トップページ | 2005年12月 »

出発まであと16日〜イライラがつのる日々

うちの旦那は驚異的に忘れっぽい。
たぶん、自分の興味の無いことについて記憶する力が圧倒的に少ないんだと思う。

案の定、前日にお願いしていたことを忘れて仕事に行きやがった。

腹が立つ

気を取り直して歯医者へ検診に行った。
イギリスでも健康保険のようなものにははいれるらしいが、歯医者は対象にならないらしい。

特に問題なしで、歯石をとって磨いてもらった。
それだけしかやってないのに、2000円以上も取られた。
久しぶりだったから初診料でも取られたんだろうか。

いい医者だけど、腑に落ちない。

その後職場のボスと同僚と一緒に六本木でごはんを食べた。
日本料理屋で、生の白子、ウニがのったごま豆腐、ズワイガニの足が乗ったふろふき大根、鮭の照焼きなどなどと、おいしいお酒をいただいた。

とても幸せな気分で家に帰ったのに旦那とけんかする。
事の発端は、私が旦那に頼んだ事を忘れた事なのに逆ギレされた。

  ごめん

っていつもすぐに言うけど、ごめんって言った後でも私が許してないっていう態度をとると

  謝ったのに

って怒る。

たいした問題では無いから、こうして書いてると

 私ってちっちゃいなぁ〜

と思う。 でも、腹が立つ。

今日は国際免許証を取りに行った。
15分くらいで発行されて、その早さにびっくり。

その帰り、片付けして出てきた銀行の繰り越し済みの古い通帳をその銀行に持っていけば処分してくれるかしら?と思い、某銀行へ持参。
しかし窓口の人

「お客様の大切な明細が書かれているので、私共では処分できません」

ときた。

「本人が依頼してるのに?」

と聞いてもだめ。
もーイライラしてその場を去る。が

ATMの明細用くず入れに入れてやろうか

とか考えながら、その銀行の周りをウロウロしてしまい、ただの挙動不審な人になってしまった。

でも、帰り道にある他の支店に行ってお願いしたら

「すぐにシュレッダーかけますから」

って引き受けてくれた。

別の銀行には『お客様用シュレッダー』が用意してあった。
とても助かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出発まであと18日〜クリスマスショッピングをした

昨日は旦那がやっているバンドでの最後のライブというか、フェアウェルパーティみたいなことをバンドメンバーとお友達のバンドの人たちが企画してくれていたので、それを見に行った。

ライブの前は、イギリスに行ってからすぐにやってくるクリスマスのために、旦那の家族にプレゼントを買った。

クリスマスもそうだけど、ほとんどのプレゼントは池袋の『全国伝統的工芸品センター』で購入。きちんとした工芸品だから多少いい値段のモノも多いけど、身内へのプレゼントにちょうどいいモノも品揃えが豊富。それに、日本人とは違う発想で使ってくれるので、これまたおもしろい。

ちなみに、旦那の父へは重箱を買った。
重箱がどういうモノかは説明したが、

ワークデスクまわりの小物入れに使える

と言っていた。

最近、旦那にいとこができたので、そのベイビーとお兄ちゃんにおそろいで片方の袖に鯉と何かのお花がプリントされたTシャツを買った。

鼻息が荒くなるほどにカワイイ。

池袋パルコの5Fにある『Natural BOO』という子供服屋さんには、和柄のベビー服を扱っている時があるので、何かプレゼントを選ぶ時にはいつも必ず見に行く。
昨日のプレゼントもこちらの店でご購入。

旦那の弟の彼女には、着物地を貼ったバッグを買った。
自分でもかなり欲しくなった。

っていうか、すごく欲しい。

イギリスじゃ買えない

って、自分に言い訳して買いにいくかもしれない。

明日は歯医者で検診だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出発まであと19日〜もつ鍋を食べた

なんだかいらないものを捨ててしまったら、作業がちょっと落ち着いてしまった。
もちろん、まだまだ梱包が必要な物はたくさんあるんだけど、まだ引越日まで時間があるので、今梱包してしまうと生活できなくなってしまう。

おとといから見えなくなったお守りはまだ出てこない。

まだまだショック。

おととい、最後に一緒に仕事をした人の自宅にみんなで集まって、恵比寿にある『蟻月』というもつ鍋屋さんから“もつ鍋セット”を通販で買って、そのもつ鍋を食べた。
もつの脂がプリップリでおいしかった。

あ〜もつ鍋も向こうでは食えないなぁ

と思いながら味わった。

昨日は私の人生で

  記念日

と呼べる日になった。でも何が合ったのかはここには書かない。
こんな表現しかみつからないけど、これから始まる新しい生活に向けて“気合いを入れた”という感じだろうか。

夜は旦那とピザハットのピザを食べた。
旦那はそこの 韓国風プルコギ が大好きで、最近ではメニューを見ずに決める。
もちろんイギリスにもピザ屋さんはあるけど、和風とか韓国風っていうのはやっぱり無いらしい。

オークションに出していた、収納棚などが続々と落札された。

とても助かる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出発まであと21日〜引越作業は小休止

昨日は久しぶりに出かける予定がなかったので、大好きなジョギングをしたり、長風呂したりした。

なんだか休みに入ったのに気持ちばっかりせかせかしている。

持って行く本やVIDEOテープを箱詰めしていて、大事なお守りが見えなくなっていることに気づいた。

大ショック

捨ててはいないはず。
と祈るような気持ちで、探すけど見つからない。

本は、大好きな村上龍のものを持っていくことにした。
旦那曰く

本が好きなら、絶対にもっていったほうがいい。
向こうでは買えないし、自分にとって読書が大切なことだって気づくよ。

とのこと。

ビデオはどうしても手放せないものがたくさんあって、イギリスとは映像方式(っていうのか)がちがうのがわかっているので、ビデオデッキとパソコンで画像を取り込むためのビデオキャプチャをそろえた。
イギリスに行って時間に余裕ができたらちょびちょびデジタル変換しようかと思っている。
(実際に作業するのは相当後だろう。)

片付けしていてでてきたものと使っていた棚をオークションに出してみた。

落札されたら助かる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出発まであと22日〜有楽町ガード下で飲んだくれる

私が有休に入ってから、旦那は毎日のように私のことを

Mrs. no job

と呼ぶようになった。

最初のうちはおもしろがってたけど、毎日続くと飽きるし、多少腹立たしいので、

「もう面白くないよ」

と言っておいた。

同じようなことは結構今までにもあった。
一度旦那がジョークで言ったことに私がうけるとしつこく何度も言い続ける傾向がある。
同じジョークが何度も続くと面白みが薄れるという笑いの基本がわかってないんだな。奴は。

昨日は2年前くらいに日本語教師になるために勉強していた時に学校で知り合った友達に会った。

誰も日本語教師にはなっていない。

有楽町のガード下にある飲み屋で
あん肝の酢の物とか
シマアジの刺身とか
穴子の天ぷら等を食らった。

「むこうではこういうの食べられないよ」

というのが口癖かと思うほど、繰り返し言われた。

会った友達のうちの一人が、私たちが持っているDVDプレーヤーとアイロン台を買ってくれた。電気製品は電圧が違うのでほどんど持って行かない。しかもDVDプレーヤーは映像方式(っていうのか?)がイギリスと日本では違うので、持っていったとしても向こうのDVDをみることができない。

なんにしても、捨てずに済むことが嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出発まであと23日〜ディズニーシーへ行く

昨日は20年近い付合いの友人とディズニーシーに行った。
もちろんイギリスではディズニーのテーマパークはないし、“シー”は日本にしかないから。

旦那は遊園地は好きなくせに、ディズニーランドにだけは行きたがらない。

「子供ができても、ディズニーグッズは買わないし、ディズニーランドにだって連れて行かないぞ」

と言っている。

勝手にしろ

と思う私。

週に一度の不燃物の収集日がやってきたので、好きで買っていたアジアン雑貨や、100円ショップ等でまにあわせで買った収納ケースみたいなものとか、お菓子の缶などを捨てた。

捨てていいモノと
捨てたくないモノの
基準が日によって曖昧になる

片付けをしていたら写真のネガがごっそりでてきた。

これは
可燃ゴミなんだろうか?
不燃ゴミなんだろうか?

わからん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出発まであと24日〜土鍋をもらった!

仕事は有休に入りあとは今の家をでるまで荷物の片付けと友達とお別れの飲み会が続く毎日。

今日友達から『土鍋』と『小鉢』のセットが届いた。
20051122donabe
とてもありがたい。

これでイギリスでも鍋パーティができる。
旦那は日本で豆乳鍋の味を覚え、今では大ファン。

ひとまず、今日はまだこまごました物の分別をつづける予定。

この土日で思い切って書類関係の整理をしたら、45リットルのゴミ袋ぴったり1個分にもなった。
いちいち細かく切り刻んだので、紙を捨てるだけなのに恐ろしく時間がかかった。

引越の日に、バンを持っている友達が私たちがいらない物をひきとって、どこか(忘れた)に寄付してくれると言ってくれた。

これもとてもありがたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年12月 »