« 到着から44日〜「このユルさがいいんじゃない」の巻 | トップページ | 到着から46日〜「居候生活もうすぐ終焉か、、、?」の巻 »

到着から45日〜「資格とか学歴とか経験のこと」の巻

本日のお天気:晴れ

インターネットを使ったり派遣会社まわりをしながら、仕事を探したり、自分がこれから(仕事として)やりたいことを考えていて、かならず一度は考えさせられるのが学歴・資格の事。

私は高卒。

進路を決めるときに私は

どこかの会社に入って仕事をして給料をもらいたい。自分で稼ぎを得てそれで生活したい。

と思ったし、その道を選んだ。

(高校生のときは)勉強すれば、テストでいい点をとる事はできたし、先生の前でもいつも猫をかぶっていたから内申点も良かったらしい。

ただ、私は高校卒業してからも学校で勉強することにうんざりしていた。
特に、専門に勉強したい事も無かった。

だから、就職した。

専門の学校に入らないと勉強できないことをやりたくなったら、そのときに学校に行けばいいと思っていた。

ただ、やりたいこととか勉強してみたいと思う事があっても、生活費以外に学費を稼いでさらに学校に通うだけの熱意はもてず、独学でやってみたりしたけど、今現在身に付いたのは日常英会話くらいだろうと思う。
もちろん、それはいい事の一つ。

話がそれたが、今イギリスで就職活動をしていて、応募資格の欄でやはりここでも目につくのは「大卒以上」「経験者」「有資格者」という言葉。

もちろん、大学なり専門の学校でその分野の専門の事を知っていたり、有資格でないとその仕事に就けない職種があるのは理解できる。

どんなに資格をたくさん持っていたところで、その人がいい仕事をするかどうかなんてわからない。資格試験にしても、受験資格が誰でも受験できるようなタイプのものだったら、試験勉強さえすれば、例えば銀行員がインテリアコーディネーターの有資格者になれる。資格があるからといって実際にその仕事に向いてるかどうかだってわからない。

実績があればわかるかもしれない。

ちなみに、私は簿記三級を持ってるけど、試験を受けると決めて勉強し始めて

絶対にこれは私向きじゃない

と思ったから、履歴書にも書きたくないし、勉強した内容も忘れた。

私がここ(England)で職探しをしているのは主に派遣会社を通しているので、その派遣会社のクライアントが「大卒以上」「経験者」「有資格者」を希望しているといえば派遣会社はそれに適した登録者を探すのが仕事だから、それに対してなんだかんだ言うつもりは無い。

でも、自分がかつて人事採用の現場にいたこともあるし、全く未経験の職種で採用された経験もある(これについては、前の会社で私を採用してくださった皆様に本当に感謝している)ので、

採用を担当する人は、募集している職種に向いている人材かどうかを見極める目を持っていることが必須

だと言える。
これを資格と学歴で証明することができるのかなぁ。。。
ちなみに、私は人事採用担当向きではない事を知ってる。

ま、これを読んだ人に“無学歴、高卒者のたわごと”と思われてもしょうがない。
本当の事かもしれないしね。

---

ところで、今日はゴルフのうちっぱなしに行った。

初ゴルフ。

とにかく寒いし、初体験なのでボコボコ地面を叩いてたけど楽しいかも。

収入を得る事ができるようになったら、続けるかどうか考えよう。

今日のお食事:
ランチ:バンズに焼いたイングリッシュベーコンをはさんだ(だけの)サンドイッチ。
ディナー:ピザハットのピザ二種類

|

« 到着から44日〜「このユルさがいいんじゃない」の巻 | トップページ | 到着から46日〜「居候生活もうすぐ終焉か、、、?」の巻 »

UK life」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97978/1791010

この記事へのトラックバック一覧です: 到着から45日〜「資格とか学歴とか経験のこと」の巻:

« 到着から44日〜「このユルさがいいんじゃない」の巻 | トップページ | 到着から46日〜「居候生活もうすぐ終焉か、、、?」の巻 »