マンチェスター・マラソン 2018 覚書

今更だけど、4月のマンチェスター・マラソンの記録。




<トレーニング>



去年の10月に出る予定だったレスターマラソンは、左股関節痛のため断念。11月に入ってからやっと痛みが取れて走れるようになった。

いつも使っている『Asics Target26.2』という企画のサイトで公開されていたサブ3.5用のトレーニングメニューとサブ3用のメニューを使用。16週間のメニューだけど、途中で冬休みが入るので、12月上旬からトレーニングを開始。

ところが、トレーニングを始めてからすぐに風邪を引いてしまい、胸がゼーゼーするようになったので、数日お休み。風邪が治ったと思って走り出したら、今度は右股関節が痛くなり出した。。。

そして年が明けて2月の中頃までトレーニングができなかった。。。。。

メインで使った靴は去年里帰りした時に買ったSaucony Kinvara8。もう一足ターサーがあったけど、この靴で長距離を走ると左足の中指に痛みが出るのがわかったので、これではレースに出ないことにした。

12月の走行距離 25km (!) トレーニングで走ったのは2回だけ

1月の走行距離 35km (!!) 1月22日から少しずつウォーク/ジョグを開始

2月の走行距離 180km トレーニングのメニューに沿って走り出したのは2/19〜

3月の走行距離 221km




<レース1週間前>



禁酒

カフェインは少なめにしただけ




<レース3日前>



木曜からカーボ・ローディングとウォーター・ローディング。




<レース前々日>



金曜の夜から夫の実家に行く。炊飯器とタイのもち米を持参した。




<レース前日>



夫の実家周辺で3キロジョグ。

夕食前に荷物の準備(レースナンバーを付ける等)を済まる。そしてそれ以降はレースの事をあまり考えないようにする。

前日の夕食は義理母に食事の気を使わせないためと、私が食べたいものを食べたかったので、手巻き寿司を作って義理家族に振る舞った。好評だった。

10時頃に寝室に行く。




<レース当日>



朝食はもち米のおにぎり。

熱めのシャワーに入って体を温める。

出発前に子供達にいつものように腕にメッセージを書いてもらう。

確か6時半頃に車で出発。スタート地点に近いオフィシャル駐車場を予約していたので、ドキドキしながら運転し、無事に7時半頃到着。

ランナーズ・ヴィレッジで持参していたリュックサックを預けたりストレッチとか荷物の準備とかをしたりトイレに行きながら時間を潰す。ロンドンマラソンの時みたいにトイレで1時間も並ぶことがなかったけど、そのせいかスタートまでの間に4回ぐらいもトイレに行った!

スタート地点まで少し距離があり、自分のスタートエリアについたのはスタート直前で焦ってしまった。

古くてボロボロになりかけていたパーカーを着て冷えないようにした。スタート前にパーカーは捨てる。

9時 スタート

3時間22分44秒でゴール




<レースの振り返り>



今回はとにかく完走することが目標だったのに、走り始めたら調子が良くて、その気分に任せて走った。

夫と子供達と義理両親が応援に来ると言っていたけど、ロンドンマラソンの時は見つけられなくて、がっかりした思い出があるので、ちゃんと見つけられるか不安だった。大体この辺にいると思うと夫が事前に教えてくれていたところあたりをすぎたら、アニーとミーの姿を少し先に発見!!!ハイファイブをして走り続けた。嬉しかった〜!!!

そしてその先数キロのところで私の名前を呼ぶ声がしたかと思ったら、場所を移動してまた応援してくれていた。夫が道路の反対側から応援してくれていた。嬉しかった。

ロンドンの時は水を貰っては全部飲まずにポイポイボトルを捨ててしまって、罪悪感があったので、今回は飲み終わるまで手に持って走った。どっちがいいのやらわからないけど。

残りの5マイルくらい(8km)だったかで、私より年上そうな女性が私を抜いて行った。すごいな〜、速いな〜と思っていたら、給水所などで立ち止まり、今度は私が抜かす。しばらくしてまた追い抜かれて、また彼女が歩いたり止まったりしたのでまた抜かすのを繰り返す。そして最後の給水所で彼女が止まった後、なんとか抜かれずにゴール。彼女は私のすぐ後ろまで迫っていた。。。

そしてなんと彼女は60代女性参加者の1位だったらしい。60代で3時間半切りとはすごい!!!

5キロごとのタイム

  〜 5km 23:35

5〜10km 23:30

10〜15km 23:28

15〜20km 23:31

20〜25km 23:40

25〜30km 23:38

30〜35km 24:24

35〜40km 25:08

40〜42km 9:27




<反省点>



トレーニングがちゃんとできなかったことを考えると、予想以上にいい結果だった。

それと体重管理がうまくいった。

どうしても”42kmも走るんだから最後は疲れるに決まってるから、ネガティヴスプリット(後半にペースを上げる)なんてことは考えず、その時の気分で走ろう”と考えてしまっていたけど、私には42kmを走りきれる力があるから、ちゃんと始めからペース配分をしようと考えを改めた方がいいなとやっと思えるようになった。

ロンドンマラソンの時、走っている間に左腕が下がり気味だったので、今回は気をつけていたつもりが、どうやら今度は右腕が下がり気味だったような気がする。

来年もまた挑戦したいと思うレースだった。

| | コメント (0)

ASICS Tartherzeal TS4

ASICS Tartherzeal TS4

Img_20180316_164815892

マラソンの覚書を書いておきたいんだけど、時間がかかりそうなので、ひとまず靴のことを。。。



去年の夏に里帰りした時に買った。



これ、ずっと憧れだった靴で、今回とうとう手に入れて、軽くて、色もすごく気に入ってて、走った感じもとてもよかったんだけど、、、




ライトレーサーと全く同じく、15kmを超えるくらいの距離を走ると左足の中指が痛くなる。。。(;д;)




これでマンチェスターを走ろうと思っていたのに、結構ショックだった。



アシックスのシューズは好きだけど、私の足には長距離を走るのに合わないという結論を出した方がいいのかもしれない。



私はここ数年マラソンのレースにしか出ていないので、これは短めの距離で特にスピードアップを目指すトレーニング用に履くことにしている。




ターサーが練習用だなんて、、、悲しい。。。

| | コメント (0)

マンチェスター・マラソン 2018

もう3週間も過ぎてしまいましたが、4月8日の日曜日、マンチェスター・マラソンを無事完走してきました。


Img_20180408_080943800

Img_20180408_081146305_hdr


当日は朝から曇りで、でも寒過ぎず、暑過ぎずとマラソンにはとてもいいお天気。



去年から今年の初めにかけて脚の付け根の痛みのために走れず、このマラソンが走れるかどうかさえも分からないと思っていたので、完走できたことだけでもすごく嬉しかったのが、なななんと、自己ベストより1分15秒ぐらい遅いタイム(3時間22分44秒)と言う信じられない結果が出ました。



家族が沿道で2度も応援してくれて、今回はちゃんとそれに気付けて(去年のロンドンの時は気付かなかった)、ものすごく励みになりました。



すごく疲れたけど、楽しかったし、見にきてくれた家族の負担も去年のロンドンほど大きくなかったようなので、また来年も出ようかな、、、と既に考え始めてます。

| | コメント (0)

カーボ・ローディング開始

マンチェスター・マラソンを日曜に控えて、本日木曜より私の大好きな『カーボ・ローディング』を開始しました。

私の体には、1日400gぐらいの炭水化物を摂取した方がいいらしいというのと、160gのご飯には60gの炭水化物が含まれている(っていうの?)ということぐらいのことしか理解していない私なので、わかったような言葉だけは使いますが、よくわかっていません。

『ご飯とかお餅とか芋とかパスタとか、たくさん食べられる数日間!』

と理解しています。

今日は朝からおにぎり2個(ご飯半合ぐらい)バナナ1本、お昼におにぎり2個(ご飯半合ぐらい)、コロッケ1個、冷凍庫に残っていたビーフシチューとご飯、バナナ1本、夕食にご飯(お茶碗一杯)と唐揚げと味噌汁という、私にしてはたいそうな食べっぷり。

幸せな一日でした。

| | コメント (0)

ASICS LYTERACER RS4

ASICS LYTERACER RS4

Img_20180316_164832732_2

2015年の夏に日本で買ったランニング・シューズ

軽くて、速く走れる感じがするんだけど、長く走ると(15km超えるぐらい)左足の中指の付け根がすごく痛くなってしまう。。。

それでも確かこの靴で走ったフルマラソンで私の自己最高記録が出せたはず。

怪我の痛みとは違って、走り終わってストレッチをしたりすれば痛みは残らないんだけど、一体何が原因なのかがわからない。

私の左足の幅がこの靴には少し広すぎるのか。。。

気に入っている靴だっただけにとても悲しかった。

短めの距離を走る時にしか履かなくなったので、2年以上経った今でも他の靴よりかかとが減っていない。だから今でもまだつい履いちゃう。クッション性とかもうかなり減っているはずなので、足に良くないんだろうけど。。。

好きなのに、私の足との相性が悪かった靴の一つです。。。がっかり。

| | コメント (0)

マンチェスター・マラソン走ります!

相変わらずの不定期更新です。

(今年はもうちょっと頻繁に更新しようと思っていたんだけどな。。。)




タイトルの通り、マンチェスター・マラソンを走ります。

日にちは4月8日。今週の日曜です。



12月上旬から早めにトレーニングを開始したものの、2週目くらいで風邪を引いて、さらに新たな股関節痛が出て1月末ぐらいまでちゃんと走れず、トレーニングを再開したのはレース前9週目ぐらい。本来16週のトレーニングメニューなので、タイムは諦めてまずは完走することを一番の目標にしました。


でも自分の予想以上に仕上がりが良くて、ちょっと野望とも思える期待をほんの少し持っています。



それでも一番の目標は最初と変わらず楽しく完走すること。



マンチェスター・マラソンは、高低差が少ない平坦なコースとして有名なので、自己記録更新を目指す人にはとてもいいレースだと言うのが売りになっているみたい。



私は初参加なので、去年のロンドンに続き、周りの雰囲気を楽しんで(雰囲気に飲まれないように)走ってきます。


楽しみ!



ACICS Greater Manthester Marathon

| | コメント (0)

股関節痛(2)

股関節と一言で言っても、腰辺りは素人の私には複雑すぎる構造になっていて、痛いところと解剖図を一致させることがなかなかできなかった。




<原因>

前回の股関節痛(右)が治って、走れるようになったことがわかった数日後、前回のが坂を登ると痛くなったので、もう大丈夫かどうか調べるために、近所にある急坂を登った。

登り切ったとき、前回の痛みは戻ってこなくて「やった!」と思ったものの、反対側(左)の腰骨のあたりに新たな違和感が発生。。。アホか私は。。。

前回のケガでちゃんとお休みを取るようにしていたし、ヨガやストレッチもマッサージもしていたので「いつか治るだろう」と軽く考えていたけど、痛みは徐々に増してきて、12月6日ごろからお休み。




<症状>

腰を横に突き出すような格好をすると腰骨のすぐ下あたりがすごく痛い。歩いただけでも足を着くときに痛い。重いものを持つと痛みが増す。痛いところをギューっと押すと、その後で少し痛みを感じなくなる。

前回と場所は似ているけど、 違う筋なので前回と同じストレッチなどをしても一向に治る気配がない。すごく痛くはないけど、痛みが和らぐこともないので走れない日々が続く。




<治療>

クリスマス前、全く改善が見られない状況でとても沈んだ気分になったので、こんな状態で誕生日とクリスマスを迎えたくないと思い、いつもお世話になっているスポーツ専門治療院に行く。でもいつも私が診てもらっていた理学療法士がいる日に行けなかったので、スポーツマッサージを30分してもらった。足は軽くなったけど、痛いところの状況は全く変わらなかった。

ものすごく暗い気持ちで新年を迎え、また治療院に戻り理学療法士に診てもらう。『転子滑液包炎(Trochanteric Bursitis)』の可能性が考えられる。この場合は治るのに時間がかかるけど、NHSの理学療法ならMRIを取ってくれたり、注射をしてくれるかもしれないので、まずはかかりつけのGPに診てもらうといいと言われた。

帰宅後すぐに予約をしたけど、その時から2週間後にしか予約が取れなかった。

医者に診てもらう前に、自分で色々調べて、色々なストレッチなどを試した結果、痛い箇所は『大腿筋膜張筋(Tensor Fascia Latae)』なのではないか判断。そして、エクササイズをしたりマッサージをしていたら少しずつ改善しているのが感じられた。

あとは、背筋をピンと伸ばしていると痛みが和らぐような気もする。姿勢が悪いのも痛みに影響していたのかもしれない。

違和感はまだ残っていたけど、ウォーキングとジョギングを繰り返しながら様子を見る。

診療所の予約の前に少しずつでも走れるぐらいに回復してきたので、予約はキャンセルした。

ひとまず、今の時点で10kmぐらいまで走れるようになった。

この痛みが戻ってこないように、そして別な痛みが出ないように、走る前後のストレッチはちゃんとやるようになった。

| | コメント (0)

股関節痛(1)

2017年の子供達の夏休み明け、10月中旬に走る予定のフルマラソンのレースに向けてのトレーニングを開始した。


今までと同じようにとにかくたくさん走ろうと思い、トレーニングメニューに合わせつつ、休みの日もジョグで8kmぐらいは走っていたら、確か10日目ぐらいの走り始めに左足の付け根の外側がだるくて疲れているのが感じられた。


そういう時でも「まぁ大丈夫だろう」と思って走ってしまう私。そして今までは大丈夫だったけど、この時は大丈夫じゃなかった。


確か10マイル(16km)走る予定で、最後の2kmのところで走り続けられないくらい痛くなって歩いた。




<症状>

走ると左の股関節外側が痛くなる。特に上り坂を走ると痛みが増すことがわかった。




<原因>

走りすぎ。若い時はなんとかなっても、40代半ばの体にはお休みと走る前後のストレッチ等が必要だということを思い知った。




<治療>

数日休んで走って見ても1km走らないうちに痛みが出るので、休む日数を増やしても途中で痛みが出てしまう。

3週目ぐらいで足底筋膜炎の時に行った治療院の理学療法士に診てもらう。股関節のストレッチをいくつか教えてもらい、家でやり始め、自分が「これは効いてる気がする」と思う動きやマッサージを足してやり続ける。

教えてもらったのは『Gluteal stretch』と『reverse lunge』。もう一つあったけど、それをすると痛かったので、痛気持ちいいのではなくて痛いストレッチはしない方がいいと言われたので、それはすぐにやめた。

あと、太ももの裏側の筋に引っ張られるような痛い感じがずっとあったので、座った時に痛いところに当たるようにゴルフボールを置いて、ゴリゴリとマッサージもした。

レースの3週間前ぐらいに、フルマラソンはもう無理だと判断して、ハーフマラソンに変更。数日前まで様子を見たけどハーフも走れるような状態ではなかったので、今回は断念した。

レースが開催された1週間後、5分歩いて2分走というのを2回ぐらい繰り返して様子を見る。そうして痛みが出なくなっていたので、少しずつ距離と走る時間を伸ばしていった。

11月には19マイル(30km強)を走れるまでに回復した。

| | コメント (0)

足底筋膜炎

ロンドンマラソンの一年前くらい(2016年の2月の終わり)、(右足の)足底筋膜炎で走れなくなりました。




<症状>

足の裏、かかとのあたりがものすごく痛む(特に歩き出した時)。痛いところをマッサージしても改善しない。走るのを休んでも改善しない。

痛いのを我慢して走るとそのうち痛みが和らぐので 大丈夫だろうと思って走り続けてしまった。

結構早いうちからこれは足底筋膜炎だとわかっていたけど、改善のためのストレッチなどをあまりしなかったためか、休んでも休んでも治らなかった。




<原因>

今回のは多分シューズを新しくして、慣れないうちに走行距離をのばしすぎて、さらに走った後のストレッチ(特にふくらはぎ)をしなかったためだと思われる。




<治療>

3ヶ月ぐらい休んでも痛みが消えないので、スポーツによるケガを専門に扱う治療院みたいなところで、理学療法士に診てもらう。

(今回の私の症状は)ふくらはぎが凝り固まっていることが原因なので、ふくらはぎのマッサージ、ストレッチを本気でやることを勧められる。

マッサージはフォームローラーとゴルフボールを使って、マッサージした時に痛いポイント(かかとの痛いところではない)を狙う。

ストレッチはアキレス腱伸ばしのポーズ(ふくらはぎの上の方まで伸びる感じ)で30秒、そのまま膝を曲げて(ふくらはぎの下の方が伸びる感じ)30秒を10回セットでやるように言われた。

ふくらはぎのストレッチだけで10分もかかる!でもこれで治るならちゃんとやるしかないので、時間を見つけたらやるようにした。

そうしたらひと月くらいで痛みがなくなり、治療院に週一で6回通ってその後走れるようになった!

この後、新しいシューズを買った時は時間をかけて慣らすことと、ふくらはぎがパンっと張っているなと感じたらちゃんとストレッチやマッサージをすることを心がけている。

| | コメント (0)

2018

新年が明けて2週間以上経ちますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。


喪中のため、新年のご挨拶は控えさせていただきます。




実は、前回の更新後にまた走れなくなって、私の思考はクリスマスも新年も関係なく真っ暗闇の中です。



で、その暗闇具合を切々とここに書いて更新したら、、、






エラーで全部消えてしまいました。。。。。。。。。。(゚ー゚;






これは、そんな悲観的なブログは公開すべきではないということなんだろうなと思うことにしたので、気持ちを切り替えて違う文章をタイピング中です。




ずっと暗闇の中で何も見えない状態だったけど、今は少しだけ、小さな光が見えて来た気がします。


こんなブログですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

«ミー☆8歳のお誕生日関連の覚書