« 到着から131日〜ためこむ主義 | トップページ | 到着から133日〜コンピレーションCD作成中 »

到着から132日〜ゴミノブンベツって何の事?

本日のお天気:くもりときどき晴れ

わたしたちが住んでいるフラットは、4階か5階建て(あんまり気にしてないから正確にはわからない)の日本でいえば古いマンション。
ゴミ置き場は Ground Floor()にあるんだけど、それぞれの階に“rubbish shoot(ラビッシュシュート)”なるものがある。


Englandでは1階のことはGround Floorといって、2階がFirst Floor(1階)と呼ばれます。今だに慣れない。。。

鉄製の蓋みたいなものが大きい柱に取り付けてあって、その蓋の真下にはゴミ置き場がある。だからわざわざゴミ置き場まで行かなくても、各階からゴミを捨てることができる。

んで、私がここに引越して最初にギモンに思ったのは、

燃えるゴミと燃えないゴミとペットボトルとビンとカンと紙は分けなくていいのか?

ということ。
引越す前に居候していた友人宅では、プラスチックゴミとビン と 紙ゴミ と それ以外のゴミ という、そのころの私にしてみたら なんて大雑把 とも思えるものでも分別するようになっていた。

でも rubbish shoot には、燃えるゴミ用 燃えないゴミ用 って蓋が分かれてるわけじゃないし、どうなってるんだろうと思っていたら、

なんと!

分別の必要がないという事が判明した。

生ゴミも紙もビンもカンもペットボトルもぜ〜んぶ同じゴミ箱に捨ててます。

最初は相当びっくりした。
必要ないのになんとなくビン、カン、ペットボトルを種類別にしてみたりした。
ゴミを回収した後にリサイクルできるものとできないものとかに誰かが分けてるのかとか全くわかんないから、ちょっと興味があります。

マイケル・ムーア(映画:華氏911などの監督)が書いた本に、リサイクルゴミを分けて出しても回収の人が全部一緒くたにして持っていったっていうような話がのっていたり、私が日本で住んでいた街には立派なリサイクル施設があったけど、それを運営するのに金がかかるとかで、回収したゴミをその施設じゃなくて別な場所に運んでるらしいっていうようなことがテレビ番組でとりあげられたりしてたので、各家庭でどれだけ細かく分別しててもその後どうなっているのかって、あんまり信用できるもんでもない。

それでも決められた曜日に決められたようにゴミを出してたけどね。

今は好きなときに全部まとめてポイです。

回収後のゴミがどうなってるのか社会見学したくなってきた。

|

« 到着から131日〜ためこむ主義 | トップページ | 到着から133日〜コンピレーションCD作成中 »

UK life」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97978/1851708

この記事へのトラックバック一覧です: 到着から132日〜ゴミノブンベツって何の事?:

« 到着から131日〜ためこむ主義 | トップページ | 到着から133日〜コンピレーションCD作成中 »