« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

到着から47日〜「歌いたいっ!」の巻

本日のお天気:くもり時々晴れ

昨日からなんだか

 腹から声だして歌いたいっ

という気分。

日本にいたときは、それほどカラオケ好きというわけでもなかったのにふしぎ。

しかし、こちらにはカラオケボックスというものが無いので、

 どうせ外人だし

と思って、街を歩きながらちょびっと歌ってみました。

歩きながらだと呼吸も乱れるし、満足感全然無し。。。

がっくり。

家主カップルの彼の方が、プライベートでギターの先生をしているので、この無職の時期にギターを覚えて路上ででも歌おうかと思ってしまうよ。

---

今日のお食事
ランチ:バンズにフムスとコールスローのサンドイッチ
ディナー:旦那が作ったチリコンカンとゆでたイモ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から46日〜「居候生活もうすぐ終焉か、、、?」の巻

本日のお天気:晴れ

就活を初めて約二週間。
仕事がみつからないからといって探しまわっても、使えそうな派遣会社にはすでに登録しちゃってるし、そこから連絡がこなければまったく別なことを考えるしか無い。

会社への就職って、縁だったり、タイミングだったりもするから、焦ってもしょうがない。

何か自分で始めるにしたって“じゃあ今から”ってことはなかなか無い。
頭を使えばあるのかな。。。?

特にこれと言って今日やらないといけない事はないので、買い物に行って、仮契約した部屋の不動産屋に行った。

進捗状況はというと、

 あと書類を一つ待つだけ

とのこと。

おほほー!!!

と叫びたかった。(もちろん叫ばなかったけど)

家主たちは本当に素晴らしいカップルで、

急がなくてもいいからね

と言ってくれる。実は居候生活にも慣れてきた。
が、この状況に甘えっぱなしでいるわけにはいかない。
何しろ、金が出ていくばっかりで入ってこないんだから。

家主カップルに対しても、いつまでも30過ぎの無職の夫婦が居候させてもらってることは、本当に心苦しい。

でも、これももうすぐ終焉の兆しが見えてきました。
とてもうれすぃーっ!

---

ところで、今日ディナーに焼きそばを作ってみた。
味はなんとかかんとかいい感じになったんだけど、使った中華鍋がこれまた、麺が全部くっついちゃって。。。

どうしてこう見かけよくできないのかしら。。。

今日のランチ:ラザニア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から45日〜「資格とか学歴とか経験のこと」の巻

本日のお天気:晴れ

インターネットを使ったり派遣会社まわりをしながら、仕事を探したり、自分がこれから(仕事として)やりたいことを考えていて、かならず一度は考えさせられるのが学歴・資格の事。

私は高卒。

進路を決めるときに私は

どこかの会社に入って仕事をして給料をもらいたい。自分で稼ぎを得てそれで生活したい。

と思ったし、その道を選んだ。

(高校生のときは)勉強すれば、テストでいい点をとる事はできたし、先生の前でもいつも猫をかぶっていたから内申点も良かったらしい。

ただ、私は高校卒業してからも学校で勉強することにうんざりしていた。
特に、専門に勉強したい事も無かった。

だから、就職した。

専門の学校に入らないと勉強できないことをやりたくなったら、そのときに学校に行けばいいと思っていた。

ただ、やりたいこととか勉強してみたいと思う事があっても、生活費以外に学費を稼いでさらに学校に通うだけの熱意はもてず、独学でやってみたりしたけど、今現在身に付いたのは日常英会話くらいだろうと思う。
もちろん、それはいい事の一つ。

話がそれたが、今イギリスで就職活動をしていて、応募資格の欄でやはりここでも目につくのは「大卒以上」「経験者」「有資格者」という言葉。

もちろん、大学なり専門の学校でその分野の専門の事を知っていたり、有資格でないとその仕事に就けない職種があるのは理解できる。

どんなに資格をたくさん持っていたところで、その人がいい仕事をするかどうかなんてわからない。資格試験にしても、受験資格が誰でも受験できるようなタイプのものだったら、試験勉強さえすれば、例えば銀行員がインテリアコーディネーターの有資格者になれる。資格があるからといって実際にその仕事に向いてるかどうかだってわからない。

実績があればわかるかもしれない。

ちなみに、私は簿記三級を持ってるけど、試験を受けると決めて勉強し始めて

絶対にこれは私向きじゃない

と思ったから、履歴書にも書きたくないし、勉強した内容も忘れた。

私がここ(England)で職探しをしているのは主に派遣会社を通しているので、その派遣会社のクライアントが「大卒以上」「経験者」「有資格者」を希望しているといえば派遣会社はそれに適した登録者を探すのが仕事だから、それに対してなんだかんだ言うつもりは無い。

でも、自分がかつて人事採用の現場にいたこともあるし、全く未経験の職種で採用された経験もある(これについては、前の会社で私を採用してくださった皆様に本当に感謝している)ので、

採用を担当する人は、募集している職種に向いている人材かどうかを見極める目を持っていることが必須

だと言える。
これを資格と学歴で証明することができるのかなぁ。。。
ちなみに、私は人事採用担当向きではない事を知ってる。

ま、これを読んだ人に“無学歴、高卒者のたわごと”と思われてもしょうがない。
本当の事かもしれないしね。

---

ところで、今日はゴルフのうちっぱなしに行った。

初ゴルフ。

とにかく寒いし、初体験なのでボコボコ地面を叩いてたけど楽しいかも。

収入を得る事ができるようになったら、続けるかどうか考えよう。

今日のお食事:
ランチ:バンズに焼いたイングリッシュベーコンをはさんだ(だけの)サンドイッチ。
ディナー:ピザハットのピザ二種類

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から44日〜「このユルさがいいんじゃない」の巻

本日のお天気:晴れ

家主宅のリビングには3人掛けのソファと一人用のソファとスツールとでかいクッションがあるので、6人以上の人が集まると誰かは床にそのまま座るかソファの肘掛けに座るとかする必要がある。

今日は訪問者も多く、私はどうしても居候であるという立場上ソファに座るのが心苦しくて、クッションを居場所にしていた。

リビングとはいえ、ここはイギリスだから玄関で靴は脱がない。
でも家の中では靴を履いてる人もいるし、脱いでいる人もいる。

家のどの場所も、基本的には土足だろうが靴を脱ごうがどっちでもいいという感じ。

私はどうしても家の中では靴を脱ぎたい。
そしてクッションに座っていると、隣にある一人掛けのソファに座っている人は靴を履いたままで、しかも足を組んだりするから私の顔のすぐ横に靴の底が丸見えになっているという状況も日常茶飯事。

はっきり言って、あずましくない。(北海道弁で“居心地よくない”とかそんな感じ?)

でも、ここはヒトの家だし、居候だし、イギリスだし、慣れるしか無い。

っていうか、慣れはした。

   業に入っては業に従え

とはまさにこの事。

それに、私の周りにいる人たちはみんないろいろな面で細かい事を気にしない。
例えば、靴下に穴が開いてる事とか、みんなでご飯を食べたときに“割り勘”っていうのがきっちり割ってないこととか、全体的に

  あー、適当でいいよ。

って感じ。
私(山羊座・A型)一人ならいろいろ細かく気にする。

だから、ここの人たちのユルさに学ぶところも多い。

それでも、家の事に関しては、自分達が住む場所に引越したら、せめて自分たちのベッドルームだけは土足厳禁にしようと密かに心に決めている。

今日のお食事:
ランチ:家主宅近くのバーで食べたフライアップ(スクランブルエッグ、ベジタリアンソーセージ、ベジタリアンコロッケ、ハッシュブラウン、ビーンズ、フライドブレッド
ディナー:家主カップルの彼の方が作ってくれたチキンカレー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から43日〜「パーティろう!」の巻

本日のお天気:くもりちょっと雨

今日は家主カップルがつきあい始めて10周年の記念パーティが市内のPUBであった。
基本的に決まった入場料みたいなものはない。
PUBに行ったときと同じでそれぞれ自分が飲みたいドリンクを買えばいいらしい。

イギリスに来てから、自分で使える金を持ってないという理由もあり、一度も自分でドリンクをオーダーした事が無い。

こっちに来てひと月以上経つのに、、、悲しいわぁ。

まぁ、ここにいる以上そのときはいずれ来るだろうけど。

8時半頃に会場について、最初のドリンクは今日家主宅にお泊まりする予定の他の友達が買ってくれた。

ありがたや。

その後、だいたい隣にいる友達が なんか飲む? って聞いてくれるので、すっかり甘えてみんなにドリンクをごちそうになった。

そして何時頃だっただろうか(たぶん午前1時はすぎてたと思う)ふと気づいたらその直前までの記憶がとんでることに気がついた。。。

寝てたのかしら。。。

これは怖いです。
私、酔っぱらって記憶がなくなる事は日常茶飯事で、あまりにも覚えてないから 病気なんじゃん? と疑った事もあるくらい。
でもさすがにその会場にいる間にその直前の記憶がとんでる事に気づいたのは初めて。

こわ〜い。

(後日、友達に「あんたパーティーの間寝てたよ」と言われた。これで謎が解けました。よかったよかった)

パーティは盛況で、最後の方には家主カップルを筆頭にたくさんの人がフロアーで踊っててクラブみたいになってた。

ところで、そのパーティ会場で飲んでたら

日本の方ですか?

と(英語で)見知らぬ男の子に聞かれた。

そうですよ。

と答えたら こんにちは と日本語で言われて、

なんでここ(この街)にいるの?

と聞かれたので、

旦那と一緒に引越して来たから

と答えたら、その彼は

そうなんだ

と言ってどこかへ行ってしまった。

新手のナンパかぁ?いやぁ〜ん。

なんて思ってたら、しばらくしてその彼が戻って来て

実は僕の彼女も日本人で、今年中に日本に引越そうかと思ってるんだ

だってさ。

お後がよろしいようで。

今日のお食事:
ランチ:バンズにフムスとサラダを挟んだサンドイッチ
おやつ:トースト
ディナー:ピザとサラダ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から42日〜「テレビドラマに集中」の巻

本日のお天気:晴れ

そこそこ街にでてやることもなくなって来た。
家主と旦那はPUB QUIZがあるというので出かけていった。
未だ無職で宿無しなので、PUBに出かけて飲むのは気が引ける。
私は丁重にお断りした。

一人で家に残って今日から始まるドラマを真剣に観た。
別におもしろそうと思った訳ではないんだけど、私の大好きな『ロック、ストック、アンド トゥー スモーキングバレルズ』という映画に出演していた「デクスター フレッチャー」がそのドラマに出ているらしいので興味があったのです。
家に一人だからテレビから聞こえる英語に集中できるしね。

旦那達はQUIZでFreeのお土産ビールを持って帰って来てくれた。
お互いにそれぞれで楽しい夜を過ごせたので、こんな夜があるのもいいんじゃないでしょうか。

今日のお食事:
ランチ:フランスパン(オニオン入り)に焼いたベーコンをはさんだ(だけ)のサンドイッチ
ディナー:昨日の残りのラザニアとサラダ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から41日〜「バドミントン流行り」の巻

本日のお天気:くもり

情緒不安定な一日。

でも、夜には友達カップルが家主宅に遊びに来て、みんなで家主カップルの彼女の方が作ったラザニアとサラダとガーリックプレッドをいただき、その後で市内の体育館に行って一時間ほどバトミントンをやった!

何年ぶりかしら。。。

でも以外と体は覚えているもんで、それほどへたっぴでもなく、ダブルスでゲームをやっても大差つけられることなく負けた。(勝てはしなかった。)
特に“流行っている”という事ではなく“Footballをする”っていうのと同じように一般的なスポーツみたい。

連れて行ってくれた友達は毎週やってるらしいので、私達もその仲間になるのかも。。。

今日のお食事:
ランチ:フランスパン(オニオン入り)にフムスとサラダのサンドイッチ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から40日〜「車の必要性を感じ始める」の巻

本日のお天気:くもり

前に派遣登録していたLondonにOfficeのある会社から電話でInterviewしたいと言われていたので、久々に家族以外の日本人と敬語で社会人っぽい会話をした。

そして、敬語がスラスラっとでてこなくなってることに気づいた。

英語もスラスラっとでてこない上に、日本語まで。。。

敬語って難しいよ。

と久々に感じた。

電話でのInterviewのときに、派遣会社のスタッフの人に仕事の状況などを聞いてみた。
その話の中で何度も言われたのが、

免許があるなら、車も持っていた方が仕事を紹介される機会がとても多くなる。

ということ。
仕事をするのに何も支障がないくらい英語が話せればなにも問題ないんだけどね。
電話一本とるのもビクビクしてて、誰からかかってきたかもわかんないようじゃ、まるでガキの使い。

英語のみの環境じゃぁ使い物にならないでしょ。。。

カジュアルトークしかできないけど採用してみてよぉ。仕事しながら覚えるからさぁ。まじめに仕事する自信はあるよぉ。

と言えるほどの度胸はまだない。

でも、それくらいの度胸が必要なのかもしれないとも思う。。。

もう少し時間をくれ。

今日のお食事:
ランチ:フランスパン(オニオン入り)にフムスとサラダのサンドイッチ
ディナー:旦那が作った痛いくらい辛いチリコンカン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から39日〜「気ぃ入れて仕事しろや!と言いたい」の巻

本日のお天気:くもりで寒い

昨日のG&Tが“無職の身であんなに飲んじゃダメだ”と思わせた。

朝から自己嫌悪。

就活に出かける前にメールチェックしてみたら、少し前に派遣登録した会社からメールが届いてた。

ちょっといい兆し。

旦那が友達に聞いたCity centreにある派遣会社に行ってみる。

が、
対応してくれたスタッフがとてもとてもやる気なし。
っていうか、超非協力的。
まず、私には

あなたが探してる職種の仕事は私達の所にはないわぁ〜。近くにあなたが探してる職種専門の派遣会社があるからそっちにいってみてぇ〜。

って感じ。旦那に対しても非協力的なコメントをしてたけど、旦那はゴリ押しで派遣登録の予約を入れてた。

超感じ悪いね

と言いながら、そのスタッフが紹介してくれた他の派遣会社に行ってみる。

が、
そこは、出入り口のところにインターフォンがあって、

仕事を探してるんですけど

と言っても中に入れてくれない。
状況説明してとりあえず中に入ったけど、私の英語力の足りなさにあきれてるのが見え見え。

あなたに紹介できる仕事があるかどうかわかんないけど、とりあえず名刺渡すからCVをメールで送っておいてよ

ってな感じ。

てめぇら仕事紹介すんのが仕事だろ〜が!!!このクソババァ!!!この仕事で給料もらってんならもっと気合い入れて仕事しやがれ!馬鹿野郎!!!

と言って名刺を破って、顔にパンチ入れてやりたかったけど、もちろんそんな事はせずに大人しく帰った。

こんな人たちが仕事してるのに、私達は無職だなんて、人生って楽じゃないわ。。。

今日のお食事:
ランチ:フランスパン(オニオン入り)にフムスとサラダのサンドイッチ
ディナー:鶏の唐揚げ(大失敗)、チャーハン
鶏の唐揚げは味は良かったんだけど、見た目が唐揚げにならなかった。がっくり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から38日〜「家主帰国」の巻

本日のお天気:晴れ

家主が帰国した。
これから私達が新居に移るまで4人の生活になる。

本当に申し訳ない気持ちでいっぱい。

とてもいい人たちで、少しも嫌な顔せずに 何でも好きに使って と言ってくれる。
少しでも邪魔にならないように慎ましく過ごさなくては。

夕方4時頃、友達が車で迎えにきてくれて、その友達カップルが住む家にいってみんなでローストディナーをいただいた。
ディナーの後X-MENを1と2続けてみた。
もちろんサブタイトルなしなので、半分くらいしかわからない。

11時頃家に戻って、G&T(ジントニック)を飲んでからベッドへ。

私“就活始めたら、せめて旦那か私のどっちかだけでも仕事が決まるまで禁酒しよう”なーんて思ってたのに、このざま。

飲む量を調整しよう

っていうくらいにしようかなと思いなおす今日この頃です。

今日のお食事:
ランチ:フランスパン(オニオン入り)にチキンTikkaとサラダのサンドイッチ
ディナー:ローストポーク、ヨークシャプディング、ブロッコリー、マッシュポテト、ローストポテト、ローストオニオン、ゆでた人参、スプリングオニオンのクリーム煮みたいな物。

食後にアップルパイ
あと、ビールのつまみにクラックリングという豚肉の脂身をカリカリに焼いたもの(?)を食べた。超硬くてしょっぱかった。あごには良さそうだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から37日〜「ライブハウスに行った」の巻

本日のお天気:くもり

旦那曰く

無職でもWEEKENDは必要

との事で、今日は就活もお休み。

家具屋もセールをやっているので、新居に必要なソファ、TV台、PC用のテーブルなどを見に行く。

habitatという家具屋に行ってみたら、PC用テーブルにちょうどいいコンソールテーブルがあった。んで、値段を見てみたら展示品が£49(約10000円)になってるじゃないか!元の値段は£149ですよ!!

組み立て式だから今買ってもそれほど家主に迷惑をかけなくて済みそうなので、お買い上げ決定。まだ一軒目だしもう少し他の店を見て帰り道に買おうということにして、約二時間後にお店に戻った。

が、

値段が£79(約16000円)に変わってるじゃないか!!!
旦那の顔がみるみるうちに赤くなっていった。

結局買わずに帰ってきた。がっくり。。。

Billy no mates が The Attic というライブハウスでライブをやるというので見に行く。
ものすごく小さいライブハウス。

Billy no mates は超かっこいい。

しかも!!!ある日本語の曲をカバーしてて、とても微笑ましかった。

旦那曰く、その曲を演奏する前に「私にこの曲を捧げます」という事を言ってくれていたらしい。

一番大事なところを聞き逃したよ。。。
でもとてもとても嬉しい。

今日のお食事:
ランチ:フランスパン(オニオン入り)にBBQチキンとサラダのサンドイッチ
ディナー:安売りしてた既製のキーシュ、ベーコンとイモの炒め物、サラダ

ベーコンとイモの炒め物は脂っこくてあんまりうまくできなかった。
イングリッシュベーコンを使ったのが失敗だったのかも。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から36日〜「ショッピング大成功」の巻

本日のお天気:くもり

午前11時に派遣会社に登録に行く。
ほとんどの派遣会社で日本と同じようにレベルテストをやるんだけど、私にとって問題なのはパソコンの操作で、ソフトの使い方が実はわかっていても、質問が英語なので質問を理解するのにまず時間がかかる事と、ソフトを今まで日本語で使っていたので英語のメニューに慣れていない事。

レベルテスト終了したあとそこのスタッフが

点数が足りないんだけど。。。

と言いにきた。

質問の内容さえ理解できればクリアできるかもしれないのになぁ

と思っていたら、スタッフ

もう一回同じテスト受けてみる?

だって。

そんなんでいいのかよ。

と思ったけど私にとっては願っても無い事なので、即答して再テスト。
二度目は平均レベルを超えたようでした。 ホッ。

派遣登録の後は二日前に内見したアパートの中から、契約する事に決めた不動産屋に行く。

無職の夫婦なのに部屋が借りれるのかしら???

と思っていたけど、まぁどうにか貸してくれる条件を出してくれたので、予約金みたいなものを支払った。
後は手続きを不動産屋にやってもらうだけみたい。

ここでの本当の生活が始まるニオイがやっとしてきた感じ。

その後、旦那は友人宅に戻り、私は昨日の続きのショッピング。

本日、大収穫でございました。

今日買ったもの:
  ○ ブラウス 2枚
  ○ スカーフ
  ○ 靴

ブラウスとスカーフは大バーゲンで、トータル£8(約1600円)しか払ってない!!
これで日本からの荷物を待つ事無く、いつ仕事を始める事になっても大丈夫だ。
靴は普通の値段で買いました。
それでも日本で同じような靴を買うよりは安いかなーというくらいの値段。

とてもHappyです。

<また驚いた事>

日中、キャミソールだけで外を歩いている女の子がいたこと。
外の気温はたぶん5℃〜8℃くらいだと思った。(東京と同じくらい?)

私にとってはコートなしで歩くのだって嫌だし、できれば手袋もはきたい(北海道弁です)くらい。

キャミ一枚って、どういうことよ。。。

本人はおしゃれのつもりなんだろうけどさ、寒さを感じる神経が切れてしまってるんじゃないか とか ちょっとタリナイよね とか 頭悪そー とかマイナスの印象しか持たないんですけど。

今日のお食事:
ランチ:フランスパン(オニオン入り)にフムスとサラダのサンドイッチ
ディナー:泊まらせてもらってる友人宅の近所の店でかったFish&ChipsとMushy Peas
Fish&Chipsはお値段一人当たり£3.50(約700円)だったかな。ただサイズがでかい。

もっとサイズを小さくして、値段を安くしてくれ

と思わずにはいられない。絶対食べきれないんだもん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から35日〜はじめての一人でのショッピング1

本日のお天気:くもり

午後1時に銀行にアポイントメントがあったのでその時間に合わせて家を出て、銀行の後は昨日に引き続き見かけた派遣会社に立ち寄ってCVを置いてくるという作業を続ける。
午後3時に2日前にCVを置いてきた派遣会社に行って登録作業。

今日の予定をこなした後、新しい靴と就活用の服が欲しかったので私だけCity centreに残る。

私は“誰か”とショッピングするのが嫌い。
(人のショッピングについていくのは平気)

理由は、私のショッピングには時間がかかるから。
しかも、ここではどこにどんな店があるのかもわかんないから一軒一軒気になるところは見てみたい。
旦那はショッピング(特に洋服)が大嫌いらしい。

服を買うのなんか5分で済ませる

といつも豪語しているし、実際に早い。

私は“気にしぃ”なので、そんな旦那と一緒に買い物にでても、ショッピングに集中できない。
だから一人がいい。

今日の収穫は£6.50(約1300円)のブラウス。
元の値段は£25くらいで、セールで安くなっていたので、これはお買い得。

いいなと思う靴はあったけど目星をつけただけで購入は控えた。

<驚いた事>

City centreにあるほとんどのお店が午後6時頃で閉まる事!!

だから今日のうちにまわれたお店が少なくて、靴を買うのは次の機会に残しておいた。

それに、まだ無職ですから。。。

今日のお食事:
ランチ:フランスパン(オニオン入り)にフムスとサラダのサンドイッチ
ディナー:旦那が作ったソーセージサンドイッチ(ハンバーガー用のパンに冷蔵庫に残っていたソーセージを挟んだだけ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から34日〜就活&家探し 2日目

本日のお天気:雨のちくもり

昨日の反省を活かして時間を考えながら準備して、髪もいいかんじになっていたのに、外に出てみたら雨がふっていやがる!

私たちはまだ傘を買っていない!!

多少の雨でも傘をささずに出かけられるけど、就活のときにびしょぬれになるのは嫌だ。
それに私の髪はクセがあるので湿気に弱い。(へんなウネリがでてしまう)
霧雨が少し強いくらいの雨なので“歩いてもいいかなぁ”と思っていたが、City centre に着く頃には案の定びしょぬれ。

私、不機嫌。

今日の最初の約束は部屋の内見。
洗濯機とか冷蔵庫とかオーブンとかがもともと備え付けの1DKくらいの部屋。
部屋自体はいいんだけど、なんだかおもしろいニオイがするのと、電話線がひかれてない(これは大問題)ので第一候補にはならないだろう。

それから次の約束の派遣会社に行って日本でやるのと同じように、登録するための書類を書いたり、レベルテストをしたり、どういう仕事がしたいのかの面接みたいな事をした。

全部で約1時間以上かかった。

その後、部屋の内見2軒目。
ここは旦那の友達の友達が住んでいて、その彼が部屋を出るというので紹介してもらったところ。

このアパートがなんとすばらしい!!
エントランスのセキュリティがまずしっかりしている。
部屋に入るとリビングとキッチンがあって、ベッドルームにつながる階段がついている。

アパートの地下にそこを管理している会社のオフィスがあって、さらに住人用のトレーニングジムとプールがある!

とにかくナイス!ラブリー!ゴージャス!!

しかし、人生とはそううまくいかないもんで、家賃が少し私たちの予算よりも高い。
なにせ私たちは無職。
これから先どれくらいのお給料の仕事につけるかもわからないのに、予算以上の部屋に住むなんて無謀。

ひとまずその部屋を後にして次の部屋の内見に行く。

次は同じ建物の中に2件空きがあるとの事で2部屋ともみせてもらう。
普通に良い。
飛び抜けていいわけではないけど、

ここなら住んでもいいな

と普通に思える感じ。
そして、この部屋の一番の魅力はバスタブがあること。

1ベッドルームの家はシャワールームしか無いところが多いらしく、これはとても私をがっかりさせた事でもある。
が、このアパートの部屋にはバスタブがありました。

ひとまず家に戻ってディナーを作る。
今日は私の当番でオムライスを作った。

旦那のやつは私がこれまでにつくったオムライスの中では一番よくできたと思われる。
それにひきかえ私のは最悪の状態になった。
(言い訳:人の家のフライパンなので、自分のを先に作ってみたら卵が全部フライパンにくっついちゃったの。)

でもこの家のキッチンの使い方が少しわかってきたからいいや。

今日のお食事:
ランチ:フランスパン(オニオン入り)にフムスとサラダのサンドイッチ

<日本とは違うイングリッシュ>

   

“ゴージャス”

って、日本だと宝石キラキラさせてる感じとか、高価な物を身につけている人のことをさしたり、叶姉妹みたいな人を表す言葉だけど、イングリッシュでは、

かわいい
looks nice/good

みたいな感じで使われる。

例えば、今日内見したアパートの一つも“ゴージャス”だったし、旦那の実家で飼っている猫(たぶん雑種:名前はヘンリー)も“ゴージャス”。(ほんとにかわいい)
ので、
旦那に言わせると私でさえ“ゴージャス”になってしまうんです。

初めて言われたとき、

Tシャツ・ジーンズ・スニーカーみたいなカッコの私のどこかゴージャスなんじゃい!

とかなり違和感があった。

姉に言ったら、爆笑しながら

あんたがゴージャスなの!?

と言われた。
その気持ちは完全に理解できる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から33日〜本格的に就活&家探し

本日のお天気:くもり少し雨

(たぶん)数年ぶりにスーツを着て出かける。
イギリスに来る前に買ったスーツを着たら、若干キツくなっていてショックを受ける。

買ったばっかりなのに〜!

でも、無理して着てるときの変なシワはでてないので許容範囲でしょう。

パンプスも久しぶり。
仕事用のバッグを持って歩くのも久しぶり。
まともに化粧をするのも久しぶり。


準備にかかる時間をまったく計算してなくて(私には珍しい)、早起きした割に必要以上にモタモタしてしまった。時間の約束をしているものが無かったのが幸い。

どうやって就活するのかと思っていたら、city centreに派遣会社がいくつもあるから一軒一軒訪ねていって、状況を話してCV(履歴書)を置いてくるらしい。

旦那と一緒に就活するなんて、おかしいと思われない?

と感じていたけど、派遣会社に行って

二人とも日本から戻ったばかりで仕事を探している

と状況説明したら特に問題はなかった。
問題だったのは私の英語力だけだ。

それでもかなり集中したし、相手が言ってる事がわからなくても

旦那に頼っちゃダメだ

と自分に言い聞かせていたので、なんとなくわかった振りをしたりしながら乗り切った。

今日だけで訪問した派遣会社の数は9社。
そのうち明日以降に再訪問する予定なのが3社。
旦那は

明日から働けない?

と言われていたので“お互いに無職”という状況はそう長く続けなくても大丈夫かも。

ありがたかったのは、

あなたの英語はとてもいいわよ。

と1社のコンサルタントの女性に言われた事。
彼女の話だと、仕事を探しに来る人はたくさんいるけど、“Hello”すらまともに言えない人もいるらしい。
まぁ、大げさに言ってるのかもしれないけど。
ただ“Hello”すらまともに言えないのに派遣会社に仕事探しに来る人のことも、ある意味すごいと思う。
見習うべきところはある。

city centreでまわれる派遣会社をある程度訪問したところで、不動産屋もまわり始める。
いくつか良さそうな物件をみつけたので、こちらも今週中に内見の予約をいれた。

その後旦那が取引している銀行に行った。
その銀行のInfomation counterにいた女性は新人さんだったらしく、トレーナーが側について受付業務をしていた。
彼女は手続きに時間がかかってしまっている事で旦那に謝り続けていた。

彼女の中に将来の自分を見た気がした。

今日の就活で学んだ事が多い。
疲れたけど充実した一日だった。

今日のお食事:
ランチ:フランスパン(オニオン入り)にソーセージとサラダのサンドイッチ
ディナー:旦那が作ったチリコンカン

たかがソーセージを焼くだけでもまだ手間取ってしまう。。。
ガスオーブンを使おうと思っても、火加減の調節の仕方がわかんないし。。。
困るわぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から32日〜渡英二ヶ月目のスタート

本日のお天気:雨ときどきくもり

旦那のご両親が仕事に出る前に起きてバイバイの挨拶をした。
時差ボケがなおってから(たぶん)初めて朝7時台に起きた。
少し早起きしただけで“普通の人の生活”をしている感じになってしまった。
なんて怠けモノ。。。

義弟が迎えにきてくれてPreston Stationへ向かう。
10:30頃列車に乗り、Birmingham New Street で乗り換えて、Leicester には13:00過ぎに到着。

これから約一週間は、前回もお泊まりさせてもらった友達が旅行にでかけているので、その間のhouse sitterを兼ねてお家に泊まらせてもらう。
旦那と今週の打ち合わせをしながらランチを食べてテレビを見てたら眠くなってきたのでお昼寝。
と思ったら3時間ほども寝てしまった。

でも頭がずいぶんすっきりした。

今日は久しぶりに、本当に久しぶりに自分で晩ご飯を作る予定。
ただ人の家のキッチンだし、勝手がわからないから既製のパスタソースに野菜とソーセージを加えたスパゲッティを作った。

旦那は“うまいうまい”と言って食べてくれたが、既製のソースを使っていることに納得できない自分。しかもそのソースが甘いんだ。もちろん塩気の方が多いんだけど、

砂糖入れ過ぎ!

と文句を言いたい感じ。
ただ、それを旦那に言ったら

こっちの既製のものってだいたいこんなもんだよ

とのこと。
確かに、今日のランチでサンドイッチに使ったサラダクリームというのも甘みが強かった。

早く自分達のキッチンで自由に料理がしたいと切望した。

今日から渡英二ヶ月目に突入。
これから決めないといけないことがたくさんある。
焦らず、一つずつ慎重に、でも順調に事をすすめていきたい。

今日のランチ:旦那が作った四角いフランスパンにカレー味のチキンとサラダのサンドイッチ

<日本と違うなぁと思う事>

夜明けが遅い!!

日本だったら朝の7時って明るいよねぇ。
今の時期だったら朝の6時だと薄暗いかな。まだ暗いかな。
イギリスの(今の時期の)朝7時は暗い。薄暗くもない。

うっすら明るくなり始めて

あぁ、朝だなぁ

って感じながら起きるのがいいのに、この様子だと真っ暗いうちに(それでも7時とか)起きて仕事に行くようになるんだろうか。。。

なんだかやる気がでない。

それでもしばらくしたら知らないうちに慣れてるんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から31日〜義母方の家族と対面 その2

本日のお天気:晴れのち雨

お昼前に義母のお姉さんとその旦那さんと娘さんが遊びにきた。
みんなでランチを食べてから昨日来た義母のお兄さん家族と一緒に私たちもレスター(Leicester)へ移動する。

予定だったが、

出発予定の約1時間前に旦那が乗り換え案内サービスみたいなところに電話したら、今日はどこかの鉄道会社でストがあって、乗り換え予定のBirmingham New Streetで少なくても2時間待たないといけないらしい。
ということで、予定を立て直して旦那の弟が明日の朝Prestonまで送ってくれることになり、私たちのLeicester移動は一日先延ばしになった。

旦那の両親の家での生活は完全に保護されているので居心地は最高にいい。
ただこのままここにいる訳にはいかない、このまま自分がダメになるというのは切々と感じているし、早く仕事と自分たちの家をみつけたいと切実に思っているのでちょっと“イラッ”としたけどまぁしょうがない。
旦那に“もっと早く調べとけよ”と思う気持ちはかなりあったが、自分で列車の時間を調べようともしなかったのでそれもしょうがない。

義母のお姉さん家族は夕方のうちに帰ったので、また旦那の両親と私たちと4人の静かな夜を過ごした。

旦那の両親と離れるのが本当に淋しいと思った夜だった。

今日のお食事:
ランチ:義母が作ったチリコンカンとライスとガーリックブレッド
デザート:義母が作ったブラウニー+ダブルクリーム
ディナー:義父が作ったうまいパンと三種類のチーズとサラダのサンドイッチ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から30日〜義母方の家族と対面

本日のお天気:晴れ

義母のお兄さんとその息子さんと娘さんが遊びにきた。
一泊していく予定らしい。
義母のお兄さんとその息子さんはバーミンガム(Birmingham)から、娘さんはマンチェスター(Manchester)からそれぞれ集合。

旦那の弟カップルもディナーの頃に集合してみんなでディナー。
ディナーの後しばらくしてから若者(一応私も仲間にいれちゃう)みんなで近所のパブへ行く。

この日はゲストが集まった夕方4時ぐらいからビールを飲み始めていた。

ディナーの前に瓶ビール1本。
ディナーの間に赤ワインをグラス2杯くらい。
ディナーの後に瓶ビールをもう1本。
パブに移動してからギネスを1パイント。

最後のギネスを飲んでいるときから調子がおかしくなりはじめた。
心拍数がジョギングした後と同じくらいにあがっている気がする。
トイレに行って鏡をみてみたら、顔も真っ赤。(私には珍しい)

みんなは飲み続けているが

ついていっちゃダメだ。。。。

と思い、後はダイエットコークで過ごす。
そのうちまた無言でいるからか睡魔が襲ってきたので、がんばってみるが気づかないうちに記憶がとんでいる。

やっと帰宅してみたら義母とお兄さんがリビングでお話ししていた。
男性陣はさらに飲み続けている。
私は既に二日酔いの症状(頭痛)が出始めていたので、紅茶を飲んでからベッドへ向かった。

したらば、、、外国のコメディみたいなことがおこった。

先に二階にあがっていた義母のお兄さんが、私の旦那のベッドでねているではないか〜!

しかも、私が部屋に入ったとき彼は布団をすっかりかぶっていて姿が見えなかった!!

それでも、

掛け布団だけにしてはやけに“こんもり”としていない・・・?

と思いながら、そっと布団をずらしてみたら驚いた顔の義母のお兄さん!!!

びっくりした私はとりあえず

Sorry...

と言って部屋をでる。
が、
どうしたらいいのかわからず部屋の外で直立不動のまま数分過ごす。
もう一つのベッドルームにはベッドが一つしかないので、私がそこで寝たとしたら旦那と義母のお兄さんが並んで一つの部屋で寝ることになる。。。

結局リビングに戻って、義母のお兄さんの子供達に事情を話して、娘さんがお父さんを本来彼が寝るべき部屋へ誘導してくれた。

あぁ〜、びっくりした。

今日のお食事:
ランチ:旦那が作ったうまいパンとチーズとハムのサンドイッチと野菜。
ディナー:レッドキャベツを甘く煮たのと、豚肉をクリーミーなソースとガーリックと煮たのと、リンゴを煮たのと、イモを焼いたの。

ディナーの後には私の大好きな“スティッキー・トフィー・プディング”。

好きなだけ食べていいよ

ってもし言われたらどれくらい食べれるか試してみたいとおもうほどおいしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から29日〜就職活動

本日のお天気:晴れ

明日から義母の家族がこの家に集合するらしい。
なので、旦那のご両親と4人で静かに過ごすのは、この休日の間ではこれがラストとなる。
次にここに戻ってくる予定は当面無い。

と思うと、なんだか淋しい。

が、仕事も家も無いままではいられないのでインターネットで調べられる仕事の情報はちょびちょび仕入れている。昨日みつけたwebサイトを旦那に見せたら

絶対にコンタクトをとるべし!

ということだったので、オンラインのアプリケーションフォームでひとまず登録。
旦那のご両親も

そこですぐに働けなくても、人手が足りなくなったときに連絡してくるかもしれないから絶対に利用しなさい

と言っていた。

ここで私ができることは今はまだ限られている。
だからどんなことでも、自分にできそうなことならとりあえず拾ってみて見ることにしよう。

今日は義母と旦那と3人でBOOTH(スーパー)に買い物に行った。
このスーパーは結構大きいのでぐるぐるみて回りながら

今なら一日ここで過ごせるな

と思った。
お菓子でも日曜品でも肉売り場でもチーズ売り場でも見たことの無い物が多いから、そういうのを手に取ってみて見るのは結構楽しい。

今日のお食事
ランチ:既製のポークパイ、うまいパン、野菜
ディナー:Take awayのカレー(Lamb Tikkaっていうのをたのんだ気がする。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から28日〜働くことの必要性を感じ始める

本日のお天気:晴れ

お勤めに出なくなってからもうすぐ2ヶ月になる。
最初の1ヶ月は引越の準備と友達との送別会で仕事をしていたときよりもばたばたした日々を過ごしたが、こっちに来てからの1ヶ月は本当にだらだらと(よく言えばのんびりと)
過ごさせてもらっている。
1991年から働き始めて数回転職もしたけど、まとめて3週間以上休んだことなくこれまでやってきたから、15年目のホリデーだと思えば少し罪悪感が薄れる。

その間にもちろん次の仕事についてのプランも考えてはいる。
少し前までは

別にどこかの会社とかお店に所属しなくても自分で何か始められるかもしれないじゃん。。。

と思っていた。
環境の大きな変化に伴って何か新たに自分で始めるというのは、一つのきっかけにはなる。

が、ここ2〜3日のあいだに、自分の英語力が期待しているようにはぐんぐんのびないことにちょっとフラストレーションを感じている。
そしてこれを解消するには新しい環境で、新しい同僚と、英語で、自分だけでコミュニケーションをとったり仕事をしたりすることが必要なんだと強く感じている。

できれば会社にはいって9時から5時まで仕事して、、、っていうのはしたくない。
けど、自分の英語の上達のためにこれは必要な過程だと思っている。

何しろ家で勉強しようと思ったって記憶力が低下してるから暗記なんてことはできない。

どうしても英語で話さないといけない環境

をつくって体で覚えないとダメだと、しみじみ思う今日この頃。

今日のお食事:
ランチ:義母が作ったチーズとカラメルドオニオンとうまいパンのサンドイッチ。サラダ。
ディナー:ハギス、昨日のベイクドポテト、マッシュドポテト、マッシュドパースニップ、(グリーン)ピーズ

グリーンピースは数少ない嫌いな食べ物の一つだったが、食べられた。
っていうか、おいしいと思った。
ふしぎふしぎ。

<イギリスでの“困ったこと”>
紙事情が少し私の“常識”と違う。
箱のティッシュはどこの家にもあると思っていたが、どうやらそうとも限らない様子。
私は鼻のアレルギーがあるので、何かがきっかけで突然くしゃみ鼻水がでることがある。
埼玉にいたときは、ちょっと街の中を歩いていればポケットティッシュは手に入ったが、街頭ティッシュなんてものはこっちにはない。(あれはたぶん日本だけ?)
旦那の友達の家にお泊まりさせてもらったとき、その家には箱のティッシュはなかった。
鼻をかむならトイレットペーパーを代用しないといけなかった。
私が日本にいたときは、

1. 一枚ティッシュをとって、
2. 一回鼻をかんだら、
3. ゴミ箱にそのティッシュを捨てる。

という流れだったが、こっちで私が会った人たちは

1. 一枚ティッシュをとって、
2. 鼻をかんだら、
3. ぼろぼろでなければポケットにしまう

って人が多い。
ハンカチーフで鼻をかむ習慣も、このことですこし納得できる。(ような気がする。ハンカチーフは洗って再利用できるからね。)

何せ居候だから、人の家の紙事情にあれこれ口を挟むことはお門違いなので、今のうちはできるだけ一枚のティッシュを大切に使うようにしている。

まぁ、ティッシュを無駄に捨てないってことは資源を大切に使っているってことでもあるから、この方が地球にはやさしいんだけどね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から27日〜義祖母宅訪問

本日のお天気:晴れ

ここ最近と比較して、少し早めに起床してジョギング。
ランチの前に列車で約20分の義祖母宅まで行く。
近くの駅から義祖母宅までは車で約5分程度って旦那から聞いていたんで

タクシーで行くの?

と聞いたら、なんと義祖母が迎えにきてくれるらしい。

義祖母 81歳

大丈夫かよ。。。

と思っていたが、多少ラフな運転ではあるけど大丈夫だった。
(あたりまえだけど。)

要するに、慣れだな。

と義祖母の運転から学んだ。

義祖母宅についてすぐにランチをいただく。
ハム、サラダ、キーシュ、ゆでたイモ、ガーリックブレッドなど。
義祖母と会うのはまだまだ緊張する。
失礼の無いように気をつけながら2時間半ほど過ごして帰宅。

ディナーには、豚肉を焼いてパセリとガーリックとマスタードのソースをからめたものと
スクァッシュというカボチャみたいな野菜をバターでいためたものとブロッコリーとベイクドポテト。

ディナーの後には義母手作りのドライフルーツとナッツのケーキもいただく。

トランプもまたやって、その後に湯船にお湯をはって風呂にゆっくり入らせてもらった。

のんびりしてられるのもあと数日。

<イギリスでの“いいこと”>
ジョギングしてるときとか、すれ違う人同士が挨拶を交わすことがよくある。

たぶんお互いに挨拶している相手のことはどこのどなたさんかは知らない場合も多いと思う。挨拶してる相手を知っているかどうかっていうのは無関係。

ここが田舎だからそうなのかもしれない。
でも私の日本の実家は相当な田舎にあるけど、知らない人に挨拶するような習慣はなかった。

さすがに私は自分から声をかけることはまだ無いけど、笑顔で声をかけられると気分が良い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

到着から26日〜今年の目標決定

本日のお天気:ひどい雨

私は数年前から一年の初めにその年の目標を決めるようにしている。
何がきっかけだったかは忘れたが、何か決めてないと、なんとなく、そしてあっという間に一年が過ぎるので、私にとってはいいことだと思っている。

ただ、達成できなくても誰にも何も言われないように、その目標はその年が終わるまで誰にも言わない。

去年は終わったので、去年の目標について発表すると目標は3つ。

  1、また、英会話の勉強
  2、TOIEC受験
  3、また、パチンコをしない

「1、英会話の勉強」は毎日旦那としゃべってたし、NHKの英会話講座を利用してみたりした事もあるから、まぁ、達成と言えば達成でしょう。
目標自体かなり漠然としてるからこれはこれでよし。

「2、TOIEC受験」が一番はっきりしてる。受験はした。だから達成。
結果はどうでもよい。

「3、また、パチンコをしない」これも達成。
これ、私にとっては大切な事で、実はパチンコ大好き。
でも、向いてない事もわかってる。(もちろん勝った事もたくさんあるけどね)
渡英前まで住んでた埼玉の家でも、駅前にはもうたくさん誘惑があって、避けて通り過ぎるのがつらかった。

今年の目標は今日決めた。

全部で5つと+αあって、そのうち2つは抽象的なものなので一年の終わりに達成できたかどうかを判断するのが難しい。
でも、今の私に足りないもので、身につけた方が絶対にこっちでの生活が楽になることがわかっている。
「+α」の分は、3つのうちどれか一つをやろうかなって感じで後から足したもの。

12ヶ月は長いようであっという間。
無駄に過ごさないようにしたいもんだ。

今日の食事:
ランチは旦那が作ったシュリンプサンドイッチ。
ディナーには義父が作ったフライアップ。
(ソーセージ、ベーコン、目玉焼き、トマト、パンを焼いたのとベイクドビーンズを1つのプレートでいただくもの)

ディナーの後にまたみんなでトランプをやった。
旦那大負け。

ベッドルームに行ったら、先にベッドに入っていた旦那が

「さっきこの部屋にでかいハチがいてさぁ、クソ漏らしそうになったよ!」

と言ったのでびっくり。

「そのハチどうした?」

と聞いたら、

「ティッシュの箱でたたいたけど、、、まだ動いてるな。。。」

という。
旦那が指さす先を見てみたら、、、いるよ。でかいハチが。
1月のイギリスに、ハチだなんて。。。信じられない。
壁を昇ってきたのでとどめをさしてから就寝。

明日は義祖母宅訪問予定。

<本日の“理解できないこと”>
今日、私が日本で口座をもっている某銀行に電話をした。
用件は
「海外の住所に住所変更できるか、もしくは残高証明書を海外に送ってくれるかどうか。」

(他の国のことも、私がイギリスで行った以外の銀行のことも知らないが)こっちで新しく銀行口座を開設するには、パスポートなどの身分が証明できるものの他に、自分の住所を証明するために、イギリス国内の住所に送られてきた
・他の銀行の残高証明書
・ガス、電気などの請求書
などが必要らしい。

私は今のところ居候だから、
公共料金の請求書を受け取るわけもないので、日本で持っていた銀行口座の住所をイギリスの住所に変更できるかどうかをまず確認してみようと思った。

その銀行はイギリス国内に支店があることをあらかじめ確認していたので、

可能性があるかも

と淡い期待を持って国際電話をかけた。
が、
あえなく撃沈。
海外に支店があるということは、その国に住所変更できるということとは全く無関係らしい。
でも、海外の住所に変更できない理由が私には理解できなかった。
“国内の居住者に限る”っていうようなことしか言われなかった。
全く焦点の合わない回答をしてきたスタッフもいた。
私が知りたいのは“海外に住所変更ができるかどうか”それだけなのに、3人くらい電話をまわされた。

海外に支店があるのに、手続きできないんですか?

と聞いてみても

“やっている業務が違う”という納得できない理由しか聞けなかった。
私みたいな質問をする人とか、要望を持つ海外居住者はいないんだろうか。。。

“うちの銀行はそんなことありません”というところもあるとは思う。
そういう銀行の方にはごめんなさい。

でも、もういい。
自分達が住むところを決めて、公共料金の請求書が届くのを首を長くして待つことにしたから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から25日〜テレビもつけられない!!

本日のお天気:くもり

今日から旦那の両親が仕事に出かけている。
旦那が寝ている間にリビングに降りていって、とりあえずテレビでもつけようとスイッチを押したけど画面に何もでてこない。。。

旦那の実家では日本でいうCSみたいなチャンネルがみれるようになっていて、テレビ本体のリモコンの他にもリモコンがある。
どうみても“Power”のボタンを何度も押してみるがテレビは映らない。。。

テレビのことはあきらめた。

しばらく一人でPCをいじってたら部屋の中がとても寒いことに気づいたが、ヒーターをONにする方法も知らないことにまた気づいた。。。

イギリスでは一般的らしいが、セントラルヒーティングになっているので、家のどこかにメインスイッチがあって、それを操作しないとヒーターをつけることができない。

旦那を起こしてヒーターとテレビをつけてもらった。それぞれつけ方も教えてもらったので明日からはもう大丈夫だ。

お昼前にまたジョギングをしてから、旦那がランチにハムとチーズとサラダのサンドイッチを作ってくれた。

食事の後、リビングの掃除などをしていたら義父が帰ってきた。シーズン初日なので、午後にあった会議をバックレて帰ってきたらしい。

さすがボス。

今日のディナーは旦那がタイカレー(グリーン)を作るらしいので、野菜を切るのとライスの準備を手伝う。
が、
前回天ぷらを作ったときにも思っていたんだけど、包丁が全然切れない!!
かろうじてシャープなのは刃渡り8cmくらいのナイフだけ。
悪戦苦闘の上野菜を切り終えた。

夕食の後“スティッキー・トフィー・プディング”をまたいただく。

あぁ〜、うまいぃ〜。。。

テレビでは日本のお侍さんに関するプログラムをやるというのでみんなで見る。
ただ SAMURAI が“サミュライ”と発音されるのでちょっと違和感。

そのプログラムが終わった後はまたみんなでトランプ。
昨日とは違うゲームで名前も覚えてないが、ルールを教えてもらいながらなんとかついていく。

旦那の両親がベッドに行ってから、テレビをつけたら“たそがれ清兵衛”をやっていたので旦那と一緒に見る。
日本にいる間に見ていたのでストーリーは知っていたが、こっちにきてから初めて
画面に注目していなくてもテレビで何をやっているのか理解できたので、なんだかちょっと新鮮な感じだった。

<イギリスに来てからハマっているもの>

数独 SUDOKU

日本では「ナンプレ(ナンバープレース)」と呼ばれている(らしい)。
こっちに来て初めて“数独”と言う言葉を聞いたのと、ナンプレ自体日本では興味が無かったので当然やったこともなかったが、新聞に毎日新しいゲームがのっているので、試しにやってみたらハマった。
(他にやることもないし。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から24日〜ボリュームたっぷりのサンデーランチ

本日のお天気:くもりときどき晴れ

お昼前にジョギングをしてから、遅めのランチにローストラム、スゥイード、パースニップ、ローストポテト、ブロッコリー、長ネギのような形の野菜をいただく。
ローストラムが柔らかくてとてもおいしい。

おいしいと思い、またしても食べ過ぎ。

お食事の後にはスゥイーツもでてきた。
食べ過ぎててもしっかりいただく。

今日のスゥイーツは“スティッキー・トフィー・プディング”というもの。
レシピを聞いてないのではっきりとはわからないが、色は茶色で甘いブラウンシュガーで作られたようなシロップがじわっとスポンジにしみでているようなケーキ。
イギリスではケーキ全般を“プディング”と呼ぶらしい。

今でもすこし混乱する。

この“スティッキー・トフィー・プディング”。激うまい!
ダブルクリームというこってりしたクリームと一緒にいただくんだけど、本当においしい!!

レイクディストリクトのあたりの伝統的なお菓子らしいので、旅行でその辺りに行ったときにもお店とかで食べることができるかもしれない。
甘い物が好きな人にはぜひ試してほしい。

義父に

「もう少し食べるか?」

と聞かれたが

「絶対に食べられるけど、やめておきます。。。」

と自粛した。

夜までの間、日本語教師をするための資料を少し整理した。
実際に日本語教師としての仕事があるかどうかは全くわからないけど、準備しながら忘れていることも思い出せるし、仕事も何もせずに家でだらだら居候生活をしているだけだとなんとなく居心地が悪いので、せめて 何かしている っていう気にはなりたい。

夜9時頃にお昼のローストラムの残りで作ったサンドイッチを軽くいただいて、その後は旦那の両親と旦那と4人でトランプをした。

何年ぶりだろうか。

やったゲームは日本の“7並べ”とそっくりなもの。
(“7並べ”のルール自体も忘れてるけど。。。)

言葉の不自由な私にとっては、ルールさえわかれば楽しめるので、

トランプもすてたもんじゃないなぁ

とトランプを見直した。

旦那の両親は明日から仕事が始まるので早めに就寝。
私もメールチェックと少し仕事探しなどをしてからベッドへ。

今週一週間旦那の実家でのんびりしたら、来週からは家探しと職探しの日々が始まる。
先月送った私たちの荷物も、海を渡ってもうすぐこの島に上陸する。

もう旅行気分ではいられないんだ

と思うと、不安が募る。。。

<今日の“日本で見たことが無いもの”>

・ダイエットバニラコーク
・ダイエットライムコーク
・ダイエットレモネード
・ペプシマックス

バニラコークって一瞬日本で見かけたけど、もう無いよね。
こっちでは普通のバニラコークもダイエットバニラコークもある。
そして“ダイエット”という名前はついてるけど、
日本のドリンクみたいに0kcalでは無いようだ。
“ペプシマックス”っていうのはちょっと何が違うのかわからない。
ノンシュガーらしいけど、ダイエットペプシは別にある。

また“ダイエット○○”っていうドリンクをはじめとした清涼飲料関係、ミルク(紅茶を飲むときにだいたいみんな入れるし、朝食のシリアル関係にも使う)、フルーツジュース(100%のオレンジジュースとか)の一番大きいサイズのボトルやパックが2リットルなのにも驚く。
でかいんだこれが。本当に。

※補足
実はこの後に3リットルのミルクボトルがあるのを知った。
3リットルのボトルからマグカップにちょびっとミルクを入れるのって大変そうじゃない。重そうだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から23日〜初ラグビー観戦

本日のお天気:くもりときどき雨

だんだん早起きができなくなってきた。。。

今日は義父の友人2人と義父と旦那と私の5人で、ラグビーの(たぶん)ナショナルリーグ・ディビジョン2のゲームを見に行く。
Orrell vs Waterloo(スペルがあってるか不確か)
義父達はOrrellのサポーターらしい。

スタジアムは大きくはないが新しくてきれい。
観戦するピッチ脇のスタンドに行く前にバーカウンターのあるラウンジみたいなところで軽く1杯。

義父に

ソーセージサンドイッチ食うか?

と聞かれたのでお願いする。
サンドイッチといわれたのでいわゆるサンドイッチを想像していたら、私のイメージでは“ホットドッグ”と呼ぶものがでてきた。バゲットにソーセージがはさまっているシンプルな物だが、うまいしおごってもらってるから何も文句はない。

サンドイッチと一緒に義父と旦那と私用かとおもわれる山盛りのチップス(フライドポテト)がでてきた。

居酒屋で頼んでもこんなに山盛りでは出てこないぞ!

と思うほどの量だが、一緒にいた皆さんで話しながらつまんでいたらあっという間に平らげてしまった。

試合が始まるころにピッチ脇に移動。
観戦している人たちを見てみると中高年男性が多い気がする。
雰囲気的に競馬場を思わせる感じ。

試合は残念ながら Orrell 0 - Waterloo 31 で惨敗。

家に戻ってから暖炉の火でマシュマロをトーストしていただいた。
美味い。

Dinnerはピザ2種類とサラダと昨日のベイクドポテトとガーリックブレッド。
義母の作るベイクドポテトはイモを焼いてから一度中身をくりぬいて、マッシュしてからチーズと何かを加えてイモの皮に戻してもう一度焼いたもので、とてもとても美味い。

夜9時頃に近所のパブに行って3杯くらい飲んだ。
旦那の幼なじみたちが集まってて、何を話しているのかわからない部分がほとんどだったけど、彼らが話すときの動作とか表情とかがおかしくてみんなとは別なところで笑ってた。

いつになったら会話の内容がわかって、そして何か言い返したり一緒に笑ったりできるようになるんだろうか。。。

焦っても仕方ないけど考えるのはそんなことばっかりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から22日〜ホームパーティ

本日のお天気:くもりときどき晴れ

ジョギングをしたあと、旦那が美味いパンとサラダとハムと何かのチャツネのサンドイッチを作ってくれた。

今晩旦那の実家で私たちの結婚式に来てくれた方々を招待してホームパーティを開く予定。
義母はずーっとキッチンでお料理の準備をしている。

旦那と私は“天ぷら”を作ることにしたので夕方から準備を始める。
カレー粉と塩とチリパウダー(本当は一味か七味唐辛子を使いたかった)とごまを混ぜて“カレー塩”を作った。

なかなかそれらしくなった。

しょうゆをつけて食べるとき用の薬味は、大根の代わりにターニップという野菜と生姜を用意した。大根ほど辛くないが、香りはとても似てる。

サツマイモとカボチャと茄子と二種類のマッシュルームを天ぷらにして、お料理のスターターとして振る舞ったところ

    大成功

みんな

おいしい。おいしい。

って言ってバクバク食べてくれた。

どうやって衣を作るのか?

とか聞いてきた人が何人かいたので、たぶんお世辞ではなかったと思う。

衣をサクッと仕上げられなかったので、私的には不満は残るが好評だったのでまぁいいや。

みんなが集まった後は義母がつくったラザニア、パスタパイ、ライスサラダ、ベイクドポテト、ガーリックブレッドをいただいて、お料理の後にはスゥイーツもでてきた。
メレンゲの間に何かクリーミーな物をはさんで焼いたものに、ラズベリーとキウイとクリームをのせたもの。
お料理もデザートも美味いぃ。。。

楽しく過ごせたパーティの日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から21日〜スーパーでお買い物

本日のお天気:晴れたりくもったり

今年になって初めてのジョギングを軽めにしてから、ランチに義母が作ってくれた美味いパンとチーズとブランストンピクルスのサンドイッチをいただく。
今日はセロリとトマトがつけあわせされていたので、野菜をもりもりいただいた。

午後みんなでBooths(スーパー)に買い物に行く。
明日私たちの結婚式にきてくれた人たちをお家に招待してパーティを開く予定なので、その買い出しをする。

旦那と私はみなさんに“天ぷら”をふるまうことになっている。
実は日本で作ったときには、衣をいつも適当に作ってたので成功したことが無い。。。

今回は失敗したくないのでWEBでレシピを調べておいた。

基本的にシーフードはものすごく高いのがわかっているので野菜天しか作らない予定。
なす(巨大)、カボチャ(うーん、日本のとちょっと見た目が違う)、しいたけ(とはラベルにかいてあるけど。。。)、サツマイモ(色が薄くてこぶり)、ピーマン(こちらも巨大)などなどを購入。
大根は見つからないので代わりにターニップという丸い大根みたいな野菜も購入。

天つゆをつくろうと思っていたのでしょうゆ、みりん、だしの素になるものをさがすが、これがしょうゆしか見つからない。(輸入食品のスーパーにいけば、みりんやだしの素になるものも買えるらしい。)
あきらめてしょうゆだけ購入。
カレー粉と塩などを混ぜて“カレー塩”も作る予定なので、天つゆがなくても何とかなるだろう。

家にもどりしばらくしてからディナー。
本日はハギスとマッシュポテトとスウィード。

ハギスとは:羊の胃袋に内臓と肉とその他ハーブを詰めて調理したものらしい。

いまだにその正体が私には掴めていないので食べる前は不安だった。
が、
おいしいじゃん。

ただ、当たり外れも多いらしい。

ディナーの後は義母の作ったブラウニー!
前に何度か旦那に送ってくれていたのを日本で食べたことがあったので、どんなにおいしいかわかっていたけど本当にうまい!!!

食べてばっかりで体重が心配だったが、今のところ大きな変化はなさそうだ。

こっちにきてからもう三週間たつのに何も決まって無い。
でもこっちで暮らすんだと思えば、まだたったの三週間。

焦らずいこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から20日〜Yorkへ日帰り観光

本日のお天気:晴れたりくもったり

今日は少し早起きして家族みんなでYorkという町へ行く。
旦那の実家からは車で約2時間。

行く道のりでBoltonの練習グラウンドとスタジアムを見かけた。

Yorkは日本のガイドブックにも載っている町なので解説じみたことは書かないことにする。

ミクルゲートバーをくぐってウーズブリッジを渡り、小物のお店とカフェが一緒になったところで軽くランチをいただく。

Cornish Pasty(コーニッシュ パスティ)というものを食べた。
ポテトコロッケの具をパイ生地で包んで焼いた感じ。
すごくおいしかった。
イギリスに来てからの外食で一番美味かったかもしれない。
もともとはイングランド南東部のCornwall(コーンウォール)という町の鉱業者が食べていたものとかなんとか教えてもらったと思う。

ランチの後ぶらぶら歩きながら細い路地を抜けると、そこには、、、

とてつもなくデカいYork Minster(ヨーク大聖堂)が現れた。

ガイドブックで何となく知っていたけどこれほどまでに大きい建物とは思わなかった。
私の拙い表現力では書き表すことができないけど、とてもとても壮大で荘厳な建物。
観覧料は大人一人£5(約1000円)。
建物の中も広く、静かで、そして旧くて落ち着いたときを過ごした。
義母にYork Minsterが火事にあったときの話を聞いていたとき、見知らぬ女性が詳しい話を教えてくれた。(義母に向かって話してたけど。)

York Minsterを後にしてからクリフォーズタワーへ向かい、その後はどこのお店もセールをやっているのでいろいろ立ち寄りながら車へ戻る。

Tea(Dinner)はこっちにきてから3度目のカレーのTake Awayをオーダー。
今回はラムドピアーザを頼んだ。
ラムが柔らかくて美味い。

ここ最近動かずに食べてばっかりなので体重が心配な今日この頃。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から19日〜バイバイ、クリスマスツリー

本日のお天気:晴れたりくもったり

のんびり起きてから

年が明けてから母さんに電話してないなぁ

と思い母に電話をかけるが留守電。
メッセージだけ残しておいたら、数時間後に携帯が鳴ったのですこしお話。
私がクリスマス前に送ったカードがやっと昨日くらいに届いたらしい。

少ししてからランチをいただく。
今日はひまわりかなにかの種が入ったパンと、バジルが入ったパンと、クランベリーチーズと、3種類のハム。

うーん、またしても野菜が無いぞ。
でもひまわりかなにかの種が入ったパンがしっとしりしてて非常にうまい。

午後にはクリスマスツリーの飾り付けをはずした。

旦那の家族に聞いた話によると、クリスマスは12月25日から12日間をさしていて、12日目の1月5日までにクリスマスの飾り付けを外さないとその年のその家の運勢がよくなくなってしまうということらしい。

知らなかった。

クリスマスの片付けをしただけで他には特に何もすることなくTea(Dinner)の時間になった。

今日は義母がつくったポークシチューとライスとサラダ。
普通においしい。

その夜はテレビで17世紀頃の殺人鬼『なんとか Tod』という人のドラマをやるということでみんなで鑑賞。

なんとか Todさんは床屋さんで客で来た人たちののどをカミソリで切り裂いて殺して、
体を解体した後の肉を“豚肉”だと偽って知り合いのパイ屋に差し入れていたという話。
なかなかグロい。

寝る前に久しぶりにメールチェックしたりした。
今使える環境はダイヤルアップなので、webメールの環境を開くだけでも時間がかかるのが難点。

でも居候だから何も文句は言えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着から18日〜旦那の実家へ戻る

本日のお天気:くもり

昼12時頃にお泊まりさせてもらっていた友達の家をでて、旦那の実家まで列車の旅。
出かける前に家のオーナーカップルの彼の方がベーコンチーズサンドイッチを作ってくれた。

LeicesterからWiganまでの間(途中の駅名を忘れた)2回乗り換えして、午後4:30頃到着。

途中、あまり混んでいない列車に1時間くらい乗っていたとき、突然旦那の頭上から何かが落ちてきた。
私はそのとき携帯でゲームをしていたので網棚から何か落ちたのかと思ったら、旦那が落ちてきた物をすかさずとって後ろを振り返り

お前らなんか文句でもあるのか?
(英語ではもっと違うフレーズだったけど、日本語で言ったらこんな感じ。)

と言って落ちてきた物を投げ返したのでびっくりした。
どうやら私たちの後方に少年が座っていて、その子達がふざけてゴミを投げつけてきたらしい。旦那の言葉に対しては少年達は

べつに〜

くらいの反応しかしていなかったが、彼らが列車を降りるときにまたそのゴミを私たちの方に投げつけてから去っていった。

信じられん。

ひとまず、Wigan駅には予定通り到着。
義父が迎えにきてくれていた。

義父の顔を見たら

ただいま〜

という気持ちになった。

実家についたら義母がまっていた。
とても温かい私の二つ目の実家。

その日のTea(Dinner)はイギリスの家庭料理(なのかな)シェパーズパイ。
私も何度か日本で作ったことがあるので難しくはないが、本国で食べるのは初めてだったし、義母の料理は常においしいので今回も例にもれず美味い。

久々にバスタブにお湯をはってゆっくりお風呂に入らせてもらった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

到着から17日〜イギリスで最初の元日

本日のお天気:くもりときどき晴れてたかな

Happy New Year!!!

イギリスで最初の元日は、昨日気をつけて飲んでたので二日酔いにならずにすんだ。

昼過ぎぐらいから夜9時頃まで映画鑑賞会。

1本目:Weird Scienceとかいう80's の映画
2本目:インディージョーンズの2作目
3本目:インディージョーンズの3作目
4本目:(なんとか)ギルモア

この日一歩も外へ出ず、食事はデリバリーのピザとお家に残っているもので済ましたりした。

いい加減腰も痛いし本当はちょこっとでも歩き回りたかったんだけど、外は寒いしめんどくささに負ける。

文字通り
飲んで食ってゴロゴロしてただけの正月。

かなり苦痛な元日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »