« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

ショットガンコール

到着から167日
本日のお天気:晴れ

私のまわりだけかもしれないが、旦那を含め友人たちと車で出かけるとき、ほぼ毎回車に乗り込む前に運転手以外の誰かが

ショットガン

と言うのが聞こえてくる。

最初のうち、なんのことやらさっぱりわからなかった。

どうやら、助手席を取るためのゲームみたいなモノらしく、一番最初に ショットガン とコールした人が助手席に座れるということらしい。

んで、誰が決めたのかこの“ショットガン”コールにはルールもあるらしい。
車に乗る全員が屋外に出てからでないとコールできない、行きにコールした人は帰りはコールできない、運転手のパートナーがいるときは誰もコールできない などなど。。。

旦那に関していえば、彼は自分の両親とでかけるときでも“ショットガン”コールをし、義父が運転する車の後部座席に義母をすわらせてまで、助手席を死守したがる。

運転手と会話するのがおっくうだし、特に助手席に魅力を感じていない私は、みんなが

それはルール違反だよ〜

とかやってるのをみながら

アホクサ。運転席の後ろが上座よ。

と一人おとなしく後部座席に座っているのでした。

---

ところで、今日は忘れ物の多い日だった。

旦那のランチを作ったのに渡し忘れ、旦那もランチの存在を忘れて会社に行き、そのあと洗濯をすればブラ一つだけなぜか洗濯機に入れ忘れ(洗濯開始するとフタが開けられないので、手洗いするか次回の洗濯にまわすしかない)、買い物に行けばしょうゆを買い忘れた。

旦那が出かけた後に、キッチンでラップにくるまっているサンドイッチを見つけたときはショックだった。マカロニほうれんそうのクマ先生のごとく ノォォォオッ!!! と叫びそうになったよ。結局自分用のランチになったので、無駄にすることはなかったんだけど。

健忘症かしら。いやだよぅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から166日〜イングランド対ハンガリー(親善試合)

本日のお天気:晴れだけど気温が低くて風が強い

日本代表がドイツとの親善試合を行った今日、イングランドはハンガリーとの親善試合を行った。残念ながら、日本の親善試合はうちのテレビでは見られないので、私はイングランド戦に集中した。

前半は何度もゴールポストにはねかえるか、外側スレスレを通って得点がなかなかはいらず、なんだかイライラ・ハラハラしちゃうゲームが進んだ。

が、後半になっても油断して洗い物をしてたら、後半スタートから2分後にベッカムのフリーキックからジェラードGerrard)君のヘッドでゴール。このジェラード君。この間のFA CUP Finalでも2得点をあげてLiverpoolの優勝に貢献した選手。私的に注目選手の一人。

こりゃあ洗い物は後、後。と思ってテレビにむかったら、その4分後にはまたまたベッカムのフリーキックから今度はテリー(Terry)のヘッドでゴール。こちらのテリーさん。どうやら双子の赤ちゃんが生まれたばっかりらしく、ゴール後のアピールはチームメンバーと並んで赤ちゃんを抱っこしている動作だった。なんて書いても、実際にみてたら男4〜5人が並んで赤ちゃんを抱いているときのように腕を組んでゆ〜らゆ〜ら左右に揺れてるだけで、この人たちが何をしているのか全くわからなかった。後で旦那に事情を聞いたらなんだか微笑ましく思えた。

その後、ハンガリーも力強いロングシュートで1点を返し2-1となる。このまま守り切るのかなぁと思っていたところで、 J コール( J Cole)がドリブルでハンガリーディフェンダーを3人くらいかわして、ゴール前にいたクラウチ(Crouch)にパス。クラウチ振り返ってゴール隅へシュート!で83分に3-1となり、そのままゲームは終了した。

3点目のゴールを決めたクラウチ君。200cm以上の長身で、ゴールを決めた後で他のプレーヤーと抱き合って喜んでるのをみたら、他のプレーヤーが子供みたいに見えた。もしも私が彼と並んだら、、、

あなたエルフ。
わたしホビット。

間違いなくそうなるなと思ったりしながら本日もfootball観戦いたしました。

今日はイングランド代表では歴代最年少のウォルコット(Walcott)君も途中からゲームに出ていた。たしか今日が代表としての初プレーだったはず。やる気に満ちた若い選手ってかんじで、これからの彼のプレーも気になるところです。

日本代表もどうやらいい試合をしたようで、ホントにもう待ちきれなくなってきたぞ。おい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

到着から165日〜やる気が、、、ない

Spring Bank Holiday 本日のお天気:晴れで一瞬霰(アラレ)がふって風も一日強い

昨日午後から飲み始めて、途中食事やソフトドリンクで休憩をいれつつ、最終的に飲み終えたのは午前1時ごろ。その割に二日酔いにならずにすんだけど、どうにもこうにも、やる気が出ない。

旦那がBank Holidayで休日を過ごしているのにつられて、私もすっかり休日モード。
っていうか実は先週からこんなかんじで、やらなきゃならないことに手がつかない日が続いている。

やらなきゃならないことをこなそうとパソコンに向かえば眠気が差す。。。

バイオリズムっていうの?そんなようなものが、こういう休日モードな期間にはいっているだけで、自然とこの状況から抜け出るんだとは思っているんだけど、こんなんじゃダメよ私!って思う気持ちがあるので、理由もなく焦る。

だがしかし、来週半ばまでは本気でやらねばならないことがある。
パソコンを使わないとできないことだから“気分転換に公園にでも出て”なんてこともできない。

とりあえずもう夜中なので やらなきゃならないことは明日から ってことにして、シャワーでも入ってすっきりしてみることにしよう。

はぁ。いやだなぁ、こういう自分。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

到着から164日〜ありがたいいただきもの

本日のお天気:晴れとくもりが半々で風が強い

私は、日本にいたとき きれいなお姉さんは・・・ のCMの脱毛器(っていうの?)を使っていた。が、年代物でアダプターのコードがかなりヤバいかんじになってたのもあるし、英国にもってきたとしても変圧器を常に使わないといけないことになるので、渡英前にさよならをした。

こっちにきてから、まぁ冬場だったのであんまり人様に肌を見せることがなかったのでそれほど神経質になっていなかったものの、だんだんTシャツシーズンが近づいてきていろいろと気になることが増え始めていた。

こっちにきた当時からBootsに行ってはなんとなく脱毛器の値段調査をしていた。安いものでも£50(約10000円)以上はする(オンラインショップとかe-bayならもっと安いのがあるのかもしれない。)。旦那が就職したとはいえ私自身はまだ無職であるという負い目がどうしても抜けないため

まだ、買えないかなぁ。。。

と思い続けていた。

そしたら、この間の金曜にうちにご飯を食べにきたBootsに勤めている友人が

Bootsからフリーでいろいろもらうんだけどさ、使わないモノも結構あるんだ〜。
この間は脱毛器もらったし。使わないんだよね〜。

というではないか!

すかさず

私、欲しいと思ってたんだよね。。。

と言ってみたら

じゃぁあげるよ。私が持ってても使わないからもらってよ!

との嬉しいお言葉。
んで、今日その友人とパブで会ったら、忘れずに持ってきてくれていた。
ありがたや〜、ありがたや〜。嬉しい。本当に嬉しいぞ。

まだ肌寒い(というか私には長袖+上着で十分な気温)が続くにもかかわらず、半袖どころかキャミ姿の人たちもみられるので、他の女子の腕の毛事情も多少調査することができる。でも私の友人たちに関して言うと、髪の毛の色からして黒でないにしてもダークブラウンの子すらいない。私にとってはみんながうらやましいくらいのライトブラウンだったり、チャコールグレーみたいな色だったりブロンドだったりするので、私の事情とは根本的に違う。髪の細さとか柔らかさも、私のしっかり太い黒髪でちょいくせ毛とはくらべものにならない。うらやましいぜ。このやろー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から163日〜ワールドカップムードがモリモリ

本日のお天気:雨とくもりが半々

20060527pg “オマケ”に弱いわたし。
ワールドカップに便乗して紅茶会社(っていうのか)のPGが160個のティーバッグにフリーのサッカーボール型マグカップをつけて販売しているのに、まんまと乗ってしまった。

パブの壁や街を走る車にもEnglandの旗がよくみかけられるようになっているし、
(こんな感じ)
20060527pub
友人たちと集まれば、ワールドカップの話題が一度は出る。テレビでもワールドカップに関する特番とかニュースが毎日のようにみられる。

んで今日、旦那が

日本代表チームがとりあげられてるよ

って呼んでくれたので、テレビに向かった。
そしたら、川口、宮本、小野が英語でBBCのインタビューに答えているのをみることができた。この3人の選手が好きとか嫌いとかいうことじゃなくて、なんだかとても感心した。(3人ともいい選手だと思う。でもみんなのことが好きだというわけではない。)
他国で放送される番組のインタビューにその国の言葉でこたえることって、わたしはとても良いことだと思った。うまく理由はいえないけど。それに、全くわからないのに無理することも無いけど。

友人たちに

日本のグループって他にどこの国がいるんだっけ?

って聞かれて、ブラジル、オーストラリア、クロアチアと答えるたびに

Ohh... Ouch...

など それはアンラッキー っていう気持ちのこもった反応が返ってくる。

だがしかし、サッカーは最後の笛が鳴るまで何が起こるかわからないからね。

なにはともあれ、全部楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から162日〜酒屋にて

本日のお天気:雨のち晴れ

はい。また言われました。
ビールを買いに行ったときに IDをみせろ と。

実は他にも何度か聞かれたことがあるんだけど、他の友達に話したら

私もけっこう聞かれるんだよ

っていう人が数人いたので、あんまりうかれるようなことでもないんだなと思ってブログには書いてなかった。

ただ、今日の酒屋のおじちゃんはものすごくいい反応をしてくれた。

Bargain Booze(バーゲンブーズ)っていう安売りの酒屋チェーンがわりと近所にあることを知ったので、今日は友達が晩飯を食べにうちにくることもあり、ビールを買いにその店にいった。

500ml×6缶で£5(約1000円)のビールを持ってレジへ行ったら

おじちゃん:IDみせてもらえますか?
私 :(ほい、きた)どうぞ。
おじちゃん:生年月日は。。。。。。

おじちゃん:えぇぇっ!!ご、ごめんなさい!!!いやいやこれは失礼しました。

私:いやいや、よくあることですからいいですよ。
おじちゃん:いや〜、お客さん若く見えるから。。。いやでもこれはほめ言葉ですよ、いいことですよ。でもよく聞かれるとムカつくでしょう。いや〜すみませんでしたねぇ。ほんとに、まいったなぁ〜。

って感じで、おじちゃんは顔を真っ赤にしてあやまったり、ほめたりし続けてくれた。こんな反応をされるなら、ID見せてって聞かれても楽しい。

ところで、今日おもてなしする友人はビーガン()なので、椎茸の煮物とナスの味噌焼きとカッパ巻きとアボガド巻きと豆乳鍋(だしは昆布と干し椎茸で肉はなし)をつくった。じつは細巻きをつくるのは初挑戦。なかなかうまく巻けなくて悪戦苦闘してしまった。

あなどれないぜ、細巻き。

でも全部自画自賛できるくらいの出来だったので満足です。アボガド巻きは、予想以上にうまかったなぁ。なかなかいけます。

※ ビーガンの意味がわからない方への簡単な説明
ビーガンとはベジタリアンをもっと厳しくした感じ。
基本的にベジタリアンって野菜の他に卵とかミルクなどの生きている動物からとれるものは食すことができるらしいんだけど、ビーガンの人はそういったものも一切口にしないらしい。私は完全に肉好きなのでくわしくはしらないんだけど。
間違ってたら指摘してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から161日〜イギリスパンの衝撃的事実

本日のお天気:久しぶりに一日晴れ

今日、晩飯にシェパーズパイを作った。
シェパーズパイ(ラムの挽肉を使うとシェパーズパイ。牛挽肉を使うとコテージパイ)を食べるときに、家ではいつもスーパーで売ってる普通のパンじゃなくて、ベーカリーからうまいパンを買ってきて食べることにしている。
んで、私が使っているレシピに、

イギリスパンにはさんで食べてもおいしいですよ!

と書かれていたので、ちょっと試してみたくなった。

そこでふと考えてみたら、こっちにきてから“イギリスパン”って食べてないじゃんと思った。

20060525bread それで、近所のベーカリーで イギリスパンと思われるパン を買ってきた。なんで“イギリスパンと思われるパン”なのかというと、そこのベーカリーでは「コレはナニパン」っていうような表示がなかったの。

メシの時間になって、旦那に

コレってナニパン?

って聞いても

知らない

との返事。

たぶんイギリスパンだと思うんだけど。

って言ったら

イギリスパンなんてパンないよ!

と笑われた。

English breadって呼ばれるパンはホントにないの?あんたが知らないだけなんじゃないの?

と聞いてみても

絶対に無い。日本人が勝手に“イギリスパン”って名前をつけただけだ

と言い張られた。

真相はどうなんだ。本当にイギリスパンはイギリスには存在しないのか。。。

ちなみに、今日買ってきたパンは切ってみたら私が思っていた“イギリスパン”だったので、ひとまずご満悦でシェパーズパイに挟んで食してみました。ウマかったっす。

これがシェパーズパイ。奥の赤いモノはビートルートのピクルス(「本日のモノ」にも写真あり。)
20060525pie_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

到着から160日〜マイラケット・ゲット!

本日のお天気:晴れとくもりが半々で午前中ときどき雨

20060524racket 本日、毎週恒例のバドミントンの日。
で、本日よりマイラケットデビューした。といっても、実はこのラケットは旦那が日本に来る前まで使っていたもので、先日旦那のご両親が来訪した際に、ガレージにあったこのラケットを持ってきてくれた。んで、本当なら旦那が使うはずだったんだけど、その本人はなんともタイミング悪く、前から他の友人たちに誘われていたクリケットチームのゲームが今週から毎週水曜に始まることになり、このラケットはわたしのところにおさがりとしてやってきたというわけ。だから本当は“マイラケット”でもないんだな。

4年近く使っていなかったとはいえ、今まで友人たちから借りていた予備のラケットよりはずっとコンディションはいい。

しかし、いくらいいラケットがあっても、それを使うのは私。
ラケットが変わったからといって突然ウマくなるなんてことはあるはずもなく、いつもとかわらず決していいとは言えないゲームをやって帰ってきた。

これからはこのラケットとともに、全敗記録をくいとめることを目標にしよう。。。

ところで、今までに紙製品の値段が高いっていう話を書いたことがあるけど、イギリスってガソリンが高いから紙製品も高いのかもしれないと思っていたら、原油高によって日本のニュースでティッシュ25%値上げっていう記事をみて確信をもった。だからなんだといわれても、特にどうということはないんだけどさ。自分の中でガソリン高=ティッシュ高ということがわかってすっきりしたというだけのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から159日〜マーケットにて

本日のお天気:晴れときどきくもり

20060523apple この写真、本日のマーケットからの収穫の一部です。
Green Appleが12個で£1(約200円)。お安い。
(12個あるので“12”に見えるようにならべてみた)

5/8に『到着から144日〜「エ〜ニボデ、パェァン!」ってどういう意味?』っていうタイトルで記事を書いた、だみ声のおっちゃんのところから何か買ってみたかった。んで、ちょうどフルーツが切れていたので、そのおっちゃんの店から購入した。

そのおっちゃん、ちょうど私が店の前でうろうろしはじめたら

おっちゃん:はい、何がいい?
わたし:これください。
おっちゃん:はい、どうぞ。£1ね。どうも〜。

おっちゃん:エ〜ニボデ、パェァン!

という感じでまたいい調子でかけ声かけてた。

今日は朝イチで私のハラワタを煮えくりかえさせる出来事があって朝からムカついてたんだけど、この Green Appleのほかに、ニンジン3本、小さめのトマト4個、巨大キュウリ1本、アボカド1個、長ネギ一束をマーケットより購入し、支払い合計は500円くらいと嬉しいお買い物ができたのと、仕事中の友達と偶然街であってちょびっとお話したり、本日誕生日の姉(本人は35歳から歳をとらなくなったといいはるが、おめでとう!)と話をしたりしてなかなかよい気分転換ができた。

マーケット探索はやっぱり楽しいということを再確認した日だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

到着から158日〜逆・空耳アワ〜

本日のお天気:雨ときどきくもったり晴れたり

記事のタイトルはタモリ倶楽部のパクリです。すんません。

私の旦那様、日本語は少し聞ける・話せるくらいで、現在もちょびちょび勉強中の身。
そんな旦那に対して、私が日本語の中の擬音語を使ったときの話。

旦那の二の腕のあたりをマッサージしながら

キュッキュッ

と言ってみたところ

今なんて言った?

といわれた。

“キュッキュッ”って何かを締めるような動作をするときに使えるんだよ

っていうようなことを説明したら

Kill, Killって言ってんのかと思った。腕を絞めつけてオレのこと殺そうとしてんのかと思ったよ。

といわれた。

また別なときに、パンツ一枚で家の中をブラブラしてたので、尻をたたきながら

ペチペチ

と言ってみたところ

今なんて言った!?

とちょっと今度は強い口調で聞かれた。

驚いて

“ペチペチ”ってこう軽く人とかモノをたたくときの音を表すんだよ

っていうようなことを説明したら

Bitch, Bitch って言ってんのかと思った

と言われた。

私の滑舌の問題もあるのかもしれないけど、英語ネイティブの方に対して“キュッキュッ”と“ペチペチ”は誤解される可能性があるみたいです。気をつけて。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

到着から157日〜 Eurovision song contest

本日のお天気:雨ときどきくもりのち晴れ

昨日『Eurovision song contest』なるもののFinalが開催されていて、夜のテレビでその模様が放送されていた。
この『Eurovision song contest』のことは4〜5日前から友人たちの会話に何度か出てきていたので

ソレナニ?

って聞いてみても、

ヨーロッパの国から一組一曲代表を選出して、どの国の曲がいいかを投票しあうんだけど、どこの国の曲も全然よくなくて、それがくだらなくておかしいんだよ。

っていうなんともわかりにくい回答しかもらえず、何のことやらさっぱりわからなかった。

そして今回UK代表でこのコンテストに出ている曲(ミュージシャン)が、、、申し訳ないけど全く私の好みではなく、好きか嫌いかということを超えて“なんでこの曲がこの国の代表なの???”と首を180度くらい傾けてしまいたくなるほど、代表に選ばれた理由が理解できない曲だった。

が、旦那に

よく解るように説明してください

と言ってみたところ、

このコンテストに出たい人が、このコンテストのために曲を作ってそしてエントリーして、エントリーされた曲の中から、このコンテストに関わってる各国の団体か誰かが代表を選んでるから、“代表”っていっても“この国で一番人気がある”とか“この国で一番売れてる”とかいうこととは無関係なんだよ。

っていう回答をもらい、ちょっと納得した。

旦那が“くだらない”っていう番組(とくに音楽に関するもの)は、ちらっとさわりの部分をみたらチャンネルを変えられてしまうので、どの国がどんなもんなのかっていうのが全くわからないまま、フィンランド代表が優勝(っていうのか?)したっていうことだけみることができた。

このフィンランド代表のバンド、ゾンビ系のホラー映画に出てくるようなメイキャップをして、ゴリゴリのロックを演奏していた。
かれらの演奏を見ながら、

カブキロックスみたいな感じだな

と思った、イカ天世代のわたしでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

到着から156日〜旦那のご両親来訪

本日のお天気:雨ときどきくもり

今日、旦那のご両親が遊びにきた。

自分たちが旦那の実家に遊びに行くのとは違って、片付けちゃんとしなきゃ とか、ごはんは何をつくろうか などの多少の緊張感がある。

私たちは、日本にいたときと比べたら未だにかなり質素な生活をしていると思うので、それを知っているご両親は、お土産にオリーブオイル、チーズ、マヨネーズ、コーヒー、ワイン、チョコレート、手作りブラウニーなどなどキッチンと私たちの胃を潤してくれるものを持ってきてくれた。

到着からお昼頃まではゆっくり紅茶をのみながら近況報告などをして過ごし、ランチには手作り肉まんをふるまってみた。最初は

自分が食べたいだけで肉まんをごはんがわりにするのってどうだろう。。。

って思ったんだけど、いわゆる普通の肉まんの具と、豚の角煮を詰めたものの二種類を用意しておいたら結構腹にたまった。“豚の角煮まん”は自分でいうのもなんだけど相当おいしくできたし、ご両親にも旦那にも大好評だったので、とっても満足。

その後でみんなでCity Centreまで歩いていって、もうすぐ2歳の誕生日を迎える旦那のいとこのプレゼント選びをしたり、カードを買ったり、マーケット内を散策したり、近くのMuseumに行ったりして家に戻った。その後はこれまた私が作っておいたいわゆるスイートポテト(さつまいものことではなく、スゥイーツのほう)をふるまった。が、これが微妙。“おいしい”とは言ってくれたけど、お世辞だったのではないかと危惧している。まぁ、リクエストが無い限りは作らないことにしようとこっそり心に決めた。

私たちが日本からの荷物を受け取ってから、初めてのご両親来訪だったこともあり、私の小さい頃の写真などをみせたことがなかったので、数少ないながらもいくつかのアルバムをみていただいた。しかし、前にも書いたことがあるけど、赤ちゃんって誰でもかわいいわけではなくブサイクな赤ちゃんもいるわけで、わたしはどっちかというと後者だったと思っているから、ものすごくカワイイBabyだった旦那のご両親にブサイクなBabyだった私の写真をみせるのは、非常にきがひけた。。。それでも、私が父と一緒に写っている写真もみせることができたことで、特に義父が

お父さんの写真がみられて良かったよ

と言ってくれたので、私もよかった。

夕食には近所のタイレストランでコースメニューをいただき、おいしい思いをした後で、ご両親は私たちの家をあとにした。

程よい緊張感と家族の温かさに包まれた一日であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から155日〜いつも会うおっちゃん

本日のお天気:雨ときどきくもり

私たちが住んでいる街は、City Centreと呼べる地域を徒歩で歩きまわれるくらいのこじんまりとした街なので、友人たちとどっかのパブで待ち合わせするにしてもそのパブの名前と通りの名前をいえば知らないうちに友達の友達などが集まってる。
そんなかんじの街なので、知りあいでなくても

この人、前にも見かけたことがあるなぁ

と思う、印象深い人たちが数人いる。
そういう人たちの中でも、ナゼか、ナゼだか私が出かけるときに8割の確率で見かけるおっちゃんがいる。彼はいつもバッグパックを背負って、マウンテンコート(なんだかなつかしい響き。)を着ていて、そしてかなり独特な雰囲気をかもしだしている。というのは、彼はいつも異次元にいるかのように目を閉じてゆっくりとしたペースで歩いているか、ものすご〜く遠くをみつめて歩いている。

パッと見だけでは、特別“不思議さん”って感じではないんだけど、彼の歩くペースや、その遥か彼方を見つめる目に気づいて、さらに何度も見かけると

今日はどこを見つめているのかしら。。。

と、とても興味がわいてしまった。

しかし、このおっちゃんは本当によく見かける。私がでかけるのは平日の日中だっていうこと以外、曜日も時間帯もまちまち。それなのに。。。

残念ながら、よく見かけるとはいえ彼は常に異次元空間にいるようにみえるし、私が勝手に彼のことを覚えただけなので、会話をかわすことはこれからもないでしょう。

でも、とても興味深いおっちゃん。ある意味、気になる人です。

ところで、 Arsenal(アーセナル)から移籍するのでは?といわれていた Thierry Henry(ティエリ アンリ)が Arsenal でプレーを続けることにしたというニュースが流れた。彼のサッカーもインタビューのときの発言もルックスもとてもナイスガイな感じで、好きな選手の一人。Englandにきてから、彼が頻繁にテレビにでているので彼のプレーがいつもテレビでみれるっていうfootballファンにとっては恵まれた環境にいることを忘れていた。“移籍するかも”っていうのを知ってから

行かないで〜

と初めて思った。
ワールドカップはもう目前。どうやらEnglandでは全試合のテレビ放映が保証されているらしいので、日本の試合も(タイミング悪く仕事をすることにならなければ)全部見れるでしょう。超楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から154日〜昨日の Champions League Final

本日のお天気:くもりと晴れと雨の繰り返しで夕方ちょっとカミナリ

毎週水曜恒例のバドミントンと Champions League の Final が重なってしまって、バドミントンを選んだ私はFootballをライブで見ることができなかった。

バドミントンをする市内の体育館でも試合の模様が少し見れたので、 Arsenal 1-1 Barcelona になったところまでは知っていた。特にどっちをサポートしているというわけではないので、 家に帰ってテレビで結果( Arsenal 1-2 Barcelona )を見たときは 

Arsenal 負けちゃったんだ〜。でも Barcelona もすごいチームだもんね〜。

なんて思うくらいだったんだけど、今日のスポーツニュースで 審判が公平でなかったらしい ということがいわれているのを聞いたら、すっかり考えが Arsenal 寄りになってしまった。

ゲームを見てないから詳しいことはわからないし、私は Arsenal がプレーしている国にいるからそういうニュースが耳に入るだけなのかもしれないけど、あと3週間程度でワールドカップ開幕ということを思うと、審判のみなさんには私情をはさまない公平なジャッジをしていただきたいと願う。

ところで、おととい発見したバスタブ配水管の水漏れは、天井からの水漏れのときにお世話になった plumber(プラマー:配管工)が直しにきてくれて問題解決した(と思う)。
っていうか、今回の水漏れは彼の仕業だったらしい。
前回洗面台の排水のつまりを解消するために、いろんなところを開けたり、外したりしたときに、バスタブの排水パイプをきちんと閉めてなかったらしく、今回の状況確認をしたとたん

すみません!これは私の責任です。ごめんなさい!!

と何度もあやまりながら直していった。

これ以上、新しい問題がおこらないことを願おう。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

到着から153日〜手にチューを!

本日のお天気:くもりのち雨

先週から家のトラブル続きでさすがに凹んだ私は、今日郵便局に行きついでに近くの公園でまたちょっと勉強しようと思って外へ出た。

郵便局も、一番近いところは前回おつりを渡した渡さないで窓口の人とモメたところなので、公園により近い逆方面の郵便局に行った。

最初の目的は無事終了し、公園に行ってベンチに落ち着いた後のこと。

ここに座ってもいいですか?

と声をかけられた。

相手は男性。イギリス人ではなさそうだけど、どこの国の方かはわからない。

そのとき他のベンチはガラガラだったので、

他にもいっぱい空いてんじゃんよ〜

と思ったけど、無下に断ることもできずとりあえず いいですよ と返事をした。

私はあくまでも勉強するためにそこにいたので、いろいろテキストみたいなものも開いてるし、書き物もいろいろしてるっつーのに、その男性は

勉強してるの?それは中国語?名前はなんて言うの?

などなどいろいろ聞いてくる。

うっせーなぁ!!

と思っても Fxxk off! なんていう度胸もないので聞かれたことにだけ答えてたら

Nice to meet you

って手を出してきた。
もちろん握手を求めてるだけだと思ったので手を出したら、なんと!握手しついでに私の手にチューしようとしやがった!!!

キモ〜〜〜〜〜イ!!!!キモイキモイキモイキモイ!!!!!!!

こっちにきて、挨拶と一緒にハグするとかいうことはもちろんあるけど、見知らぬ人とは絶対にそんなことしないし、手にチューって!!!

てんめぇ!!

と思ったけど、今度は気が動転しかけてるので声が出ない。反射的に手は引いた。

その後も、

結婚してるのか?旦那さんのことが好きか??

とかバカみたいなことを聞いてくる。

このクソ野郎。とっとと失せろ!キモイんだよバ〜カ!

と思ったけどそんなことももちろん言わず、あっさりと対応していたら、そのうちに去っていった。

その見知らぬ男性の姿が見えなくなった後、速攻でその場を後にしたのは言うまでもない。

手にチューって。

キザというかなんというか、何も好意を持っていない人にされるとキモさ100倍。

私、公園でも落ち着くことができないの。。。

とまたしても少し凹みました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

到着から152日〜英国生活6ヶ月目突入

本日のお天気:晴れとくもりが半々

私の英国生活も5ヶ月が経過した。

最近、このブログの引越作業をぼちぼちしていて、今までの記事を読み返してみたりしていると、なんだかいろんなことが凝縮しておこった感じがする。

楽しいことも、いいことも、ムカつくことも、泣けることもあったけど、特にこの家に引越してきてからのおうちのトラブルは本当に盛りだくさんで“トラブル祭り!”って感じ。

そして本日も〜、ラララ〜、発見♪

バスタブの排水管からみ〜ず〜も〜れ〜。

今度は床下浸水。

こういうことがあるたびにこんな私でも精神面にダメージはうけるけど、一番最近読んだ大好きな村上龍さんの本『最後の家族』(本自体はかなり前に出版されたもの。ドラマ化もされたからドラマを知っている人は多いかも。私はドラマは見てない。)の一文が今の私のキーワードになっている。

それは、宝石デザイナーの男性が宝石デザインの仕事を始めた頃に考えたことを語っているときのセリフで

誰でも(自分の仕事を)辞めようと思うことはあるけど、誰かが自分を辞めさせようとしてるって思うようにしたら考えがかわった

っていう内容のもの。

私もいろいろとまぁ初体験のハプニングがあり、も〜イヤだぁ〜!!って思うことがあっても、

誰かが私のことを日本に帰りたくさせているのかも。。。

って思ったら、

はは〜ん、その手にはのりませんよ〜。

って思うことができる(気がする)。

まだたったの5ヶ月。
のんびりやっていきます。

Book 最後の家族

著者:村上 龍
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から151日〜“ダンデライオンバードック”という飲み物

本日のお天気:雨とくもりが半々で夕方から晴れ

今だにスーパーなどに買い物にいくと“コレは一体何者?”と思うものがある。
特に食べ物、飲み物系にそういうのが多いんだけど、先日“ダンデライオンバードック”というPOP(British Englishでは炭酸飲料全般をPOPと呼びます)に初挑戦したというか一口試した。

“ダンデライオン”はタンポポって知ってたけど“バードック”ってナンだろうと思って調べてみたら、なんと“ゴボウ”だっていうじゃないか。“タンポポゴボウ”だなんてそんな炭酸の飲み物、絶対マズそう。

これ、色はコーラがもっと濃いぃ感じ。んで、旦那が 喉が渇いた ってこれを買ったので一口飲ませてもらった。

う〜む、予想通りマズい。

強烈に甘いし、薬っぽい。
旦那曰く これは他のダンデライオンバードックよりもっと薬っぽくてあんまりいいクオリティじゃない とのこと。

うちの旦那様、Dr. Pepper とかが大好きなので、共感できる人とかイギリスにきて味はともかく印象に残るモノを試してみたい人にはお勧めできるかも。

おもしろい名前の日本の飲み物として“ポカリスエット”がよくあげられるらしく、その理由は 飲み物の名前に“汗”なんて名前、英語圏ではつけない ということらしい。
なるほどと思わないこともないけど

“タンポポゴボウ”だって嫌だよ。

と思う今日の私でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から150日〜いまごろ花粉症

本日のお天気:グレーときどき小雨

ここ最近、鼻のアレルギーがひどい。
朝起きてすぐグスグスしはじめて連続のくしゃみと滝のような鼻水に悩まされていた。

イングランドにくればスギ花粉に悩まなくて済む

と思っていたらば、どうやら別な種類の花粉がイングランドからではなくノルウェーやらスゥエーデンなどのスカンジナビア半島あたりからドンブラコドンブラコと風に乗ってやってきているらしい。。。

ただでさえ紙製品が高いんだから、無駄に消費したくないわ。

そう、ティッシュやトイレットペーパーなどの紙製品、日本と比較するととても高いと思う。

安いと思えるトイレットペーパーは12ロール入りで£2(約400円)。この値段は“激安ショップ”みたいなところの値段で、スーパーなどで安売りしているものだと、9ロール入りで£3.50(約700円)とか普通。

ボックスティッシュも5個セットで売られているのは、まだ見かけたことがない。あっても“ツインパック”とかいって、2個セットくらい。それも確実に£1(約200円)以上はするから、私の感覚ではやっぱり高い。

アレルギー持ちには、なかなかつらい紙事情です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から149日〜FA CUP Final 観戦

本日のお天気:グレー

本日 FA CUP の決勝戦の日だった。FA CUPがどういうものなのかよく知らなかったので旦那に聞いたら日本の天皇杯みたいなものらしい。

決勝に進出したのは Liverpool と West Ham United。
義父と義父の弟さんと旦那は West Ham United をサポートしていて、義父と義父の弟さんは今日の試合をスタジアムまで見に行ったらしい。 West Ham UnitedがFA CUPの決勝に進出するのは約40年ぶりらしく、旦那も数日前から「土曜はうまいビールを買ってきて Football 観戦!」と言って楽しみにしていた。Football観戦は大好きなんだけど、Englandにきてからまだどこのチームをサポートするか(したいか)は決まってない。ただ、半強制的に West Ham をサポートしろよ っていう雰囲気が旦那の家族方面から漂ってきている。。。

お昼過ぎに歩いて数分のところにある酒屋へ行った。そのお店のビールのセレクションの多さに圧倒されて、棚をみているだけでワクワクしてしまった。

本日の Football 観戦のために選んだビールはこの5本。

20060513beer
左から Anker(ベルギー)、 Schneider-weisse(ドイツ)、 Double Stout(イングランド)、 Mocha Stout(イングランド)、Duvel(ベルギー)というラインナップでございます。


午後3時、kick off。
最初のビール( Mocha Stout )を飲み始め、試合開始から20分でなんと、Liverpoolのオウンゴールによって West Ham が1点先取した。決勝戦でオウンゴールだなんて、 Liverpoolにとっては Bad luck としかいいようがない。そしてその後27分に West Ham が追加点!試合開始から30分で2-0だなんて、これからどうなるんでしょう!と思っていた。

しかしその直後、Liverpool がゴールを決めたか!?と思ったら、オフサイドの判定。これもまたまた Bad luck なことに、スタジオの解説の人たちほとんどみんなが「これは、、、オンサイドじゃないですかねぇ。」とリプレイをみながら言っている。
その判定の直後、今度は本当にLiverpool がゴールを決め、2-1となり、そのまま前半終了。

後半が始まり、53分には Liverpool が追加点を入れなんと2-2となってしまう!どうなっちゃうんだろう!!と思っていたらその10分後にWest Ham がゴールを決め3-2となる。

このまま守りきってほしい。。。

と祈るような気持ちで見ていたが、サッカーって最後の笛が鳴るまで本当に何が起こるかわからない。なんと試合開始90分にLiverpool がゴールを決めた。これで3-3。引き分けで90分終了した後は15分ハーフのゴールデンゴール形式の延長戦があり、それで得点がなければPKとなるらしい。

延長戦での得点はなし。そしてPKが開始された。
PKが始まる前、旦那が

オレがサポートするチームがPKで勝ったことがない。。。

となんとも望みのない発言をするので

今日は違うかもしれないじゃん

と言ってテレビに集中した。

West Ham が先攻。

     1  2  3  4      
West Ham × ○ ×
Liverpool ○ × ○

という結果でゲームは進み、この次 West Ham が成功しなければ Liverpool の優勝が決まってしまう。

結果は、

Liverpool のGKの素晴らしいセーブによりLiverpool の優勝が決まった。

旦那と共に West Ham を応援していたので、とてもとても残念な結果だったけど、ものすごく緊張した試合だった。Liverpool のGKがものすごくいい仕事をしていて、感動すら覚えた。

あとひと月たらずでワールドカップも開幕するし、これからもFootball観戦が楽しみだ。

ところで、今日買ったビールについてのコメントですが、 Mocha Stoutは“コーヒーやチョコレートのフレーバーが楽しめる”はずだったんだけど、ちょっと鉄分の多い黒ビールというイメージで、たぶんもう買いません。
私がもう一つ飲んだ Anker はものすごくおいしかった。白ビールっぽいまろやかな味でちょっとレモンっぽいフレーバーが残る感じ。
旦那が飲んだ Schneider-weisse、Double Stout、Duvel はどれもはずれなしのおいしいビールたちでした。Duvel は 池袋TOBU のビール売り場からもよく購入してた、アルコール度数8.5%というナイスなビールです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から148日〜神様のいたずら

上階のボヤ騒ぎがおさまったころ、外はカミナリのなる大雨。
友人宅にて初バービー(旦那語で“BBQ”)を予定していたので、晩飯の支度はしてない。午後7時頃には雨があがり、バービー主催者宅に連絡を取ったところ、かれらも準備万端で、食べるものも飲み物も用意してるから雨でも遊びにきて とのこと。午後7時頃には雨も上がった。が、天気予報では夕立が数回に分かれてくるようなことをいっていた。

バービー主催者宅に到着したときは、これからバービーできるんじゃない? という雰囲気になり、炭に火を入れ始めてみた。

空には怪しいグレーの雲もちらほらみえる。。。

炭にやっと火がついて、ソーセージなどをのせ、いい感じに焼けてきた頃

ポツッ、ポツッ、ポツッポツッポツッポツッ

ときました、次の雨。

幸いにして2種類のソーセージがちょうど焼き上がったところだった。

私以外の全員が

Godが“まだ5月の前半だってのにBBQなんかさせません!”って言ってんだよ

と言っていた。
それにしても素晴らしいタイミングで雨が降った。

結局、お家に入って焼き上がったソーセージをバンズにはさんで食べて(おいしかった)、その後は屋内でトランプで遊んで帰ってきた。

20060512shithead
この写真はトランプで負けた人のバツゲーム用のうんこです。これ、ゴムがついてて、頭にかぶれるようになってます。私たちの結婚式に来てくれた友人が、ハンズで買ってはるばるイングランドへもってきたらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から148日〜<速報>本日は火事!!

本日のお天気:晴れ夕方カミナリと夕立

これから友人宅にて初バービー(旦那語で“BBQ”のことらしい)なので、今日の話題はそのことにしようと思っていたのに、またしてもやってくださいました上階の住人。

火事です。

といっても、私は今こうしてパソコンにむかっているわけなので、私たちにはとりあえず大きな被害はありませんでした。これを読んでる私の家族は心配しないように。

たぶん午後4時半から5時の間だったと思う。
どこからか“ピーピーピーピー”という警報機の音がしてきた。

家の近所にはよく強盗とか空き巣対策の警報機が鳴っているお宅があるので 今日もそれなのかなー なんて思って私はリビングでお勉強していた。今思えば、そのときに煙探知機だってことに気づけばよかった。まぁ、今さら遅い。

そしてしばらくしたとき、なにやら香ばしい豆を煎っているようなニオイがしてきた。
そのときも私は あー誰かお料理してんのねー と思っていた。

そしてまたちょっとしてからリビングの外を見てたらうっすら煙のようなものがもやもやしているのが見えた。リビングの窓の下には交通量の割と多い道路があるので、そのときも私は これって排気ガス? と思っていた。

今考えれば、この全部の条件で 火事 をナゼ想像できなかったのかが不思議。私の思考回路ってどうなってるんだろう。。。

そしてもうちょっとしてから、やっと気づきました。

このニオイは確実に何か燃えているニオイだ。はっ!この警報機も火災探知機だっ!あぁ〜っ!!さっきの煙もぉぉおお!!!

ただ外に出ただけではどこから煙がでているのかがわからない。でもニオイはとても近いので、ひとまず携帯と鍵と財布と手帳とパスポートとリップクリームをバッグにいれて外に出た。ひとまずフラットのまわりを一回りしてみる。絶対この建物だと思うのに、どの部屋かがわからない。ちょうど駐車場のあたりにいたとき、他の部屋の住人が建物の中に入っていった。私は旦那がちょうど帰ってくるころだったので、家の中にいるのも恐いしクサイので外にいることにした。
ほどなく旦那が戻ったとき、さっき建物に入っていった人がちょうどビルの入口のところにいて、

3階の部屋から火がでてます

と教えてくれた。
その部屋が、ここ最近何かと話題のうちの上階の部屋。

またかよ。。。

そしてFire Engineが到着し、火が出ている部屋に入っていったとき、

また、わたしんちも水浸しになっちゃうの〜。。。

と思わずにはいられなかった。

幸いにして、 元の部屋のキッチンがこげたかボヤ程度ですんだらしく、Fire Engine到着から30分後には部屋に戻ることができた。

建物全体が燃えちゃわなくてよかった。
幸いにしてわたしたちの部屋も水害にあわなくてすんだ。
しかし、、、せっかくあのクサイ水のニオイを退治したと思ったのに、今度は家中が煙臭い。

ニオイくらいで済んだから良かったんだと思わなきゃダメなんだけどさ。。。

まいりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から147日〜公園にて

本日のお天気:晴れ

最近、ちょっと勉強したいと思うことができて、というか、前に勉強したことをもう一回やり直したいなと思いはじめた。

しかし、気候が暖かくなってきた今日この頃、昼間一人でうちで“勉強”ってなかなかできない。睡魔と戦い、あっさり負ける。
そこで考えた。

外に出よう。

うちのそばにはいい感じの公園がある。
ベンチもあるし、芝生の上に座っている人もよく見かける。
カフェに行くなんてもったいないことできないし、今の私がカフェに行こうとしたら、間違えたふりしてパブに行って昼だろうがビール飲みはじめるのが目に見えている。

そして午後2時半頃に勉強道具を持って、UV対策もしてでかけてみた。

平日にも関わらずけっこう人がいる。
20060511park1
ベンチに座ろうかと思ったけど、なんとなく芝生に座っている人たちの方が気持ちよさそうだったので、私もよさげな場所を見つけて腰をおろした。
それほど風も強くなくて気持ちいいんだけど、しばらくしたら日射しが暑くなってきた。

UV対策したとはいえ、日陰にはいろうかな。。。

と思い、そばの木の下に移動してみる。
しばらくしたら今度は尻がほのかに湿気っぽくなってきた。
そこで、今度は日向と日陰のちょうど間くらいに移動してみた。

とそんなことを繰り返しながら、前に使っていた資料などを読み返す。
やりっぱなしになっていたので、資料がバラバラで、それを整理するだけで結構な時間が経過してしまった。

今日みたいに晴れてて風もなければ、家にいるよりずっと作業ははかどりそう。
もし、今日外に出てなかったら、間違いなく昼寝してた。

しかし、困ったことは昆虫まみれになること。ベンチに座ればそんなことないのかもしれないけど、結構資料が多いし、芝生に座って靴も脱いじゃって“家かよ!”っていうくらいリラックスできてるほうがいい。

さて、これが継続できるかどうかが問題。たった一回で終わらないようにしなくては。
20060511park2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から146日〜訪問者

本日のお天気:晴れ

本日、二人の訪問者がいた。

一人目は午後2時頃やってきた。

が、いきなり鍵穴にキーを差し込んでいる音がするではないか。

うちの鍵を持っている人は旦那と不動産屋だけ。
何かがあって旦那が仕事を早退してきたか、不動産屋がきたかどっちかしか考えられない。
不動産屋だとしても、入居中の部屋に勝手に入んのかよ と思う。
うちの玄関ドアはくもりガラスがハマっているので、ドアの向こうの様子はドアを開けなくてもわかる。ドアの向こうの人にも中の様子がわかってしまう。

ちょっと恐ろしいなと思いながら様子をうかがってたら、その訪問者は確実に鍵を開けようとしている。

ちょちょちょっちょちょちょっと〜。。。

と思いながら相手が私の姿に気づくところまでドアによっていってみた。
こんなときに 英語でなんて声かけたらいいのか なんてことは考えられず、無言のままで。
くもりガラス越しに私の姿に気づいた訪問者。
どうやら上階の住人らしく

「ごめんなさい、部屋間違えちゃいました!私んとこもう一階上でした!!」

と言って本当の自分の部屋に戻っていった。

あぁ〜、あなたがクサイ水の主でしたかぁ。

と思ったけどもちろんそんなことはいってない。(詳細は昨日の記事を参照)

そして二人目の訪問者。
うちには建物の入口にセキュリティドアが“一応”ついているので、鍵が無い人は用のある部屋番号のブザーをならしてそのドアを開けてもらう必要がある。

※ナゼ“一応”かというと、つくりがちゃちいのでドアが閉まりきってないことがよくあるのです。

午後3時頃そのブザーが鳴った。

「小包が届いてるんですけど。」

とのことだったのでドアを開けてあげた。

が、何分経っても誰もやってこない。
うちは2階なので、そんなに時間がかかるとは考えにくい。
んで、そのセキュリティドアのところまで確認しにいってみたけど、誰もいやしない。

部屋番号の押し間違いだったんだろうけど、わざわざ英語カタコトの私のところに間違うことないじゃん。「小包が届いてるんですけど。」って最初聞き取れなくて2回言わせたからね。

ところで、今日は昨日のクサい水漏れ事件の後始末をするために再度ブリーチの薄め液でバスルームのカーペットを拭いて、さらに“ファブリーズ”を買ってきた。(こっちにもあるのです)これは明日試す予定。なんとなく、部屋のあちこちにあのニオイが残っている感じがして気持ち悪い。

買い物に行ったついでに街でとった写真をのせます。いつもどおりたいしたもんじゃないけど。
20060510townhall

| | コメント (2) | トラックバック (0)

到着から145日〜またしても初体験

本日のお天気:くもりのち晴れ

前に『到着から88日〜お家のメンテナンスをこまめにしましょう。』 っていう記事で、キッチン軟禁事件について書いたことがあるけど、いやはや、思いもよらないことは起こるもんだ。

先週木曜から洗面台の排水の流れが遅くなっていた。
ちょうどそれを発見したのは朝で、旦那が電気シェーバーにたまっていたと思われるヒゲの粉を洗面台に捨てたらしくて、私はそれが原因だと思って、

ヒゲの粉洗面台に流しちゃダメだよ、流れ悪くなっちゃったじゃん。

と問いつめたら、

トイレの後、手を洗ってるときからおかしかったよ。それに排水溝がつまるほど、ヒゲの粉流してねぇよ。

といわれた。

確かにそうだね。
あのちっちゃいシェーバーにそんなにたまってるわけないよね。
ごめんなさい。

これがことの始まり。

20060509plunger それから数日のあいだに、Unblockerというパイプのつまりを解消する液体を使ってみたり、英語だと Plunger っていうんだけどトイレが詰まったときに使う吸引器(っていうの?)を使ってみたりしたけどまったく効果無し。
<- コレです。コレ

そして昨日。流れは完全にストップした。夜に再度 Unblockerを排水溝にながしてみたが、今朝になっても全くながれてない。

マジかよ〜。

と思ってバスルームにいくたび Plungerでガボガボやってみるけど、まったく流れていく気配無し。

それで午後になり、事件はおこった。

天気もよくなってきてちょっと眠たくなったので、近くの公園にでも行ってこようかなぁと思っていたときのこと。

バスルームから水が流れている音がする。
(以降、私の心の中のつぶやきです。)

ん?なになになに??なにごと???
もしかしてうちの排水溝???
(洗面台をのぞく)
なんだちがうじゃん。
えー、でもなんでなんで?なになに、この音??
上の人かなぁ。風呂でも入ってたのかなぁ。
それにしてもすごい音だな。おい。
風呂の水ながしたらこんなすごい落とすんの〜?
まじで〜。

(ポタッ)

冷たっ!しかも、クサっ!!

(ポタポタポタポタ)
(ジョンジョロジョンジョロジョンジョロジョンジョロ)

そしてバスルームの天井(ライトの部分)からものすごい勢いで水漏れし始めた!

しかもクセぇ!
マジ、クセぇ!!
しかも頭にちょびっとかかっちゃったよ!!!

どうしたらよいのかわからず、文字通り 右往左往。

旦那に連絡しようか。
いやいやそれよりもせめて水のひどいところにバケツをおいて。
水が落ちてくる部分がかなり広範囲だから使ってないバスタオルをとりあえずひいて。

とそこまでやったところでドアをノックする音が聞こえた。
開けてみたらいかにも作業員風の男性で、何やら上の階の排水がどうのこうの言ってる。

なんでもいいから、大変なことになっちゃってんのよ〜。

とうったえたらバスルームの様子を見て、

こりゃひどいね。ちょっと待ってて。道具もってくるから。

と言って数分後に戻ってきた。

どうやら、うちの上の部屋の排水が詰まっているということで呼び出されて、それを直している間に配管が外れたかなにかしてしまって、漏れた水が床下を通ってうちの天井から漏れたということらしい。

その後、約1時間程度でうちの排水のつまりを取り除いて、天井からの水漏れ対策をして、後で何かあったときのために連絡先も置いて帰っていった。

排水溝はもう問題なし。

しかし新たな問題が出現。
バスルームのライトはスポットライトが2つ双方向を向いて土台にくっついてるんだけど、天井からの水漏れ対策でライトを天井から外したときに、1つが バキッ という音とともに土台部分から外れてブラブラ状態になってしまった。
これについては、今日の修理の人が不動産屋に連絡してくれるとのことだった。

そしてもう一つの問題は ニオイ。
うちのバスルーム、カーペット敷きなんです。
そのカーペット、天井から漏れてきた上階のくっさい排水をたっぷり吸収しましたよ〜。はい。
敷き込みカーペットでも自分で取り外したりすることはできるので、これも修理の人が ちょっと外で乾かしてからブリーチを溶かした水で拭いたらいいよ と教えてくれたので、ひとまずそのようにしてみた。

天井から水漏れするなんて、まったくもって初めての経験だった。
しかもクサいし。

はぁぁ〜、ぐったりの一日だった。

クサイ話題だったので気分転換に新緑の街並の写真を載せます。
20060509nw

この道ばたでみつけたリス。さすがにすばやいのでぶれちゃった。しかも赤目処理するの忘れたから悪魔みたいになっちゃった。
20060509risu

| | コメント (3) | トラックバック (0)

到着から144日〜「エ〜ニボデ、パェァン!」ってどういう意味?

本日のお天気:くもりと雨

マーケットでのこと。

日本の市場と同じように、お店の人たちは声をはって自分のところの宣伝をしている。

んで、マーケットに立ち寄るたびに聞こえてた少しだみ声のおっちゃんのかけ声。

エ〜ニボデ、パェァン!

なんて言ってるのかさっぱりわかんなかった。

Anybody なんとか、、、っぽいけど意味が全く通じないよねぇ

と思っていたら、今日立ち寄ったときにそのかけ声のするお店の、滑舌のよいスタッフの人が

Any boul a pound!

といっていた。

日本の八百屋のザルみたいに、ボールに野菜なり果物なりを入れて売ってて、どのボールも£1(約200円)だということだった。

胸のつかえがすっきりとれた感じ。

日本語が少しわかるノンネイティブのひとが日本の市場にいったら、あの独特のかけ声はどうきこえるんだろう。

しかし今日はいいこと困ったことがいろいろな日だった。

  • パクチーとホーレンソーのそこそこでかい束をあわせて£1で買えた。
  • ブッチャー(肉屋)で買ってきたハムがうまかった。
  • 晩飯に作ったおそばのサラダがうまかった。
  • 洗面台の排水溝が詰まった。
  • さらにそれを解消しようと思ったら状況が悪くなった。
  • 郵便局でおつりをまちがえられて、それを局員に言ったら「私は絶対に正確に渡しましたよ。どっかしまったんじゃ無いんですかぁ?」と逆に疑われてしどろもどろで嘘ついてないことを伝えて正しいおつりをもらった。

洗面台の排水溝はかなりやばい。
どうしましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

到着から143日〜遠近法は使ってない

本日のお天気:とってもグレーのち晴れ

20060507vegies これ左からラップに包まれたキュウリ、長ネギ、ナス。

大きさの割合が日本のものと違う。

最初この巨大キュウリを見たときは驚いた。
味は日本のキュウリの方がおいしいと思う。っていうか私は日本のキュウリの方がすき。
何が違うかといえば、水っぽいばっかりであんまりキュウリの味がしない。

長ネギはミニチュアサイズ。味は(日本のものと)それほど違わないと思う。

ナスはこの大きさのが標準でスーパーなどで売っていて、他のまるっこくてちっちゃいのとか、日本のスーパーで標準で売ってるサイズのはマーケットや八百屋っぽい店にいくと買える。

私が住んでいる街には市民が利用するマーケット(市場)がある。
その存在は知っていたけど、つい最近までなぜかあまり立ち寄らなかった。
だからまだマーケット内全部をみてまわってなくてよく知らないんだけど、野菜、果物、生花、鉢植え、生地、洋服などなどバラエティにとんだ店があるらしい。

これから、ことあるごとにマーケット探索しようかなと思う今日この頃。

これがそのマーケットの様子です。(見にくいかな)
20060507market

ところで、今日はカボチャ風コロッケとキャベツメンチコロッケを作ってみた。
なぜ“カボチャ風”かというとカボチャではなくバターナッツスカッシュというカボチャに味がよく似た野菜をつかったから。
まぁ“バターナッツスカッシュコロッケ”でもいいんだけどさ。

このバターナッツスカッシュ。
カボチャに味は似ているものの“ホクホク感”が全く無し。
水分が多い。ベチャベチャなんです。
しかしパンプキンがスーパーではほとんど見られないので、代用野菜を使うしかなかった。

そしてどうしてもコロッケが食べたかった。

茹でた後で水分とばせば、ホクホクした感じに近くなるんじゃない。

と思って、多く作っても冷凍してとっておけるように、使ったレシピ通り4人分のコロッケができるように材料を準備。

ところが、バターナッツスカッシュの水分をとばして、ちょうどいい水分の量になったかなと思ったら、とても4人分のコロッケには足りないだろうという量まで目減りしてるじゃないか!

手間がかかる分作り置きしておこうと思った私の計画丸つぶれ。

結局一回で食べきれる分しか作れなかった。
味はとてもとてもよかった(カボチャよりも甘め)けどなんだかがっくり。

手作りコロッケって私の母の味の一つだな。
母が作るのは北海道のおいしいイモのポテトコロッケ(しかもサイズがでかい)だったけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から142日〜食器の泡は流すか否か

本日のお天気:晴れのちくもりときどき雨

前に『到着から78日〜泡が残ってるじゃないのよ!の巻』っていうタイトルで記事を書いたことがある。

それを見てくれた日本の友人Y様。
彼女はカナダに滞在していたことがあり、

カナダでも食器を洗った後は泡をすすがなかった

とメールをくれた。

その後さらに

ニュージーランドに留学していた牧瀬里穂もあっちでは食器の泡をすすがないってテレビで言ってた

という情報を教えてくれた。

そして今の私たちのギモンは

こうも泡を流さない率が高くなってきていると、泡を流す私たちの方がおかしいのか。。。

ということ。

他の国々の人たちは 食器の泡 についてどういう習慣があるんだろう。
ものすごく気になる。

ところで、今日は旦那と共にCity Centreに買出しにでかけたが、目的地に到着するころには雨が降り出した。
天気は変わりやすいので、買い物が終わる頃にはやむかなと思っていたけど、今日の雨は私の思うようにあがってはくれずバスでの帰宅となった。

渡英後、初バス。
旅行できた時にも利用したことがあったから、初体験ではないんだけど、久しぶりなので興味津々。旦那に全部やってもらったから、私はのっているだけですんだんだけどさ。
そのバスは一応ダブルデッカーだったけど、車体の色はガイドブックにでているような赤くてかわいい感じじゃなく、日本の観光バスみたいな白地に紫とピンクのラインがはいっているようなやつ。私が住んでる街では赤いバスは見たことがない。

バスの利用者は多いみたいだし、路線も豊富にある。
これが乗りこなせるようになれたら行動範囲も相当ひろがるんだろうな。と思う今日この頃。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

到着から141日〜度が過ぎます

本日のお天気:晴れ

テレビのこと。

Englandにきてたった4ヶ月強のあいだに、日本のテレビでは絶対に見ることのなかった衝撃映像を何度も見た。

私たちは、Freeview Box というものをテレビに接続している。
これを使うといわゆる地上波のテレビ局の他に、無料のデジタル放送のチャンネルも見れるようになる。
全部で30チャンネル以上あるらしい。
実はテレビだけでなくラジオも聞けるらしい。
これで他に何ができるのか、いまいちまだよくわかってない。

たぶんデジタル放送のチャンネルでしかそういう衝撃映像は放送されてないと思うんだけど、ある意味興味深いものもあれば、絶対見たくないものもある。

じゃあ私が何をみたのかということだけど、例えば 人体の不思議展 とかに行くと見れるものとか、“ビューティコロシアム”みたいな番組で美容整形する人の手術中の映像 他もりだくさん。ブログにもっと具体的なことを書いちゃってそういう方面のマニアの人にこの記事が検索されてもこまるので何も書きません。

国によってテレビの放送基準ってこんなにちがうもんなのかと思う。

あとはバラエティとかも。
私には やりすぎじゃん って思ってしまって笑えないものも結構ある。

これはUSAの番組だけど、ジャッカス( Jackass )とかも私にはキツすぎるときがある。ウェールズ出身のメンバーで作られたジャッカスより強烈だといわれるダーティサンチェス( Dirty sanchez )っていう人たちもいるらしいけど、旦那がその人たちの番組を見てても私は見る気にもならなかった。

日本にいたとき、私はいわゆる地上波のテレビ局の番組しかみてなかった。
衛星のチャンネルも、ケーブルテレビも、そういうサービスに加入していなかったので、そっちのほうの事情は日本のことでもわからない。
もしかしたら今日書いたようなことは、日本でもあるのかな。
だとしたら、ショッキングだな。なんとなく。

ところで、今日は友人マイクの誕生日だったので、9時頃にパブに行った。
そのパブの2階がクラブスペースになっていて、友達の友達がDJをやっているらしく、1階でちょっと飲んでから2階へ移動した。

が、音楽の好みがとってもうるさい旦那様。
10:30までにクラブスペースに入れば無料だったので、その時間ギリギリに入場したものの、30分経った頃には

もうそろそろ帰ろうか。

といいだした。

店を出て歩きながら、

マイクの誕生日だし、みんなドリンク買ってくれてたから悪いと思ったけど、あんなクソみたいな音楽きいてらんねぇよ。

と不機嫌。

友人たちには別な機会にお詫びをしなくては。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

到着から140日〜 初ビアガーデン

本日のお天気:晴れで暑い

今日は晴れで気温も昨日以上にあがり半袖Tシャツで買い物にでても、汗ばむ暑さだった。

街を歩きながら

こういう日にビアガーデンに行ったら気持ちよく飲めるんだろうなぁ。

と思ってたら、仕事から帰宅した旦那の ただいま 後の神の一声、

ビアガーデン行く?

行きます!行きますとも!!

っていう勢いで返事をして、晩飯の支度もそこそこに近所のパブへ行った。

Englandでの初ビアガーデン。

私たちが最初のドリンクを買っているとき、先に到着していた友人リッチもちょうどカウンターにやってきて、

こっち(England)のビアガーデン初めて?気持ちいいんだよ〜。

と超楽しそう。

みんな考えることは同じようで、パブの中で飲んでる人は少ない。

子連れで来ている人もいた。

今日行ったところは、縦長の敷地に、半分くらいテーブルとイスがあって、残りの半分は芝生だけ。だから芝生に座って飲んでる人たちも見られる。

旦那が

日本の“ビアガーデン”ってホントの“ガーデン”じゃないことの方が多いんだよ

ってなことを友人たちに話していて あぁ、確かにその通りだ と思った。
私と旦那が行った日本の“ビアガーデン”は池袋パルコの屋上にあった。

“ビアルーフトップ”じゃ、ピンとこないもんねぇ。

調子に乗って半袖のままで出かけたら、やっぱり太陽が沈んだあとはひんやりしてきた。

みんなの話を聞きながら、すすめられるままに4パイント。

これからごはん食べるっつーのに。。。
しかも、作るのは自分だっつーのに。。。

<本日の 9番 NAKATA>
20060504nakata
景色の写真を撮ろうと思っていたんだけど、見知らぬ青年を隠し撮りしてしまいました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

到着から139日〜 Rooney負傷

本日のお天気:晴れでとても暖かい!

日本でももうワールドカップの話題はいろいろ聞こえてきてるんだろうか。

Englandは、スーパーや文房具屋に行っても、Englandの国旗がデザインされた(白地に赤の十字のやつ)グッヅがよく見かけられるようになってきた。

そんな中、Englandの20歳のストライカー:Wayne Rooneyが、先日のManchester Unitedのゲームで足を負傷した。回復には数週間かかるだろうとの診断がされているらしい。

選手の選抜(っていうんだっけ)ももうすぐなはず。(いつかははっきり知らない)Rooneyのケガの具合が良くなくて彼抜きになってしまった場合、Englandチームに取ってはかなり大きな痛手らしい。今週に入ってからのスポーツニュースではその話題ばっかり。

日本とEnglandは幸いにしてグループが違うから、最初のグループマッチのうちは、盛り上がれる試合が私の場合、2倍になる。

日本代表チームも、England代表チームも誰が選ばれるかひじょうにドキドキするね。

ところで、今日は晴れで暖かくて、昼過ぎから日がよく入る私たちのフラットは、夕方にかけてとてもいい感じの気温になった。

なのに、私は部屋の中でPCと一日たわむれて過ごしてしまった。

毎週水曜恒例のバトミントンに行くとき、街路樹に花が満開になってるのがみえた。

明日も晴れで気温がもっとあがるらしいので、買い物ついでに散歩しながら街の写真でも撮ろうかな。と思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

到着から138日〜はじめてのおつかい(クリーニング屋編)

本日のお天気:晴れたりくもり

今日、こっちにきて初めて“ドライクリーニング屋”に行った。

店に入って、スーツ2着出して、名前を言って、電話番号を言って、お金を払って、いつ取りにきたらいいかを確認して、

はい、終了。

やりとりが英語か日本語かの違いだけで、日本と全く同じ。

ただ、ここで困ったのが電話番号を言うとき。
家の電話番号は覚えてはいるけど、日本語で、さらにオリジナルなゴロあわせ(例えば「2403」なら「にしおさん」とか)で覚えているから、それを英語に直すのにもたもたしてしまった。

何度もお店の人に、

え〜っと、、、え〜っと、、、ごめんね。。。

と謝ったりしたけど、それ以外は(たぶん)問題なし。

でも一つ私が気に入らないのは、プライス表示している店が少ないので、安い店を選んで出すっていうのができないこと。(実は表示してあるのに、私が気づいてないだけかもしれないけど。)

今日利用した店はスーツ1着(ジャケットとズボン)で、約£8(1600円)。

高ぇよ。

--------

ところで、今日は私にとって特別な日だった。

あれから8年。

今年は英国の空の下で彼を想った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

到着から137日〜Stupid Weather!!

Early May Bank Holiday
本日のお天気:晴れとくもりと雨の繰り返し

東京あたりは最高気温30度だったらしいね。

私は(北海道育ちだけど)寒いのも暑いのも嫌い。
特に、東京あたりのあのまとわりつくような蒸し暑い夏は大嫌いだった。

こちらは、前にApril Showerについて書いたことがあるけど、Mayになったっておかしな天気は続く。

今日は気温も低めで家にいても一日ひんやりしてて、外は晴れてる思ったら、グレーの雲に覆われて、土砂降りの雨が降ったと思ったら、また晴れ間が出て。。。の繰り返し。

明日からの旦那のランチに使うサラダも買いたいし、引越してきたときに買った160個入り(!)のティーバッグもなくなりつつあるし、紅茶に必須の牛乳もないし、甘いものも買いたいからCity Centreに行きたいのに、晴れたと思って準備したら出かける直前に雨が降り出したりしてまったくタイミングがつかめない。

腹立たしい。

でもなんとか雨が上がった直後にでかけて、買い物を済ませ、ひどい雨に当たらずに無事帰還することができた。

今日はこのStupidなお天気に悩まされたけど、Lovelyな夏を経験できるのが待ち遠しい。

近所のパブにはいい感じのGardenがあるらしく、夏になるとそこで飲めるらしい。

あぁ、楽しみだこと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »