて混ぜる。様子を見ながらスープストックを少しずつ追加していく。
  5. できたピューレ状のスープを小鍋に入れて温め、塩、こしょうで味を整える。
  6. いただくまえにパプリカをちょこっとかけて、召し上がれ。

これが基本の作り方で、うちでは今回大さじ山盛り3杯分くらいのココナッツミルクも加えてみた。さらに、うちにはフードプロセッサーがないので、ひたすらマッシャーで材料をつぶしてみました。かなり野菜のツブツブ感が残るスープになったけど味は最高。

私はこのスープの材料と、他の野菜たちを買うために本日もマーケットへ繰り出した。
赤ピーマンは2個で50P(約100円)、レッドオニオンは10個くらい入って£1(約200円)オレンジのサツマイモもかなり小ぶりなのが8本入って£1(約200円)。他にもレモンが9個(そんなにいらないんだけど)で50P(約100円)など嬉しい買い物ができた。

助かるわぁ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンはカビ・・・

到着から171日
本日のお天気:晴れ

パンはカビ 初夏の我が家に 小虫這う

解説:
最近やっと暖かくなってきたのは良いが、二人暮らしの我が家ではスーパーから買ってくる食パンの消費が、カビが発生するまでに間に合わなくなってきた。
さらに、日本にいた時はみかけたことがない体長2mmくらいで動きののろい小虫をはじめ、クモやらてんとうむしなどが家の中でみかけられるようになってきた。そんな現在の我が家の状況を詠んでみました。

貧乏性の私に取ってはショックなできごとだった。安いからと思って、冬の寒い時期と同じ感覚で食パンをかいおきしておいたら、半分消費する前にぽつぽつとカビが発生してしまった。。。小さい頃は“ちっちゃいカビならそこのとこだけ取っちゃえば大丈夫”(母の教えでもある)という程度にしか思ってなかったんだけど、今回はカビ部分は小さいものの、被害枚数が多い。

んで、ちょこっとインターネットで調べてみたら、小さい頃のわたしと同じような意見もあれば“カビが発生している場合、みえないところにも菌が発生しているので、それを食べた後に下痢、吐き気などの症状がでる可能性がある”という内容の文章もみられた。
それはコワイ。。。
ということで、泣く泣くその大量のパンを捨てた。

それと、体長2mmくらいの小虫も一日に3〜4匹はみかける。のろのろだし、小さいので私が処分できる虫の許容範囲内なんだけど、キッチンにいることが多いので困る。この間パンの袋の口をぴったりととめていなかったら、その虫がパンに頭をつっこむようにして死んでいた。

まぁ、ゴキがでないだけましなんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イングランド圧勝(親善試合:対ジャマイカ戦)

到着から170日
本日のお天気:晴れ

6-0っていうスコアのフットボールのゲームを、ライブでみたのはもしかしたら初めてだったかも。

今日、ワールドカップを控えた国際親善試合のイングランド対ジャマイカ戦があった。
友人リッチと彼女のエマがうちにきて一緒にゲームをみることになっていたらしいので、週末やらねばならないことを泣く泣くおいといて、テレビに向かった。

ゲームが始まってみたら、ランパード、ジャマイカのオウンゴール、長身クラウチ、オーウェンと前半30分の間に4-0となった。
このまま前半終了。

後半に入って、20分くらいのところで、またクラウチ、またまたクラウチのゴールでゲーム終了時のスコアが6-0。

ジャマイカのコンディションがよくなかったのか、イングランドがものすごくいい調子だったのかなんだかよくわからないけど、一週間後にグループ予選の第一試合をむかえるイングランド(対パラグアイ)にとっては、いいムードでワールドカップにのぞめるんじゃないかなと思った。

ところで、今日ハットトリックを決めた長身のピーター・クラウチ。前回のハンガリー戦でゴールを決めた後に踊ったロボットダンス(古い?ブレイクダンスっていったほうがいいのか?)が異常とも思えるほどに翌日のスポーツニュースでとりあげられていた。
そして今日初回と2回目のゴールを決めた後も同じダンスを踊っていた。
そのときのうちにいたオーディエンスの反応がおもしろい。

  • 男子(友人リッチと旦那)の反応

    (ゴール直後)
    お〜、クラウチいいぞ〜!おどれ〜、おどれ〜!!

    (そしてダンスした直後)
    ホントに踊ったよ、あいつ。バカだね〜。
  • 女子(といっても友人エマだけ)の反応

    (ゴール直後)
    いいね、いいね。あ、でも絶対やめて、絶対踊らないで。。。

    (そしてダンスした直後)
    も〜ほんっとにやめてほしい!も〜超恥ずかしいんだけど!!

っていう感じ。
わたしはこの両方の反応に楽しませてもらった。

来週からは、もっと人数があつまって誰かのうちでみるか、パブにくりだしてみるかどうかわからないけど、ゲームだけでなく、人間ウォッチングも楽しめそうな感じがしてきた。

血湧き肉踊る感じになってきたね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

人さらい現る!

到着から169日
本日のお天気:晴れ

20060602baby
いや本当は人さらいではなく、4月に生まれた友人の赤ちゃん(女の子)をコワゴワ抱かせてもらっている私です。
(友人宅に行くので全く髪のボサボサ具合を気にしていなかった。。。)
このコの両親にも了承済み。

しかし、かわいい!
そして2ヶ月のbabyだっていうのに、くっきり二重で足も長い(きがする)。

私、学生のときに遺伝子かなんかの勉強で、違う人種の遺伝子が混ざるとそのいいところが遺伝するから、一般的にハーフの子供はかわいいんだっていう説(今となってはそれが本当かどうかよくわかんない)を教えてもらったとき、

かわいいコが生まれるなら外国人と結婚したいよねぇ

と思った記憶がある。

さて、わたしたちにいつ子供ができるのかしら。私にもわからない。
旦那が赤ちゃんの時の写真はどれもかわいけど、わたしはいい感じにブサイク。
んで、旦那は結構大きい(っていうか太っちょの)赤ちゃんで、私はかなりシモブクレだった。そんな二人のあいだに赤ちゃんができたら、どんなデブッちょの赤ちゃんになることやら。。。ちょっと心配。

それにしても、子供はどこの国でみてもカワイイ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英国運転免許取得

到着から168日
本日のお天気:朝のうち雨のちくもりでときどき晴れ

以前から申請していた英国運転免許をやっっっっっとのことで今日受取った。

この手続きにはなかなか悩まされた。

私は日本の免許をもっているので、テストなどは必要なく切替の手続きで英国の運転免許が取得できる。

まずは、日本領事館に日本の免許の内容を英文に翻訳した書類の申請が必要で、それは3月頃にやってしまっていた。あの日本の免許の翻訳くらいなら私でもできそうなもんなんだけど、領事館にやってもらわないといけなくて、翻訳料として£10(約2000円。さらに今は値上がりして£11になってたはず。)支払う必要がある。手続きは郵送でできるので、パスポートのコピーと手数料と日本の免許を領事館宛に送ると、十数日くらいで訳されたものと免許が返却される。

ここまでは順調だったんだ。

こんどはUK免許の申請書類をDVLAというところに送らないといけない。

写真を貼った申請書とパスポートの原本と日本の免許と翻訳してもらったモノと申請料£38(約7600円)を送るんだけど、私はこの申請料を入れ忘れた。というのも、申請料一覧の 他国免許からの切替欄に FREE の悩ましい文字があったの。FREE が対象になるのは確かアイルランドの免許を持っている人とか(間違ってるかもしれない)とにかく確実に私にはあてはまらなかったんだけど、もう FREE しか目に入らなかった。一応旦那にも確認したのに、旦那も FREE しかみていなかったらしい。

なんだ、なかなか太っ腹ねぇ。

なんてのんきなことを思っていたら、そうはイカのなんとかで一週間後に全部の提出資料が戻された。んで、ここで問題発生。戻されたもののなかにあった手紙にこう書かれていた。

  • 申請料を同封してください。
  • 免許証の姓とパスポート(ID)の姓がちがうので、免許証の姓とおなじIDを他に提出してください。パスポートはすでにチェック済みなので、次回の申請時には送らないでください。

私、パスポートの写真のページに記載されている名前は旧姓で、結婚後の名前は4ページ目の追記欄にかかれている。

4ページ目の追記は全く意味をなさないのか?いやそんなはずはないだろう。。。

とイライラして、でも自分でそれを電話で説明するだけの英語力が無いことにさらにイラダツ気持ちをおさえつつ、旦那にDVLAに電話して事情をきいてもらうようお願いした。

旦那が電話してみたところ、パスポートの追記欄はみていなかったけど、もう原本は送らなくていいから写真のページと追記のページをコピーしておくってほしいとの返事だったらしい。

あんたたち、みてないくせにコピーでいいなら、全員コピーでいいんじゃないの。

と思いながら、送り返された申請書とパスポートのコピーと申請料をいれて再送した。

このとき、パスポートなどと一緒に送り返された日本の免許と翻訳書面は同封しなかった。
今考えてみたら、申請書も全部送り返されてるんだから一緒にいれて送るべきだったんだけど、

一回提出してるんだから、内容は確認してるでしょ

と思ってしまった。旦那にも何度も確認したけど日本の免許を再送しなくてもいいという意見だった。

が、一週間後、書類はすべて送り返された。理由は日本の免許と翻訳書面がないから。

いや〜あの朝は本当に本当に髪の毛が逆立っちゃうかと思うほど腹が立った。
(うちは郵便が朝8時前に届くのです)

確かに、最初に申請料を入れ忘れたのも、二回目に日本の免許を入れなかったのも私だけど、それでも、初回の書類をおくったときに、ヤツらが一本電話をよこしてパスポートの名前の話と申請料の話をすれば、申請料を追加で送るだけですんだ話じゃないか。それを、いちいち

はいやりなおし。

とでも言うように全部手紙付きで送り返してきやがって。

日本にいたときから、私はお役所関係の手続きと相性が悪い。
こっちにきてもそれはかわらないってことなのかもしれない。

なにはともあれ、時間も書類の送料もトータルで3000円近くかかったけど、なんとか免許が受取れたのでよしとするか。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »